好きなヒト
好きなヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きなヒト 第13章 再生2
コーヒーが運ばれてくる。それぞれの前にコーヒーカップが並ぶ。

藤原さんがコーヒーカップを口に運ぶ。
その手の薬指に、指輪が光ってる。
前はしてなかった。一度タカヤと藤原さんが結婚してるかどうかって話になって、指輪を確かめたことがあった。

「まさか、マナトに会う気じゃないですよね。」
「え?」
藤原さんが俺の顔を見る。
「今さら・・・あいつやっと立ち直ったんです。」
「ユズル・・・知って・・・。」
藤原さんは動揺している。
「見掛けたことがあったんです。藤原さんとマナトが居るのを。まさかと思ってたけど、藤原さんが居なくなってからのマナトを見れば一目了然です。」
藤原さんの表情が陰る。
「そんなに・・・。仕方なかったんだ。辞令が出れば、従うしかない。連絡したがあいつがでなかったんだ。」
「そんなの、関係ないだろ。」
つい口調が荒くなる。
「あいつだって連絡してこなかった。」
藤原さんは表情こそ暗いけれど、俺と違って冷静だ。さすがだけど、ムカつく。
「できるわけねえだろ・・・。あいつのことそんだけわかってんだったら、あいつの性格なら連絡できないってわかるだろ。」
「俺にだって事情があっただんだ。それをちゃんと話したかったさ。けれど、そのチャンスさえくれなかったんだ。」
「事情って何ですか。藤原さんが異動になったのって、マナトが踏み込んだ薬の件と関係あるんですか?」
「・・・。」

当たりか。

「で、栄転・・・。」
以前より着てるものがよくなってる。出世したか。
「栄転とも、左遷ともとれる。」
「でも、出世はしたんですよね。」

藤原さんは答えない。

「で、結婚したんですね。」
「・・・ああ。」

「マナトには会わないでください。」

藤原さんが一瞬俺を睨んだような気がした。いや、実際睨んだんだと思う。
86
最初 前へ 83848586878889 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ