夜想倶楽部 鉄哉編
夜想倶楽部 鉄哉編
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/03
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
夜想倶楽部 鉄哉編 第7章 第六章 少年と少年
 その夜。太郎と鉄哉は、全裸のまま同室で眠らされることになった。
 通常はプレイルームなので、部屋は広く、ベッドはダブルサイズである。

 衆人環視の中のプレイで、特に太郎は薬物を使われた極度の興奮状態にあり、くたくたに疲れているはずだったが、二人とも眠れなかった。

 横に並んで、毛布も被らず、二人天井を見上げていた。先に口を開いたのは、太郎の方だった。
「鉄哉……お兄ちゃん。今日は、その、ごめんなさい」
「謝ってもすまねえよ」
「…………」
「冗談だよ、太郎、だったか。お前いくつだ?」
 鉄哉は柔らかな笑顔で、おそらくここに来て初めてのそんな笑顔で、太郎の方を向いて訊いた。
「十一歳。つい最近、誕生日だったんだ。僕忘れてたけど、菊池さんが覚えてた」
 十一歳か。もし自分と一つ違いなら、二人並べばとてもそうは見えないだろう。二、三歳の年齢差はあるように見える。鉄哉の肉体は引き締まってしっかりしていたし、精通も終えて、間もなく陰毛の発毛も始まるだろう。
「鉄哉お兄ちゃんはいくつ?」
「十二歳……くらいのはずなんだが、はっきりわからない」
「どうして?」
「物心ついた頃から施設にいて、親の顔も知らない。いつが誕生日かもよくわからないんだ」
 なぜこんなに素直に言葉が出てくるのか、鉄哉は不思議だった。太郎には、何か人を安心させるオーラがあるような気がする。
「シセツって何?」
「孤児院だよ。親のいない子どもを預かって育てるところ。コキ使われるし、食い物は鼻水みたいなかゆかまずい芋ばっかりだし、上級生の暴力はひどいし、不潔だし、最悪のところだ。大人たちだけはなぜか、いい服着て、いいもの食べて、言うことは偉そうだったな。何が神の慈悲だ」
 言いながら鉄哉は、当時の憤りが蘇ってきて、激しい口調になった。
36
最初 前へ 33343536373839 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ