夜想倶楽部 鉄哉編
夜想倶楽部 鉄哉編
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/03
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
夜想倶楽部 鉄哉編 第2章 第一章 絶望の始まり
  †

 絶滅収容所の独房のように、暗く無機質で何もない部屋に、鉄哉は横たわっていた。意識が戻ってから多少の抵抗は試みたが、当面、あきらめた。体力の無駄遣いは最大の敵だ。野生動物のように、体力を温存し精神を研ぎ澄ませ、機会を待つ。それが本能だった。

 神谷仁助は洋館のきしむ階段を上り、薄暗い廊下を進むと、教えられた部屋の扉のノブに手をかけた。秘められた楽しみの始まりである。扉を開くとすぐに、少年の言葉にならないうめき声が漏れ聞こえてくる。神谷はそっとほくそ笑んで、部屋の中に足を踏み入れた。
 猿ぐつわを噛まされ、両手は後ろに回され、がんじがらめに縛られている。神谷が部屋に入ってきたのを知ると、激しく声をあげようとするが、猿ぐつわの奥から漏れる声は言葉にならず、弱々しい。入ってきた男が、自分の味方でないことぐらいはすぐにわかる。だが鉄哉には、これから自分の身に起こることなど、想像できるはずもなかった。

「お前が今日の私の獲物か」

  †
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ