好きなヒト
好きなヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きなヒト 第13章 再生2
「わかった、もういい。好きにしたらいい。」
自分で思ったよりも、キツイ言い方になってしまった。

「ちょっと、待ってください。」
「いいって、俺が口出しすることじゃないんだ。」
自分に言い聞かせるように言い捨ててしまう。

「ユズルさん、どうしたんですか。あの時は会いに行かなくていいのかって言ってたくせに。」
「あの時とは・・・違うだろ。」

あの時とは違うんだ。あの時はまだ。
まだ・・・?

マナトは俺をじっと見て頷く。
「そうですね、あの時とは違う。俺はあの時は会う勇気がなかった。でも今は違います。あの時は一人でそれに耐えきる自信がなかったから、だから恐くて会わなかった。でも、今は違う。今は俺にはユズルさんがいてくれる。あの時、俺を支えてくれたのはユズルさんです。ホントに感謝してます。ユズルさんが何気なく言った冗談だったけど、無二の親友だって言ってくれた。一人孤独に耐えてた俺は、その言葉がすごくうれしかった。」

そんなこと、言ったか?
全然覚えてない。

「甘えてますよね。すみません、でも、だからユズルさんには分かってもらいたいんです。」

わからねえよ。
なんでだよ。

俺はマナトの手をそっと掴む。

「わかんねえよ。俺が居るならいいって言うなら、行くなよ。」

見つめ合う。
俺は、何を・・・言ってる。

「ユズルさん・・・。」
マナトの戸惑った顔。

あ・・・。
俺は掴んだ手を離す。

「えっと、バイトあるから、行くわ。」
部屋を出る。
出たところで、人にぶつかりそうになる。

「おっと・・・あぶねえぞ、ってユズルか。」
「タカヤ・・・。」
ああ、タカヤだ。
「久しぶりだな、元気か?どうした、慌てて。」
変わらない、屈託のない笑顔を俺に向ける。

「ユズルさんっ。」
ドアが開く。

「じゃあ、またっ」
俺は走り出す。
「おい、ユズルっ。」

エレベータは使わずに階段を駆け下りる。

なんなんだ、何が起こった。
俺は・・・。
マナト・・・、タカヤ・・・。
わけがわからない。
なんなんだ。


91
最初 前へ 88899091929394 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ