好きなヒト
好きなヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きなヒト 第11章 迷う心4
俺はそっと語りかける。
「マナト。じゃあ、おまえはわかっててそれでもよかったんだろ。」
「・・・はい。」
「それくらい、好きだったんだな。」
「はい。」
「じゃあ、藤原さんもお前のこと想ってたよ、絶対。」
「・・・はい。」
マナトの声が震える。

俯いたマナトの頬を大粒の涙がぽろぽろと伝う。

俺は立ちあがってマナトの傍へ行き、座っているマナトを後ろから抱きしめる。

「・・・う、、、ぁ」
マナトは抱きしめた俺の腕にすがるように体を震わせて泣く。
俺は、マナトの頭を抱えてずっと抱きしめていた。

ひとしきり泣いたマナトの目は真っ赤で、顔も赤い。

隣に座るマナトは俺にもたれかかるようにぐったりと体を預けたままだ。
俺もなんとなくそれに寄り添っている。

「俺・・・。」
「うん。」
「やっと泣けました。」

やっと?

「ずっと、泣けなくて。苦しいのに・・・悲しいのに、涙が出なくて。誰にも話せないし。でも、今日ユズルさんが話してくれて、そしたら涙が溢れて来て・・・。」

「うん。すっきりしたろ。」

「はい。すみません、いろいろ。甘えてしまって。」

「いいよ。お互い様だろ。」
俺はマナトの頭を撫でる。

「・・・そうでしたね。」
マナトはふっと笑う。


結局、報告書を作らないまま、マナトと一緒に帰った。

73
最初 前へ 70717273747576 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ