ダークセル
ダークセル
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/08/29
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ダークセル 第20章 Ⅲ en - 1
 丈太郎も成長していた。やはり身長は猛雄より高く、体重は同じくらいだった。猛雄がずんぐりとした典型的な柔道体型だとすれば、それよりはスリムな、ある意味黄金比率的、彫刻的な肉体をしていた。白い顔は、相変わらず端正だったが、女性的な雰囲気は微塵もなかった。

 試合場で向かい合うと、丈太郎は少し笑顔を見せて、すぐに厳しい表情になった。猛雄は終始、かたい表情をしていた。

 両者頭を下げ、審判の試合開始。試合時間は六分。

 中学までは、猛雄は丈太郎に一度も勝ったことはない。

 俊敏さとパワーにおいては猛雄が勝り、技術と柔軟性においては丈太郎に分があった。両者積極的に技をかけあうが、猛雄は有効を二回とられ、四分以上が経過していた。立ち技中心の、力感とスピードのある、白熱した試合となり、会場は盛りあがっていた。
 観客席には、同じ高校の同輩先輩後輩の他、あのT高校の柔道部部長も、応援に駆けつけて声援を送っていた。

 五分四十五秒。猛雄は捨て身の勝負をかけ、丈太郎の懐に飛び込んで腕を取り、投げを打った。丈太郎のからだが回転し、背中から地に落ちた。猛雄の一本勝ちだ。

 汗をだらだらと流し、真っ赤な顔をしたまま、丈太郎の手を取り、彼を起こした猛雄だったが、表情は茫然としていた。会場の声援や拍手が聞こえてくるまで、数分間も間があったような気がしたが、それは一瞬だったようだ。同じように汗びっしょりの丈太郎の顔がすぐそばにあった。丈太郎と猛雄は固く握手を交わし、試合場を去った。
70
最初 前へ 67686970717273 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ