好きなヒト
好きなヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きなヒト 第5章 繋がり3
食べながら、一緒に映画を見る。藤原さんは見たことがあるらしい。
この俳優がどうとか、いろいろ説明してくれる。映画好きなのか。
俺は結局半分も食べられなかった。残りは藤原さんが食べている。

「お前、資料見たか。」

いきなり訊かれる。
そうだ。そのことをすっかり忘れてた。

「はい、計画書見てください。それと、できたらだれか応援つけてほしいんですけど。」

準備してあった計画書を渡す。

「ああ、応援な、了解。誰がいい?」
「誰でもいいですけど、ただ、新人はちょっと、薬がらみだし。」
「そうだな。実はな、この案件をお前らに下ろすかどうかってだいぶ迷ったんだ。誰か付けるなら、タカヤかな。明日でいいから当たってみてくれるか。」
「はい。」
「計画書はこれでいいが、無茶はするなよ。危ないと思ったら、そこまでで引け。」
「わかってます。」

藤原さんはうんと頷く。

俺は食べ終わったごみを片付け、計画書を金庫にしまう。
席に戻ろうとしたところを、藤原さんに腕を引かれる。
藤原さんは俺を引きよせ、まるで子供を抱き上げるようにひょいっと抱き上げ、自分の膝に乗せる。
向かいわせに抱きあって、キスを交わす。
藤原さんは俺のシャツをたくし上げ、胸に舌を這わせる。

「・・・っぅ、、、ぁ」

俺は藤原さんの肩にしがみ付く。

「マナト、お前、身体大丈夫か。」

藤原さんが俺の顔を覗きこむ。
俺はゆっくり頷く。実は今朝はまだ腰が痛かったけれど。

「辛かったらちゃんと言えよ。お前に無理をさせる気はないから」

そういいながら頬にキスをくれる。
また俺をひょいっと持ち上げると、テーブルに押し倒してズボンを脱がせる。
18
最初 前へ 15161718192021 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ