夜想倶楽部 鉄哉編
夜想倶楽部 鉄哉編
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/03
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
夜想倶楽部 鉄哉編 第15章 終章 ライジング・サン
 鉄哉たちは新宿に戻り、小野寺の残したわずかな金を元手にしたりして、少しずつ金と人手を、膨らませていった。夜想館の仲間内には、自ら少年売春に身を投じて、鉄哉に斡旋させて金を稼がせる者もいたらしい。

 闇市に店を出した頃から、鉄哉らは急速に力をつけていった。そして若くして広域暴力団の一翼を担うようになり、ますます力と金と人脈を掴んでいったという。

 この時期になると、さすがに元々のメンバーの中には鉄哉と離れていく者も出てきた。一方でチョロ太は、からだも心も大きく成長して、鉄哉と義兄弟の契りを結んだ。

 昭和三十年頃には、太郎は創生期のゲイタウン、新宿二丁目に店を出した。もちろん、開店資金や人材は、鉄哉が世話をした。太郎はもともと、そういう世界が向いている人間だったのかも知れない。

 夜想館の焼失とともに、夜想倶楽部の活動は停止したことになっている。

 今はもう、夜想館も、夜想倶楽部も、その存在も活動も、あらゆる記録のどこにも残されていない。
 それは戦後の混乱期を生きた、わずかな数の、その当時の、少年たちの心に残るのみである。

( 了 )

81
最初 前へ 75767778798081 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ