好きなヒト
好きなヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きなヒト 第9章 迷う心2
タカヤの動揺する姿なんて初めて見た。
笑える。
マナトのことで動揺するとは。

けど、タカヤ。マナトは藤原のもんだぞ。

「っていうか、お前が変な言い方すんなよ。なんか焦っちまった。」
「焦ってるお前なんか初めてみたよ。」
「だろ。俺もびっくりしたよ。」
「あほか。」
どういういい訳だ。
「そういや、考えたか?」
「ん?」
「残るかどうか。」
「ああ、まだ考え中。」
「なんだよ。何が不満だ。」
「んー、お前が言う通り危ないし。ここらで足洗った方がいいかなって。もともと高校生の間だけのつもりだったしな。」
「でも、まだ考えてるってことは脈ありだな。」
俺は答えない。
「残ればマナトに会えるぞ。」
「いやいや。餌になってねえって。」
「俺にも会える。」
「もっとなってねえ。」
「だよな、うーん。」
タカヤは考え込む。

鈍感。
気付くはずないか。隠してるんだから。

俺はお前が居るから迷ってるんだよ。
お前に会いたいから。
お前は俺が辞めたらもう会ってくれないのか。
メンバーじゃない俺には興味がないのか。

タカヤは俺の心をよそにさらに続ける。
「じゃあ、なんでここに入った?」
「正義感。」
「だよな。たぶん、みんなそうだ。」
「そうじゃない奴はやる気があっても省かれてるよ。」

そう、最初にふるいに掛けられる。
警官は人を見抜くプロだ。数人の面接を経て俺達はメンバー入りする。
もちろん正義感だけでは入れない、けれど正義感のないものは入れない。
詳しい規定はもちろん知らないけれど、正義感の持ち主であることは俺達メンバーに共通している。

「うん。じゃあ、もう少し続けてみようか。」
「考えとくよ。」
「なんでだよ。乗ってこいよ。」
「お前が見てるものの中に俺が望むものがあるとは限らないだろう。」
「自分の価値観を押し付けるなってか?」
「そうじゃ、ない。」

いや、そうだ。
タカヤが好きだ。
けれど、タカヤの目指すものに俺が付いていける自信がない。
もちろんメンバーになった正義感は嘘じゃないし、今もそのためにこの仕事をしてる。
けれど、正義感に始まって今はそれにタカヤの事がプラスされてる。
正義感は減らない、でもタカヤへの想いは増え続けてる。
52
最初 前へ 49505152535455 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ