好きなヒト
好きなヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きなヒト 第13章 再生2
つぎの日もマナトが気になって事務所へ行った。

「マナト。おい、マナト。聞いてるのか。」
「え、ああ。すみません。なんですか。」
「だから、今度の週末の予定空けとけよ。遠出すっから。」
「え・・・遠出?」
「ああ、おまえここにいたら藤原さんのことで頭いっぱいだろ。だから出掛けるぞ。」
「大丈夫ですよ。そんな気つかってもらわなくても。もう終わったことです。」
「おまえのその動揺のしようをみてて大丈夫とはおもわねぇよ。」
「すみません。やっぱ動揺してますよね、俺。」
「無理もないけど、でも今さらどうにかなるもんでもないだろ。」
「・・・藤村さんが、藤原さんが俺の事をすごく心配してたって。ずっと口止めされてたから言わなかったけど、いつ会っても俺のことを心配してるって・・・だから元気な姿を見せてやったらって。」
あの野郎・・・余計なことを・・・。

「・・・会いたいのか。」
「わかりません・・・どうしたらいいのか、わかりません。」
マナトはそう言うけれど、会いたいと顔に書いてある。

俺は自分がすでに藤原さんに会ったことを言うべきか迷った。ここで、俺がおせっかいをしたことをここで謝るべきなのかもしれない。
でも、そしたらマナトはまた藤原さんの存在に縛られてしまう。結婚したことを知ったら、またボロボロになってしまうのではないだろうか。

やっぱり、会わすべきじゃない。
マナトが苦しむ姿はみたくない。
藤原さんがいない分、俺がいてやる。だからごめん、マナト。

「会うべきじゃない。俺はもうあんなマナトは見たくない。会ってもまた傷付くだけだ。」
「ユズルさん・・・。」
それでも、マナトは会わないとは言わない。
藤原さんに言ったように、絶対に会うなと約束させたくなったけれど、出過ぎたまねだ。
「帰るわ。」
「え・・・。」
「おまえがどうしてるか見に来ただけだし、バイトあるから。」

バイトまではまだ時間があった。けれど、マナトを見ていたくなかった。
89
最初 前へ 86878889909192 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ