好きなヒト
好きなヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きなヒト 第8章 迷う心1
「ん?」
タカヤが俺を見る。
そんなことを考えながらついタカヤを見つめてしまっていた。

俺は慌てて首を振る。
「なんでもない・・・」

「なんだよ。」
タカヤがにやりと笑う。

「はぁ?」
なんだその反応は。

「俺に見惚れてたな。」

う。
図星。

「んなわけねーだろ、気色悪い。」

タカヤは、ははっと楽しそうに笑う。
「なんか悩んでんなら聴いてやるぞ~」

「え。」

「俺一応年上だしな。おまえ忘れてるだろ、俺がお兄さんだってこと。」

確かに。普段こいつのことを年上と思ったことはないけど。


「ああ、忘れてた。」

「やっぱり」

「なんだよ、年上扱いしてほしいのか。」

「そうじゃねえけど、頼ってもいいぞってこと。一つくらいの歳の差なんてって思うだろうけどな、一年ってけっこういろんなことできるんだぞ。だから、一年分はお前より経験豊富なんだよ。」

確かに、みんな1年があっという間だと言うけれど、その1年でいろいろあっていろいろ変わって成長してるのかも。
タカヤ、そんなこと考えてんだ。
やっぱりこいつ、見た目よかいろいろ考えてんだな。

俺は頷く。
「困ったら、頼むわ。」

タカヤが意外そうな顔をする。俺が素直に首肯すると思わなかったようだ。
「お、なんかかわいいな、お前。いつもそんくらい素直だといいのに。」

かわいいと言われて思わず赤面する。
駄目だ。
47
最初 前へ 44454647484950 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ