好きなヒト
好きなヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きなヒト 第10章 迷う心3
「今日もマリさんとこにチケット置きに行こうと思ってるんです。」
「そうか、この前喜んでたぞ、お前の歌聴けたって。」
「そうですか、よかった。」
「ライブ、いつ?」
「今日ですけど。」
「俺も行こうかな。今日早番だし、久々にお前の声聴きに。」
「え・・・」
アツキさんがにこっと笑う。
「チケットあるか?」
「はいっ。」
うれしい。俺とアツキさんはもともとライブハウスで知り合った。
アツキさんも昔はギターを弾いていて、俺はギタリストだと言ってステージでは歌わなかったけど仲間内ではときどき美声を披露していた。アツキさんがライブハウスにいる姿を見れる。

俺はチケットを渡して、店を出る。
よかった練習しといて。
青と黄色でカラフルに塗られた自分の爪を眺める。
今日のワンポイントは星(スター)だ。
俄然やる気が出てきた。

マリさんの店へ急ぐ。

「あら、いらっしゃい。今日は、普通ね。」
マリさんがきょとんとした顔で言う。

よかった捕まってなかった。アツキさんが何も言ってなかったから大丈夫だとは思っていたけど、いきなりしょっ引かれてるってこともありえる。

「え、ああ、前はちょっと。」
「で、どうしたのー?私に用事―?」
「今日もチケット渡しに来たんですよ。今日のライブなんですけど。」
「ほんと!あ、でも、今日はだめかも、夕方オーナーが来るって言ってたから早くには店閉められないわ。」
「そうですか。今日はアツキさんも来てくれるんです。」
「アツキが?」
「はい。」
「めずらしいわね。ライブハウス嫌煙してたのに。」

へえ、マリさんそんなことまで知ってんだ。
二人って古い仲なのか。

「一応置いてきますね。来れたら来てください。今回はばっちり練習したんで。」

俺は店を出て、時間を見るために携帯を出す。

メールが来てる。

藤原さんからだ。

“明日11時に”

タカヤさんとユズルさんにも同時送信されてる。
なんだろう。調査依頼か、三人同時に?
基本は二人だ。
三人ってことはでかい、と言えば・・・俺の前件か?
でもあの件はもう警察が捜査に入ってる。違法ドラッグで今さら俺たちを使う筈がない。

さいきん他に何かあったっけ?
このまえのリホちゃんのヘルプは片付いてるし。

嫌な予感がする。
61
最初 前へ 58596061626364 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ