好きになったヒト
好きになったヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きになったヒト 第6章 恋愛5
タカヤさんと会っているとふと昔のことが懐かしくなる。
まだ数年前のことなのに、凄く前のことのように思える。
一緒にあの事務所で過ごした時間。
少しでもなにか掴もうと、必死になって街を歩き回った。

藤原さん、どうしているんだろう。
今頃は幸せな家庭を築いていることだろう。

藤原さんは自暴自棄になっていた俺を引っ張り上げてくれた。本当だったら、前科持ちになっているところを俺を信じて見逃してくれた、保護観察の代わりにあそこのメンバーになった。
抱きしめて、大丈夫だと言って傍に居てくれた。
藤原さんに他に恋人がいることは早くから知っていた。それでもよかったんだ。そう遠くないうちに終わりがくることもわかっていた。
藤原さんのアパートに行った時、机の上にあった郵便物から本名を知った。本名から探すことだってできたけれど、しなかった。
他の雑誌と重ねてあった女性向けの結婚雑誌。

だから、わかってたんだ。
だから、あの日俺は戻らなかった。

だから?戻れないから?
違う。それでいいと思えたから、俺にとって藤原さんは大事に人だ。ずっと、だから幸せでいてくれるならそれでいい。迷惑はかけたくない。あの人に苦しんでなんてほしくないんだ。離れることは辛かったけれど、それも分かっていたことだ。
自分で思っていた何十倍も堪えたけれど。

でも、ユズルさんは違う。
ユズルさんは離れていい人じゃない。
俺はユズルさんと一緒にあるべきだと思っている。

今こうして離れていても、俺達は繋がってる。
そんな感覚は俺のうぬぼれかもしれないと思っていたけれど、あの日、俺が新曲を発表した日、ユズルさんは現れた。
ユズルさんに向けて書いた曲を、ユズルさんは自ら聴きに来たんだ。

俺の声は届いてる。
ユズルさんが時間がほしいと言うならそうする。
俺はただユズルさんが俺を見失わない様に歌い続ける。
43
最初 前へ 40414243444546 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ