好きなヒト
好きなヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きなヒト 第6章 繋がり4
マニアックな電気部品店。
ネイルサロン。
インポートのブランド免税店。

まずは、ネイルサロンから。
繁華街の入口にある小さなテナントビルの2階にある。
個室式のネイルサロンで、昼間は一般の、夜は主に夜のお仕事関係の方を客にしてる。
一応はまっとうなお店なんだが。

表からは入らない。
裏の従業員用の通用口のドアから入る。
入ってすぐエレベータがあるが、二階なので階段を使う。
ドアの横の数字パネルをを押す。
なぜか、俺はここの解錠コードを知っている。

ここはドアを空けると従業員の休憩室になってる。
その奥が事務所になっていて、閉店時には休憩室と事務所の間にもセキュリティが掛かる。だから、休憩室の入口の解錠コードだけ特別に教えて貰った。

ノックしてドアを空ける。
入ると、知らない女の人がこっちを見てる。

「こんにちは。」
挨拶する。
「こんにちは。」
女の人は挨拶を返してくれるけれど、明らかに不信そう。

まあ、そうだよな。

「あの。アツキさんって、いま忙しいっすかね。マナトって言ってもらえば分かるんで。」
ちょっとスカした感じに話す。

ああ、ちょっと待ってね、とお姉さんが席を立つ。

すぐにアツキさんが来た。
アツキさんは男の人だけどネイリストで、ここの稼ぎ頭の24歳。
元々はホストをしてたらしいけど、身体を壊してこっちへ転職。

「おー、マナト、久しぶりだな。元気にしてたか。」
アツキさんが言う。
「ご無沙汰です。アツキさん今忙しいっすか。」
俺は窺うように言う。

「あー、いまから1件入ってんだ。三十分くらい待っててくれたら終わるけど。」
アツキさんが渋い顔をする。

「マジっすか。全っ然、大丈夫です。」
俺は答える。

「じゃあ、ここで待ってな。適当にくつろいでろ。しばちゃん、こいつマナト。俺の知り合いだからここで待たしてやって。」
俺と、しばちゃんと呼ばれた休憩室にいた女の人にそう言って、アツキさんは表へ戻っていった。

それから、そのしばちゃんと話したりして、結局50分くらい待っていたが、時間はすぐに過ぎた。さすが話しが上手い。

アツキさんに呼ばれて個室に案内される。
テーブルを挟んで向かい合わせに座って、俺は左手を差し出す。
21
最初 前へ 18192021222324 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ