ダークセル
ダークセル
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/08/29
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ダークセル 第1章 プロローグ
 光の一切届かないはずのこの暗室の中にありながら、猛雄が目を開くと、天井の煤けた漆黒のクロスの破れ目やしわが見えた。
 この暗室に閉じこめられてから、もう何日が経っただろう。猛雄は日付と時間の感覚を失っていた。最後に食事と水をを与えられてから、何時間経つかもわからない。空腹はそれほど感じないが、ひどく喉が渇いていた。だから二十時間ということはないにしても、七、八時間は経ったのだろうか。
 今外は盛夏のはずだ。密閉された部屋の空調は切られていた。蒸し暑さに体温は上昇し、汗は額や背から、流れ続ける。再び、渇き死にするのではないという恐怖が、猛雄のぼんやりとした意識に、時々浮かんでは消えた。

 猛雄の両腕は天井から伸びた二本の鎖に繋いだ、革手錠で拘束されている。手首には汗が滲んでいた。右腕の内側には点滴の針が刺され、近くに立ったスタンドにぶら下げられた瓶から、得体の知れない液体をゆっくりと、猛雄の体内に流し込み続けていた。

 全裸のからだは仰向けに、ハンモックのような革製の「ブランコ」に乗せられていて、両足は大きく開き、膝を折って、やはり皮の足枷に拘束されている。口にはボールギャグを噛まされていて、よだれが、止めようもなく口の端から流れ落ちていく。

 苦悶に歪んでいるその顔は、まだ未熟な少年のそれだった。猛雄は自分の容姿に自信を持ったことなどはないが、決して美男子ではないにしても、眉は太く、男性的で、大人になればいかめしい、力強さをたたえることになるであろう素地は、すでに窺える。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ