シングルファーザーの育児ノート
シングルファーザーの育児ノート
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/08/22
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
シングルファーザーの育児ノート 第8章 第八回(昭和五十年頃~)
 雄太は小学校に上がっても、相変わらずヒーローだった。体格がよく、しかも専門的に武道を嗜んでいたわけだから、同級生で彼にケンカを売ろうとする者はいなかった。雄太も暴力を嫌ったから、彼のいるところ理不尽な暴力が幅をきかせることはなかった。そうした資質や礼儀正しさから、教師や他の父兄などにも評判がよかった。成績もよかった。彼は私との「あの」時間を確実に確保しながら、一日二時間は机に向かい、本も好きなようだった。

 幾度もの「お仕置き」を経て、小三の頃には「切り替え」も見事なものだった。毎日の柔道の練習時には、本当にそのことだけに集中し、夜は全く別の淫らな小動物に豹変する。それは私以外の誰も知らない、雄太のもう一つの顔だった。それを本性と呼ぶのは間違っている。学校での顔も、道場での姿も、夜の肉体も、全てが彼自身なのである。それらは狂いなく共存していた。驚くべきことだった。

 雄太は幼い頃から女の子にももてたようだが、遊びに行ったり、連れてきたりするのはもっぱら男の子だった。同学年の巧(たくみ)という男の子をよく道場に連れてきたが、彼が雄太をある種英雄視し、あこがれの目で見ていることは明らかだった。巧は色白で小柄で、多少ぽっちゃりしたからだをして、気が弱い感じだった。たぶん学校で雄太に守られたりもしたのだろう。小三の時、小一の弟の司(つかさ)という、これまた小柄で、こちらはやせっぽちの少年と一緒に、うちの道場に入門してきた。

 雄太が柔道の時は柔道に完全に打ち込めるようになったのは、この頃からだろう。同級生が間近にいて、あこがれの視線で見ていることもあるが、柔道の腕自体が上達してきて、のめりこんでいったこともあるだろうと思う。ここらへんの感覚は、私の少年時代を振り返っても思い当たる節があった。
16
最初 前へ 13141516171819 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ