好きなヒト
好きなヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きなヒト 第9章 迷う心2
それから30分ほどでマナト到着。

「お疲れ様です。」
「ああ、ごめんな、呼びだして。」
「あ、シンさん。お久しぶりです。」
「おお、久しぶり。元気そうだな。二人とも居るんなら俺ちょっと買出しに行ってくるわ。」
シンはそう言うと部屋を出て行く。

俺の様子を察したわけでもなさそうだけど、ちょうどよかった。他のメンバーにお節介してるとこは見られたくない。

「どうしたんですか。」
「お前の方はどう?終わった?」
「いえ、いま巡回指示で。」
「そうか。じゃあさ、こっち手伝ってくれない?」
「え?海賊版ですか?」
「ああ、進展がなくてね。」
「ええっと、でも藤原さんからなにもきいてません。」
「うん、指示は出てない。」
「ですよね。それに、タカヤさんが入ってるんじゃ?」
「よく知ってるね。」
「はい、この前タカヤさん言ってました。」
「ほかにも言われたことがあるだろう。」

マナトの表情が一瞬変わる、がすぐに戻る。
上手く誤魔化したつもりかもしれないけれど、俺はそれを見逃さない。

「ほか?」
マナトは首を傾げる。
トボケてやがる。

「ああ、トボケるなよ。」
「いえ、ほんとにわかりません。」
そしらぬ顔をする。

「手が空いてる筈だから、こっちに回れっていってんだよ。」
「藤原さんの指示ならそうしますけど。」
俺の挑発には乗らずにいつものきょとんとした表情で答える。
手強いな、やっぱこいつ。

「じゃあ、藤原さんにそうしてもらうように頼むよ。」
「そうしてください。勝手なことすると俺まで怒られるんで。」

こいつ。
俺の方が挑発されてるのか。つい怒鳴りそうになるが抑える。
「わかってるんなら無茶するな。」
「してませんよ。」


「マナト。」
俺は諭しに入る。
「はい。」
「無茶するな。」
「わかってます。」
マナトは俺の目をまっすぐに見て答える。

だめか。
やっぱ、藤原さんに頼むかな。

「あ、でも藤原さん今忙しいみたいで連絡あまり付きませんよ。」
マナトがつぶやく。
やっぱ藤原さんの状況よく知ってるな。
54
最初 前へ 51525354555657 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ