好きなヒト
好きなヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きなヒト 第1章 はじまり
オレははぁっとため息をつく。

「何言ってんですか。ユズルさんみたいにモテたら選びたいほいだいなんだろーなって思っただけです」
「あぁ、うらやましいわけね」

なんだろ、なんかムカつく。

「でもな、好きな相手じゃなきゃ意味ないんだよ。何してもらってもさ」

ユズルさんはそう言ってタバコに火を点けた。
ふーっと煙を吐く。

ユズルさん、好きな人いるんだ。
しかも片思いかな、この様子だと。

なんとなくそれ以上突っ込んではいけない気がして話を逸らす。

「そういや、今日はどうしたんですか?」
「んー、なんとなく。マナトは当番?」
「はい、でも今んとこなんもないっす」
「そうか、世の中は平和なんだな」
「それは違うと思いますけど」

オレとユズルさんが今いるのは、俺達の事務所。
俺達はは世の中の平和を守る為働いている。
とはいっても、実はみんな本業は学生やフリーターだけど。

簡単に言うと少年情報屋集団。

犯罪の低年齢化に対処するため警察が秘密裏に組織したのが俺達。
一応上には捜査一課の警部以下数名が付いてて、必要に応じて彼らの捜査に協力するわけだ。

でも俺達自身はもちろん警察官じゃないしその特権もない。逮捕なんてできません。
あくまで後援部隊です。未成年だし、ちなみにみんなこの仕事のことは家族にも内緒です。

でもまぁ普段からそんなやたらめったら事件があるわけでもないし、警察の方で事足りてる場合が多いわけで、何もない日は当番で留守番。必要に応じて集合が掛かる。

2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ