好きなヒト
好きなヒト
成人向完結
発行者:iroha
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/09/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
好きなヒト 第3章 繋がり1
藤原さんと体を離して、床に脱ぎ捨てられたズボンのポケットから携帯を探す。


ユズルさんだ。


そうだ。オレ、飯買いに出たんだった…。

「はい」

「マナト?どこまで行ってんだ?」


「あ、いや、すんません。藤原さんに会って」
オレの帰りが遅いので心配したみたい。


スルッとオレの体に後ろから腕が巻きつき抱きしめられる。


「はい、じゃあ」
電話を切ると同時に唇をキスで塞がれる。


「…ん…っ」


まだ裸のオレの体を藤原さんの指が這い、刺激する。


さっきイったばかりなのに、オレはまた硬くなる。


「さすが若いな」
藤原さんはそれを手で扱きながら、オレを四つん這いにさせて、藤原さんのものをあてがう。

藤原さんだってもう硬くなってんじゃん。

腰を掴まれて、ズンっと一気に力強く突っ込まれた。
「っっ…はっ」
うっ。
なんとも言えない快感。


パンパンと肌がぶつかる音が響く。


「あぁ…っあぁ…」

奥のポイントを的確に突かれて、俺の声は大きくなる。


「はぁっっあっ…あぁ」

オレのものからは既に透明の液が溢れて、ポタポタと床に落ちている。



藤原さんのものは熱い。オレは内側でその熱さを感じる。
12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ