好きなヒト
好きなヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きなヒト 第11章 迷う心4
事務所に戻ると電気が点いている。
誰か来てる。
藤村さんかな。

居たのは、マナトだった。

「マナト。」
「お疲れ様です。」
「ああ。」
「飯ってくっちゃいました?」
「え、まだだけど。」
「よかった。これ買って来たんで一緒に食いませんか。」
テーブルの上のファーストフードの袋を指す。

「ああ、サンキュ。」
やつれたままのマナト、この前よりは声に張りがあるようだが、元のマナトには程遠い。

「調査、どうすか。」
「うん、今日やっと収穫あった。」
「そうですか。ありがとうございます。」
「いいって。」

話しながら食べているけれど、マナトはほとんど食べていない。
食欲ないのか。

「連絡しねえの?」
「え。」
「あのまま会ってないんだろ?」
「禁止されてますから。」
「関係ないよ。そんなの。このままじゃ連絡来るかも、とか思って引きずるんじゃねえの?」
「連絡は来ませんよ、わかってるんです。」
「なんで?」
遊ばれたか?

マナトは答えずに俯く。
何か思うところがあるんだろう。
“わかってた”、この前から何度もマナトの口から聴くフレーズ。

吐き出させてやらないとだめな気がした。
72
最初 前へ 69707172737475 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ