奇跡の絆
奇跡の絆

発行者:神谷 陵人
価格:324円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/08/09
最終更新日:2012/07/31 18:42

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
324円(税込)購入する
奇跡の絆 第1章 第一章 唐突な出会い
『五感』視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚。人はこれらの感覚を日々使用して生きている。

このうち一つでも失うことになれば、人は絶望の渦に巻き込まれることだろう。

そしていかに自分が多くの情報によって生きていたかということを痛感する。

しかし、失うことで見えてくるものもある。

失うことで得るものもある。

その境地に達する為に必要なものはなんだろうか?

勇気?努力?愛?

恐らく全てが必要になってくるのだろう。

大事なのは、『気付くこと』だ。

自分に訪れている事柄に関して常に敏感に反応していくこと。

『気付くこと』ができた時、それから自分がどうしたらいいのかということが『見えて』くる。

そして、『見えた』ものを掴むために必要な要素を取り込んでいく。
無意識に出来る人もいれば、意識しても出来ない人もいる。

『気づく事』が出来ずに絶望に耐えられず、そのまま飲み込まれてしまう人もいるだろう。

だからこそ、ある日唐突に出会ったものが、自分にとってかけがえのない存在ということに『気づく事』が出来た時、人は絶望ではなく、幸福の渦に乗り、天高く昇っていくことができる。

それが、一生に一度の出会いなら尚更だ。それを人は『運命』というのかもしれない。

その『運命』を手にできたならば、失ったもの以上の幸福を人は得られるのだろう。

たとえ辛く険しい道を歩んだとしても・・。
次ヘ
ページへ 
ページの先頭へ