好きなヒト
好きなヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きなヒト 第6章 繋がり4
電車で4駅移動。
駅の西口を出る。東口と違いこちらは人通りも少なく、ひっそりとしている。
オフィス街の外れの方にガラス張りの巨大なビルが見える。大手アパレルメーカーの自社ビルだ。建物にでかでかとメーカーのロゴが書いてある。
そこを目指して歩く。 俺が用があるのはそこではないけれど、その近くなので言い目印になる。
建物大きいので、近そうに見えるがそうでもない。
歩くこと20分。小ぶりのテナントビルや貸しビル、アパートや事務所が建ち並ぶ一角。
煉瓦っぽい外壁の古臭いビルの4階にその店はある。

各階1店舗ずつ、2階と3階にも同じような店が入っているが、店内の様子はあまり見えない、窓やドアにブランド名と営業時間が書いてあり、洋服やカバンが並んでいるのでそれと解る程度だ。1階は何かの事務所の様だ。小売店ではなさそうだ。

 今回は表から入る。黒いドアを開けて中に入る。外のイメージと違い中は明るく、シンプルで洗練された空間だ。奥のカウンターに人がいる。ブランド物のYシャツやジャケットがきれいに並んでいて、テクノの様な感じの静かな音楽が流れている。レジカウンターの黒いスーツを着た女性の前に立つ。
 
 俺を見てにこと笑う。営業スマイル。如何にもこういうところにいそうな雰囲気のある、落ち着いた感じの大人の女性だ。髪をきれいにアップにしている。耳元にシャネルの大きなピアスが光る。

「いらっしゃい。」
俺だとわかってんのかな。

「どーも。」
俺はサングラスを下へずらして挨拶する。

「あれ?」
マリさんは俺を覗きこむ。
俺はポケットから2枚チケットを出して差し出す。

「今日時間あったら、来てくれませんか。」
マリさんはそれを手に取る。

「あー、歌うんだー、あれ、バンド変わったの。」
うれしそうな声を上げる。

「いや、ゲストっす、もともと俺はピンですから。」
「そうなの?でも前はずっとあのバンドで歌ってなかったっけ。」
「ボーカルが見つかるまでってことで、仮だったんで。」
「そうなんだー。どうしようかな、店早めに閉めちゃおうかな。」
マリさんはうーん、と考えている。

「でも、珍しいね。私のとこへくるなんて。」
マリさんが顔を上げる。

「さっきアツキさんとこ行ったんです。マリさんの話が出たんで。」
俺は左手を見せる。

25
最初 前へ 22232425262728 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ