好きなヒト
好きなヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きなヒト 第6章 繋がり4
よく考えたら、着替えに行かずに来てしまったけど、まあ、いっか。
控室にはいると、みなが歓声を上げて迎えてくれる。一通り挨拶を交わして、リハーサル。
今日は俺はゲストなので、持ち歌1曲、メインのバンドの曲を1曲、ツインボーカルで一緒に3曲。そんなに出番はない。以前はよく一緒にイベントなんかをしていたので、リハーサルは問題なく終了。このところ歌っていなかったのもあって声が前ほど出ない。
本番前にもう少し喉を温めよう。

俺は一人になれる場所を探して、2階へ。
2階は事務所と、練習用の小さな個室が2つある。両方とも使用中だ。
ガラス窓が付いているので、手前の方を覗くとよく知っている奴だ。ギターを弾いてる。

ガラス窓から手を振って合図をする。
気が付いたので、中へ入る。
「久しぶり。」
「ああ、今日来るっていうから楽しみにしてたよ。元気だったか。」
「元気、元気。ちょっと声だしさせて。」
「ああ、どーぞ。時間潰してるだけだから。」

喉を温めて、本番。
わっと沸く客席の歓声に気持ちが高ぶる。
客席の熱気に煽られて、俺の喉もよく響いてくれる。俺の事を知っているお客さんが名前を呼ぶのが聞こえる。一人一人に届くように声を鳴らす。最高の気分。歌うのが好きだ。
歓声に酔う。もっと、歌いたい。ステージに立つといつもそう思う。

客席の一番後ろにマリさんが立っているのが見えた。小さなライブハウスなので、一番後ろまで見通せる。

出番がすべて終わったので、マリさんのところへ行く。

「マリさん。来てくれたんですね。」
「うん。よかったよ。久々にマナトくんの美声聞けた。」
うれしそうに言ってくれる。

こういうことを言ってもらえると、また歌おうと思える。

30
最初 前へ 27282930313233 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ