好きなヒト
好きなヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きなヒト 第7章 繋がり5
「そんなことはありませんよ。」
俺は適当に答える。

「そうか。」
タカヤさんもそれ以上は聴いてこない。俺が話す気がないのを察したのだろう。

「マナト、明日はどうする?」
「俺は、今日気になった子を見つけたので、その子を探しにN高付近へ行くつもりです。」
「そうか、なら俺も行こうかな。」
「一緒にですか。」
「だめ?」
タカヤさんは上眼使いでかわいく言う。

「タカヤさんにかわいく言われても、俺は喜びませんけど、いいですよ。タカヤさんいると女の子も喜んでいろいろ話してくれそうだし。」
「はは、そういうのは俺よかユズルだろ。」
「ユズルさんもですけど、タカヤさんもですよ。」
「俺あんな薄情じゃねぇよ。」
「薄情?ですか?ユズルさんが?」
「ああ、俺なら自分のこと好きだっていってくれる人間には応えるけどな。」

そういうことか。

「それって、来るもの拒まずの理論でしょ。」
それのがよっぽど薄情だよ。

「そういうつもりはないんだけどな、誰かが捕まえておいてくれたら・・・って、あれ、なにそれ。」
「え。」
「手」

俺は自分の手を見る。

「爪。」
「ああ、ネイルです。」
昨日の今日なので爪はそのまま。

「そういう趣味があるんだ。」
「趣味っていうか、まあ、お洒落ですかね。」
「へえ、見せて。」
俺はタカヤさんに手を差し出す。
「自分で?」
「まさか、人にやってもらったんですよ。」
「すごいな。」
「はい。」

タカヤさんは俺の爪をまじまじと見る。

「なんか、あれだな。お前はよくわからんな。」

どういう意味だ。
俺は言葉の意味がわからず、タカヤさんをみる。

「お前がここに来て結構経つけど、どういうやつなのか、掴めない。謎が多い。」
「そうですか?」
「ああ。」

ということは、
「他のメンバーのことは掴めてるってことですか?」
「え。」

タカヤさんは、少し考える。

「いや、全然。」

俺は思わず笑ってしまった。
「なんですか、それは。」
「よくわからん。でも、そういうイメージだ。わかりそうでわからん。一見単純そうに見えて、実はそうじゃない。人当たりがいいくせに、壁がある。」

37
最初 前へ 34353637383940 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ