好きなヒト
好きなヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きなヒト 第6章 繋がり4
おおーっといっておれの左手を取る。マリさんの爪は、青と水色のグラデーションにきらきら光る石が付いている。アツキさんがやったのかな。

「何、私の話って?」
「え、ああ、、さいきん俺が出てないって言ったでしょ。」
「ああ、言ったかな、そんなこと。それで、持ってきてくれたの?」
「まあ、そんなとこです。それと、ちょっと聞きたいことあって。」
「ん?」
「俺の連れが、手出してるみたいなんですけど、さいきん出ました?」

普通なら出てますか?と聞くが、出ましたと言う。
マリさんの顔が一瞬真剣になる。

「んー、出てない。ちょっと今までとはチャネルが違うみたい。」
マリさんは意味を理解してくれたみたいだ。ここでもないか。今までとは違う、か。

「その友達は早いとこ隔離して、首突っ込まないほうがいいよ。まったく金持ちの子が食い物になるとは、うまいんだかなんなんだか。」
金持ちの子。確かにN高は私立でどちらかというと裕福な家の子が多い。

「へえ、そーなんだ。じゃあ、俺も気を付けないと。」
俺はヘラっと言う。

「あんた学生じゃないでしょ。手出しちゃだめよ。」
手を出すなという口調がキツイ。そんなに危ないのか。まあ、どんな薬でも手を出すなとは日頃から言われてはいるけれど。

「俺が学生ならいいんですか。」
俺は聞いてみる。

「やっぱりね」
マリさんが呆れる。

「悪いけどあんたには渡せないし、あいにく、そんなに数が入ってくるもんでもないし、安くもないから。」
どういうことだろう。

「アツキさん。」
俺は心当たりの名前を出す。
マリさんが頷く。

「さっき連絡があった。たぶん、あんたが来るから、ぜったい出すなってキツく言われた。あんたのこと大事なのよ。アツキは人と深く関わるタイプじゃない。そのアツキが気に掛けてるんだから、汲んであげなさい。」
マリさんが俺を諭す。

「わかってますよ。ほんとにチケット渡しに来ただけなんで、ライブ来てくださいね。待ってますから。」
俺は店を出る。

“学生じゃないでしょ”っていったよな。学生がターゲットなのか。それに、俺の事学生じゃないと思ってるのか、まあ、そっちのが都合がいいけど。

アツキさんに読まれてたか。今度行ったら怒られるだろうな。

26
最初 前へ 23242526272829 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ