痴漢電車
痴漢電車
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/08/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
痴漢電車 第1章 1
 やがて列車到着の「黄色い線の内側にお下がり下さい」というアナウンスが流れ、轟音が次第にボリュームを増しながら近づき、特急の四両目か五両目かの車両の中ほどの扉は、マークの位置に寸分の狂いもなく停止した。まばらな乗客が降りてしまうと、僕らの列は冷房の効いた車内にやっと乗り込むことができた。

 この私鉄の特急のシートの大半は、二人がけか向かい合わせに四人がけかの、ロマンスシートになっている。特急料金の設定がないのが非常に珍しいらしい。

 客は少なめといっても、座席は全て埋まっていて、少年はドア脇のシートの背のところに、背中を向けて陣取った。
 僕はそんな少年を真正面から観察できる位置に立ち、鞄を足元に置いて吊革を握った。

 僕は本人に気取られないように彼を観察し続けた。白いワイシャツの下の柔らかなからだのラインを想像し、ズボンのふくらみから幼い性器をイメージした。自分の股間に早くもうずきを覚える。チャンスがくれば「やってやろう」と考えた。リスクを冒すだけの価値のある肉体と表情を、その少年は持っていた。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ