好きなヒト
好きなヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きなヒト 第13章 再生2
2日後、俺はマナトの様子を見に事務所を訪れた。
今週は当番だと前に会ったときに言っていた。

久々だなと、少し懐かしさを覚えながらドアを開けると、藤村さんがいた。

「あれ、ユズルくん。どうしたんだ?久しぶりじゃないか、元気そうだね。」
藤村さんはいつもの調子だ。

「ああ、ちょっと、マナトに用があって・・・。」
マナトの方を見る。

俺がマナトの名前を出しているのに、マナトは考え込んでいる。

「マナト?」
「ああ、ユズルくんもちょうどよかったよ。藤原さんが戻って来てるんだ。」
しまった。そうだ、ここから知れるっていう可能性を忘れてた。
「あ、はい。そうなんですか。」
「ああ、そうなんだ。みんなのこと心配してたよ。会いたいっていってたんだけど、スケジュールが合わないみたいなんだ。」
「へえ、忙しいんですね。」
俺は適当に返事を返すけれど、マナトは固まってる。
これ以上藤村さんにしゃべらすわけにはいかない。
「あ、そうだ。藤村さん。警察官になるのって難しいんですか?」
「え?どうしたの。急に。」
いきなり話題がかわったので、藤村さんはきょとんとしている。
「友達がちょっと興味あるみたいで。」
「まあ、なりたいならまず試験に受かることと、後は体力かな。」
「そうなんですか。藤村さん体力あるようには見えませんけど。」
「え、そんなことないよ。僕は脱ぐとすごいんだから。」
はははっと楽しそうだ。
「今日はゆとりがあるんですね。」
「え、ああ。いや、もういかないとやばい、やばい。じゃあ、みんながよろしく言ってたって伝えとくよ。」
そう言って出て行った。俺もマナトもよろしくなんて一言も言ってない。

「マナト・・・。」
マナトは黙ったままだ。
「会おうなんて思うなよ。」
「・・・わかってる。」
「なら、いい。今日は早めに閉めて、飯食って遊ぶぞ。」
「・・・はい。」

それからマナトの口数は少なくずっと上の空だった。
88
最初 前へ 85868788899091 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ