夜想倶楽部 鉄哉編
夜想倶楽部 鉄哉編
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/09/03
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
夜想倶楽部 鉄哉編 第4章 第三章 菊池の教育
 菊池の手が鉄哉の未成熟なペニスをつまむ。鉄哉はぞくぞくとからだを震わせた。
 両手は拘束されている。今暴れても無駄だ……今は……。
 菊池の温かい手に揉みしだかれ、鉄哉のペニスは次第にふくらみを得、先端に湿りを生じた。鉄哉は恥辱に唇を噛んだ。
「からだは正直なもんだ。お前も素直になれば、少しは楽しめる……」
 股間に、ぬるぬるとしたものが触れた。菊池が缶からすくい取った、ワセリンを指にまぶし、鉄哉の勃起したペニスを握ったのだ。
「…………!」
 鉄哉は必死に唇を噛んだ。声が漏れそうだった。ぬらぬらした指が、陰嚢、蟻の戸渡、肛門の周辺と、這い回る。
 潤滑油がつぎ足され、べとべとの下腹部で菊池の指が淫らに動き、鉄哉の硬くなった竿をしごき、亀頭を露出させた。
「あ、ア……!」
 鉄哉は思わず声を漏らし、ベッドに顔を擦りつける。
 菊池の手の動きがピストンになった。
「あ! やめ……」
 鉄哉は首をねじ曲げて菊池をのぞき見る。菊池は構わず指に力を込め、ピストン運動を速めた。鉄哉は頭の芯に熱いものを感じ、認めがたい快感がからだを駆け巡った。どくどくという脈動と共に、白い粘液が、鉄哉のからだの下のベッドの皮に、飛び散った。

(俺のからだを……おもちゃに……しやがって……)
 鉄哉は肩で息をしながら、快感の余韻と屈辱を同時に味合わされていた。

「若いな……フフフ……」
 菊池は手ぬぐいでベッドと鉄哉の下腹部を拭いながら皮肉った。左手は臀部をなで回している。
 そして再びワセリンをたっぷり右手にとり、鉄哉の尻の谷間に、手をぺたりと貼り付けるようにした。
「ひっ……」
 鉄哉の脳裏に、昨夜の恐怖と痛みがよみがえる。
「こわいのか……」
21
最初 前へ 18192021222324 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ