好きなヒト
好きなヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きなヒト 第2章 はじまり2
「お疲れさん」
藤原さんはそう言って、オレを見て目を細める。

ァ…。
オレは片方の手に持っていた煙草を灰皿に押し付ける。

「ダメだっつたろ、二十歳になるまでここではやめとけ、面倒になる。」

藤原さんが少しキツい口調でいう。

「すみません」

素直に謝る。
一応警察の下にいるので、法律違反は厳禁。
いつもは気をつけているのだが、つい。

「マナトはどうした?今日当番だろ」
「いま買い出しに出てます。」
「そうか、おまえらは?」
「おれはたまたまです。」
「オレは報告書書きに。」

「そうか。マナトが来たらこの資料に目通して準備しとけって伝えてくれ、後はメールで送ったからそっちも見とくように」

藤原さんが封筒を机に置く。じゃあ後よろしく、と言って出て行った。

オレは封筒の中をみる。タカヤは自分が使っていないパソコンを開いてメールを確認している。

ちなみに、ここにはパソコンが三台ある。

メール機能が入っているのは一台。
サーバーが一台。
で、タカヤ使ってるデータ管理用が一台。

二人で依頼の内容をチェックしながらマナトを待つ。
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ