馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
馬体優先主義【1コイン版】
いいね6

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014年08月21日
最終更新日:2019年06月15日 20:09


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
基本情報を隠す

メニュー

カレンダー
<  2019年6月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
紹介文
隠す
創刊もうすぐ5年目、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・これまでの「馬体の見方」とは全く異なる相馬眼
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質まで
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな「馬体」ながら、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R



■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時
・章(1頭)単位で随時公開
・場合によっては公開しない週もあり



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.805 2019年06月15日 20:08   カテゴリー: G3
  • 06/16(日)
    東京11R
    ユニコーンステークス(G3) レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 1 1 ワイドファラオ 1:35.5
    2 5 8 デュープロセス アタマ
    3 6 11 ダンツキャッスル
    払戻金
    単勝 1 660円 3番人気
    複勝 1
    8
    11
    280円
    150円
    400円
    4番人気
    2番人気
    7番人気
    枠連 1-5 1,310円 4番人気
    馬連 1-8 1,270円 3番人気
    ワイド 1-8
    1-11
    8-11
    570円
    1,770円
    890円
    5番人気
    17番人気
    11番人気
    馬単 1-8 2,450円 9番人気
    3連複 1-8-11 5,510円 16番人気
    3連単 1-8-11 22,120円 64番人気
    WIN5 9,841,270円 3番人気
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】東京
【距 離】1,600メートル ダート・左
【適 性】C/T型-M(持続/根幹-マイル)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――――
111|2頭
110|ヴァニラアイス、他2頭
109|1頭
――――――――――――――――――――



▼予想印
――――――――――――――――――――
 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――──

今週、POG本の2度目の馬体診断チェック
約半数程度済ませてみた。後、残り300頭
余り、時間的に1時間程度だと思う。

一先ず、現時点での2歳馬の馬体をざっと見
た感想は、新種牡馬かな?ジャスタウェイや
エピファネイア産駒の出来は上々だ。父似の
馬体もチラホラいたと思う。

後、キズナ産駒も初年度かな。ただ、こちら
は出来が今一つ。体高はあるが胴寸詰まりで
今一つやわらかみに欠ける馬体が多い印象。

他、ゴールドシップ産駒も何頭か見たが、こ
ちらはキズナ以上に厳しい感。このあたり、
新種牡馬の馬体傾向なども、後日解説できれ
ばと思うが。

以上、急きょ近縁の不幸があり、私用で週末
時間がないこともあり、今週の重賞馬体診断
は一気に簡易でいく。



今回<馬体写真あり>
――――――――――――――――――──
ヴァニラアイス
初見。箱型正方形シルエットで、前斜で胴短
の大枠フレーム。上体比重が大きく、駆動部
の筋肉量も充実。

父キンシャサノキセキは、いかにも「短距離
仕様でギア少なめなワンペース型」といった
胴長間延び気味の長方形シルエットだったが
、その点、本馬は父とは異なり、バランスも
癖がなくギア数も多めと、器用さがある仕様
にある。

以上、基本【万能N型】短マイル仕様。化骨
状況も良く、仕上がり完成度の高さもある。

今走の根幹マイルはギリギリの感も、ここが
スローの短調な凡戦SP勝負になれば、堅実
に走れそうかな。



◇2019年予想的中レース一覧 <現在33戦12的中>
----------------------------------
NHKマ|★カテドラル7人気
天皇賞春|◎フィエールマン1人気★グローリーヴェイズ6人気
マイラー|◎グァンチャーレ5人気
 大阪杯 |◎アルアイン9人気○ワグネリアン4人気
スプリS|◎ディキシーナイト7人気
 金鯱賞 |◎リスグラシュー5人気
 弥生賞 |★ブレイキングドーン4人気
中山記念|◎ウインブライト5人気
京都記念|★マカヒキ2人気
AJCC|◎フィエールマン1人気
 東海S |◎スマハマ4人気
 京成杯 |★ヒンドゥタイムズ7人気
----------------------------------

◇最近の<馬体ノウハウ>解説一覧
----------------------------------
ダメな「飛節の見極め方」一例 <天皇賞春>

巷の「飛節」の見極め方では危険な理由 <マイラーズC>

「相馬眼」=「適性の見極め」は全く別物 <皐月賞>

馬体の見極めを「言葉」に頼るor「構造」に頼る? <桜花賞>

馬体を「雰囲気」で見る派or「骨格」で見る派? <大阪杯>

馬体で”距離適性”を見極める(1)


No.804 2019年06月09日 07:00   カテゴリー: G3
  • 06/09(日)
    阪神11R
    マーメイドステークス(G3) レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 2 3 サラス 2:00.3
    2 8 16 レッドランディーニ ハナ
    3 8 15 スカーレットカラー 3/4
    払戻金
    単勝 3 1,420円 7番人気
    複勝 3
    16
    15
    500円
    950円
    410円
    8番人気
    11番人気
    6番人気
    枠連 2-8 1,530円 7番人気
    馬連 3-16 19,380円 64番人気
    ワイド 3-16
    3-15
    15-16
    5,520円
    2,480円
    3,840円
    68番人気
    33番人気
    47番人気
    馬単 3-16 33,680円 116番人気
    3連複 3-15-16 56,780円 193番人気
    3連単 3-16-15 391,310円 1206番人気
    WIN5 679,340円 7番人気
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】阪神内
【距 離】コース 2000m 芝・右
【適 性】A/T型-I(加速/根幹-中距離)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――――
112|2頭
111|1頭
110|カレンシリエージョ、他
109|1頭
――――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★1頭
――――――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――──

※時間なく今回馬体データ公開馬はなし。

今回<馬体写真あり>
――――――――――――――――――──
カレンシリエージョ
初見。全体的に、父ハービンジャー産駒らし
い正方形な前後上下のバランスシルエット。

部分的には、振り子骨格軸の安定はあるが、
前後容量に対し、肋骨楕円も牝馬らしい下腹
アウトラインなど、腹回りが薄く、緩さはな
いが、少し前勝ちで単調さを内存。

以上、仕上がり上々。基本、緩い流れを先行
よく、その点で前走比で少し条件暗転。



今回<馬体写真なし>
―――――――――――――――──―――
時間ないが、馬名をざっとみて、馬体が思い
浮かぶ馬が不在。

全馬、写真を探すべきかor写真を探さず、
全て自動的に消しとすべきか、迷う。

と言いつつ、癖で一頭ググってしまった。涙
しょうがない。全馬探してみるが、解説は、
今度こそ端的一気にいく。


アドラータ
<デビュー前>写真発見。後肢の造りや前後
バランスなどなかなか良いが、父オルフェー
ヴル自身の良さだった前懐深みの遺伝が一息
だな。逆に、少し前肩口が窮屈で単調さを内
存しているかな。



レーツェル
おいおい、この馬も写真が見つかってしまっ
た。<デビュー前>だろう。マイラーという
より、いかにも中距離馬で2000は良い。
また、今走コース適性も高い。ただ、言い換
えれば、牝馬らしい軽さキレが一息な造りで
重めにあり、規格スケールやSP面からも、
素材的にも連勝が止まったのはうなずける。
ここは適性の高さを評価して穴☆なら。



ダンサール
ハーツクライ産駒かなと思ったが、当たり。
<デビュー前>の写真だろう。父産駒の馬体
上級素材に多い【持続CL型】で、ここは、
適性一息な舞台。素材的にも、まだ期待して
いい馬だが、やはり、ここで負けての、今後
ベスト条件で狙うのが良いかな。



以上、結局二頭以外、馬体写真が見つかって
しまい、ほぼ大半の馬の馬体解説するはめに
なったが、まぁ、どの馬もわかり易い馬体で
評価順なども迷わずに済んだのは良かった。※…つづきは、プレミア記事完全公開

No.803 2019年06月08日 22:47   カテゴリー: G3
  • 06/09(日)
    東京11R
    エプソムカップ(G3) レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 6 9 レイエンダ 1:49.1
    2 4 6 サラキア 3/4
    3 3 4 ソーグリッタリング
    払戻金
    単勝 9 860円 5番人気
    複勝 9
    6
    4
    310円
    430円
    180円
    5番人気
    8番人気
    2番人気
    枠連 4-6 3,920円 15番人気
    馬連 6-9 5,670円 25番人気
    ワイド 6-9
    4-9
    4-6
    2,070円
    1,020円
    1,350円
    29番人気
    9番人気
    16番人気
    馬単 9-6 10,020円 45番人気
    3連複 4-6-9 10,140円 36番人気
    3連単 9-6-4 68,720円 267番人気
    WIN5 679,340円 5番人気
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】東京
【距 離】1800m 芝・左
【適 性】C/L型-MI(持続/非根幹-マイル中距離)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――───
112|1頭
111|2頭
109|ブレスジャーニー
―――――――――――――――――───



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――───
◎1頭
★サラキア、他1頭
☆1頭
―――――――――――――――――───



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開
────────────────────

今週も予想と関係ない雑記を綴ってみる。

先週も書いたが、今年は久しぶりに『2歳馬
の馬体診断評価レポート』を作成公開しよう
かと思っている。

先日、外注していたPOG本掲載馬の馬名や
父母名などのリストがエクセルで仕上がって
きたので、早速、初見時の評価を一気に記入
してみた。

POG本を開き、一頭ずつ馬体を見て、瞬間
的に<5段階評価>を判断し、それを記入。
単純な作業で2時間程度かかった。まぁ総数
700頭弱なのでそんなものかな。

ただ、初見なので、誤差誤診がないか、評価
を迷った馬などの微妙な調整をしたく、正直
もう一度は、再度全馬チェックをしたいとこ
ろなのだが、まだ再見はできていない。

実は今回、馬体を見て、評価の数値を読み上
げ、それを妻にエクセルへ打ち込んでもらっ
たのだが、そもそも、妻は、競馬に全く無知
無関心。仕事など頼むのも初めてのことで、
嫌な顔はされなかったが、何というか、その
時間、夫婦の間で微妙な空気が漂っており、
正直、もう一度頼みづらい。

馬体を見ても、ゆっくり見極めができないと
いうか、もたもたできない無言のプレッシャ
ーを感じながらの初見だった。

ただ、自分で今までのように、エクセルへの
入力作業をする気力も時間もない。データ化
と違い、外注もしづらい。

以上、とにかく、また妻の様子を見計らって
作業を頼んでみようと思う。レポート完成は
しばしお待ちを。


では、ここから今週の重賞馬体診断を。馬体
の特徴は、全馬<馬体データ>を明記したの
で、今走評価は簡潔に行く。 



今回<馬体写真あり>
────────────────────
ブレスジャーニー
----------------------------------------
適 性|AN型-MI(加速-マイル~中距離)
脚 質|差し
一 言|あのドリームジャーニーと名前が似ているだけじゃない
----------------------------------------
[全体]
シルエ|正方形
上体軸|標準~高め
下体軸|標準~高め

[上体]
前 駆|肩口{角;標準~浅め、尺;短め}
中 間|腹回り標準
後 躯|トモ{角;標準~平尻、尺;標準}

[末端]
前振子|首差{尺;標準~短め、量;標準~軽め}
下振子|四肢{尺;長め、量;軽め}
下サス|飛節{位置;高め、量;小ぶり、角;直飛}
----------------------------------------
一言でも書いたが、馬名が似ているドリーム
ジャーニーと同タイプ。ドリームジャーニー
は、過去当馬体診断で「中山の鬼」と評した
【加速A型】マイラー仕様の馬体。本馬は、
より硬さがあり、規格素材も劣る。

以上、今回仕上がりは良い。ただ、振り子の
速さやハンドリング性能が強みという造りで
、小回り急坂などの条件があるほうが良い。

まぁ、適性一息な東京でも、スローや今風の
高速馬場は向く構造ではある。そういえば、
先週のロードクエストも似た構造の馬体だ。



今回<馬体写真なし>
────────────────────
結局、馬体を見ると、色々と解説したくなり
、簡潔に書けなかったので、ここから端的に
いく。

サラキア
父ディープインパクト産駒らしい馬体好素材
と記憶。再見したが、これはまだまだ走って
くるだろう。適性高めで、ここは強引先行で
もしなければ、安定して差してくるのではな
いか。



▽<馬体データ>の見方

-【タイプ】-----------------------------
適 性|大きく「加速A~万能(中立)N~持続C」型の3タイプ、細かく「T(根幹)、N(中立)、L(非根幹)」3タイプで分類。プラス「ベスト距離、距離レンジ」
脚 質|馬体から適した乗り方
一 言|馬体を一言で言えば…

-【特 徴】-----------------------------
[全体]全体的なシルエット、上下の軸位置(上下バランス)
[上体]前駆、中駆、後駆(上半身)の特徴
[末端]振り子となる前末端、下末端(土台下半身)の特徴

-【今 走】-----------------------------
出走レースへの評価解説


▽<馬体写真>参照元


No.802 2019年06月02日 07:00   カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
  • 06/02(日)
    東京11R
    安田記念(G1) レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 3 5 インディチャンプ 1:30.9
    2 1 2 アエロリット クビ
    3 7 14 アーモンドアイ ハナ
    払戻金
    単勝 5 1,920円 4番人気
    複勝 5
    2
    14
    290円
    240円
    110円
    4番人気
    3番人気
    1番人気
    枠連 1-3 4,010円 14番人気
    馬連 2-5 5,670円 16番人気
    ワイド 2-5
    5-14
    2-14
    1,460円
    600円
    470円
    15番人気
    4番人気
    2番人気
    馬単 5-2 13,660円 35番人気
    3連複 2-5-14 3,690円 8番人気
    3連単 5-2-14 43,720円 118番人気
    WIN5 7,727,180円 4番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    5着 2 4 サングレーザー 26.9 6 58.0 牡5 岩田康誠 栗東浅見秀一 486.0
    4着 3 6 グァンチャーレ 103.3 13 58.0 牡7 松岡正海 栗東北出成人 472.0
    13着 5 9 スマートオーディン 73.7 12 58.0 牡6 池添謙一 栗東池江泰寿 500.0
    15着 6 11 エントシャイデン 178.9 14 58.0 牡4 田辺裕信 栗東矢作芳人 474.0
    9着 8 16 ロジクライ 70.5 11 58.0 牡6 武豊 栗東須貝尚介 512.0
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】東京
【距 離】1600m 芝・左
【適 性】C/T型-M(持続/根幹-マイル)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|3頭
111|インディチャンプ、グァンチャーレ、他4頭
110|モズアスコット、他3頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★2頭
☆グァンチャーレ、他1頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開
────────────────────
ダービーも終わり、一段落したこともあり、
少し雑談を。

今週、先日購入のPOG本に掲載の2歳馬の
馬体をざっとチェックしてみた。いい馬体が
チラホラいた。

ここ数年、なかなか競馬への時間がとれず、
毎年恒例だった<2歳馬の馬体診断>の評価
レポートも作成、公開できていない。

今年も自分で見て楽しむだけで終わりそうだ
な、と思ったが。

そう言えば、今春か公開した『馬体の独自ノ
ウハウ記事』すら、第一回以降、書くに至っ
ていない。

本当に、読者の方には申し訳ない限り。

今はもうレース観戦すらせず、先のダービー
も結果をネットでググる程度。競馬と言えば
、こうして毎週の重賞出走馬の馬体写真と、
JRA出走表程度しか見ておらず、完全に、
競馬を楽しむ熱は冷え切っている。

が、未だ馬体は好きで見るのは楽しい。また
、こうして毎週馬体診断を公開すること自体
、趣味や遊び感覚では行っておらず、仕事と
して真剣に行う気持ちにぶれはない。

このままでは、今年も<2歳馬の馬体評価>
も公開せず、馬体ノウハウ記事も公開がいつ
になることやらと思い、先ごろ思い切って、
POG本掲載馬のリスト化を外注した。

個人的に、POG自体に全く無縁興味がなく
、タイミング的にも、それに参考になるもの
ではないかもしれないが、来週あたりから、
時間がある時に、<2歳馬の馬体診断評価>
をリストができ次第、記入していく予定。

また、レポートとして出来上がり次第、お知
らせ致します。

以上、しばらくは<2歳馬の馬体診断評価>
レポート作成のため、毎週のこの馬体診断予
想は、解説などより端的に一気に綴る予定。

ご了承ください。



今回<馬体写真あり>
────────────────────
インディチャンプ
----------------------------------------
適 性|NN型-M(万能-マイル)
脚 質|中立
一 言|中型バイクに原付ホイールをつけてみた…そんな構造だな
----------------------------------------
[全体]長方形。軸位置は、[上体]標準、[下]低い。
[上体]前は、可動(肩口)角深め。中間は、腹回り厚め。後は、可動(尻トモ)の角斜尻、尺は標準~短め。
[末端]首差し標準小ぶり。四肢は、前後とも管尺比重が短く軸低い。飛節は、量適度で折深め(曲飛気味)。
----------------------------------------
やはり、色々と書いてしまう。より端的一言
でいく。

本馬の造りは、すでに<馬体データ>を公開
済だったので転載。とにかく、可動域は広め
もそれを活かし切れない短足。

以上、単調なSP勝負ならいいが、燃費効率
の悪さを内存した構造にあり、馬体的には、
G1馬というには物足りない素材。

が、まぁ、燃費が問われない整備され過ぎた
馬場といった感がある今のレースでは、こう
した馬体でも、最後までSP惰性が続いてし
まい好走も十分あり得るのだろう。



グァンチャーレ
もう少し上背があればなという【持続C型】
構造の馬体。うーん、加齢というか仕上がり
がもう皮一枚厚いな。

ズバリ、決してSP絶対値の高さが強みでも
なく、ゼロスタートからの加速向きの構造で
もないものの、先行策をとっているあたりが
、良くも悪くも、本来の適距離よりも、短め
距離での好走になっている感。

以上、スタート後、この馬体が負荷なく出せ
るマイペースの完歩SPで、それで結果、好
位置にいることができれば、後は、溜め過ぎ
ずに早めギアチェンジで最高速にもっていく
ことができれば、持続性能はメンバー屈指の
ものがあり、一発もあるかな。

そうだな、スタート後、オートマ、道中から
ミッションでギアチェンジ…そんな乗り方が
できるかどうか、それができなければ、SP
面や距離適性からも、勝ち負けは厳しい。



モズアスコット
胴長背垂れの低重心。先のフィアーノロマー
ノとタイプ的には同じ、馬体癖馬。

ズバリ、単調なワンペースのSP惰性勝負が
良いが、SPの連動が甘く、筋肉比重過多で
土台も低い故、距離限界があるという構造。
マイル付近なら、1600より断然1400
ベターという馬体だ。

以上、この手の馬体が、東京の根幹マイルを
勝つ時代、否、勝てる馬場やペースなのが、
今の競馬を象徴しているかな。

正直、本馬の馬体では、最後まで心肺や可動
エネルギーなど燃費がもたない、そんな流れ
をG1では期待したいが。まぁ、今の高速馬
場では、そのあたりは期待しづらいかな。

ちなみに、これまで何度も紹介してきたが、
本馬なども、「胴長故に、長距離向かない」
というやつだ。

これは、<巷の馬体の見極め方>とは正反対
の基準、<当診断独自の見極め方>の一つ。

そういえば、これについて次の【特集記事】
でわかりやすく解説しようと思っていたが、
なかなかそれを書く時間がなく、ここでまた
ふれた以上、一先ず、簡単に解説しておく。

「胴長故に長距離向かない」とは
----------------------------------------
ズバリ、本馬のような馬体は

<静止時の1ピッチの尺>自体は長めの構造
も、同時に、その尺の長さ故に、<動作時に
必要なエネルギー量も高くなり易い>構造。

つまり、ピッチ数が増えれば増えるほどに(
長時間走行であればあるほどに)、消費燃料
も高くなり易い構造というわけだ。

だからこそ、巷に蔓延しているような、

「胴伸びあるため、長距離向き」

こうした<一方的な定義>は、馬体パーツの
「胴」に関してはあてはまらない。これが、
私独自の見極め方だ。

他にも、「飛節」なども同様だ。それ単独で
は、決して<一方的な定義(適性)>を判断
するのはNGな馬体の部位と言える。

以上、世の馬体解説は、面白いほどに、馬体
を<一方な定義>で判断見極めをしている。

よく馬体の見極め方として、反面教師として
ほしいと例に挙げる『馬体フォーカス』など
の解説も、面白いように、いわゆる「馬体の
常套文句」に忠実だ。

まぁ、それが正しいか否かは、ご自身で最終
的に判断してほしい。私自身も、昔はそれら
巷同様の基準で見ていた時期もあった。

ただ、それでは行き詰まってしまったため、
今では

「馬体の常套文句」ありきではなく
「馬体を離れ、乗り物の力学」ありき

これに変えたことで、全てが変わり、今の見
極め方に至っている次第。
----------------------------------------


※つづき完全公開はプレミア記事にて


▽<馬体データ>の見方

-【タイプ】-----------------------------
適 性|大きく「加速A~万能(中立)N~持続C」型の3タイプ、細かく「T(根幹)、N(中立)、L(非根幹)」3タイプで分類。プラス「ベスト距離、距離レンジ」
脚 質|馬体から適した乗り方
一 言|馬体を一言で言えば…

-【特 徴】-----------------------------
[全体]全体的なシルエット、上下の軸位置(上下バランス)
[上体]前駆、中駆、後駆(上半身)の特徴
[末端]振り子となる前末端、下末端(土台下半身)の特徴

-【今 走】-----------------------------
出走レースへの評価解説


▽<馬体写真>参照元


記事全文を読む

※この記事は2019年06月02日 15:50まで500円で販売していました。

No.801 2019年05月26日 08:21   カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
  • 05/26(日)
    東京11R
    東京優駿(G1) レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 1 1 ロジャーバローズ 2:22.6
    2 4 7 ダノンキングリー クビ
    3 7 13 ヴェロックス 21/2
    払戻金
    単勝 1 9,310円 12番人気
    複勝 1
    7
    13
    930円
    210円
    190円
    9番人気
    3番人気
    2番人気
    枠連 1-4 7,150円 18番人気
    馬連 1-7 11,200円 23番人気
    ワイド 1-7
    1-13
    7-13
    1,990円
    2,280円
    380円
    18番人気
    20番人気
    3番人気
    馬単 1-7 47,090円 66番人気
    3連複 1-7-13 12,050円 30番人気
    3連単 1-7-13 199,060円 355番人気
    WIN5 29,189,530円 12番人気
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】東京
【距 離】2400m 芝・左
【適 性】C/T型-L(持続/根幹-長距離)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――――
113|2頭
112|3頭
111|エメラルファイト、他6頭
110|5頭
109|1頭
――――――――――――――――――――


▼馬体のタイプ別分類
――――――――――――――――――――
心肺高、省エネ
サートゥルナーリア
タガノディアマンテ
エメラルファイト


持続系~SP一息
シュヴァルツリーゼ
メイショウテンゲン
ヴィント
リオンリオン


万能バランス型
ダノンキングリー
ロジャーバローズ


中立ハンパ型
ランフォザローゼス
サトノルークス
ニシノデイジー
マイネルサーパス


持続系~淡泊単調
アドマイヤジャスタ
ヴェロックス
レッドジェニアル
クラージュゲリエ
ナイママ
――――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――――
◎1頭
★2頭
☆エメラルファイト、他1頭
▲1頭
――――――――――――――――――――



▼馬体診断~結論 ※プレミア記事完全公開

今回、<馬体データ>公開は

サートゥルナーリア ※公開済
ヴェロックス ※公開済
エメラルファイト ※新規公開

以上の三頭。他は【今走】評価解説のみ。



今回<馬体写真あり>
――――――――――――――――――――
ヴェロックス
-【タイプ】-----------------------------
適 性|CL型-I(持続非根幹-中距離)
脚 質|先行ベター
一 言|大枠で父似もより万能な造り

-【特 徴】-----------------------------
[全体]
シルエ|長方形
上体軸|標準~低め
下体軸|標準~低め

[上体]
前 駆|可動(肩口){角;標準~深め、尺;標準}
中 間|腹回り標準
後 躯|可動(トモ){角;標準、尺;標準}

[末端]
前振子|首差し{尺;長め、量;薄く軽量}
下振子|軸位置;標準~低め、飛節「量;上々、角;標準}

-【今 走】-----------------------------
本馬の詳細な馬体解説は、今回<皐月賞>時
の記事を無料公開しており、そちらを参照。

以上、父より直線的な骨格アウトラインから
も、万能堅実さはあるものの、可動や容量の
遊びが物足りず。

確かに、メンバー比では、コース&距離など
今走適性で最上位ではあるものの、馬体チャ
ンピオン系の大物サートゥルナーリアを負か
す要素としては、やはり、父や同父産駒のア
ドマイヤジャスタほどの特化仕様の馬体では
なく、善戦期待は高いが、逆転期待は低め。



エメラルファイト
-【タイプ】-----------------------------
適 性|NT型-MI(万能根幹-マイル~中距離)
脚 質|差しベター
一 言|排気量抜群だが、もう少し足回りが尺長なら

-【特 徴】-----------------------------
[全体]
シルエ|箱型正方形(縦長)、長躯短背
上体軸|標準~低め
下体軸|標準~低め

[上体]
前 駆|可動(肩口){角;深め、尺;長め}
中 間|腹回り厚い
後 躯|可動(トモ){角;標準~深め、尺;標準}

[末端]
前振子|首差し{尺;標準、量;薄め}
下振子|軸位置;標準~低め、飛節{量;標準、角;標準~曲飛}

-【今 走】-----------------------------
初見の2歳時<朝日杯>で、その特筆すべき
特徴が目に留まり、確か本命◎を打った気が
する本馬。

ズバリ、その特徴とは、上体の前駆から中間
までの造りである。一言で懐が深い。

具体的に、き甲からの肩甲骨と上腕骨がおり
なすバランス容量。腹袋からキレ上がる下腹
アウトラインなど。

そこから、傾斜がある胸骨、楕円形の肋骨構
造が想像できる。それは、心臓が収まる容量
の大きさと併せ、運動時の胸腔の収縮し易さ
を意味する。

これは、父クロフネの上体の容量の大きさ、
母父スペシャルウィークの上体の可動尺長と
いう特徴を引き継いだ故だろう。

以上、馬体のタイプとして、今回で言えば、
大本命サートゥルナーリアと同じ。いわゆる
馬体チャンピオン系の部類。

ただ、本馬はサートゥルナーリア比で、より
「前振りの尺短め、トモ容量が小ぶり、四肢
の軸位置も低め」など、少し上体過多のバラ
ンスだ。

仮に、サートゥルナーリアと同じ筋肉量がつ
いた場合、振り子幅の低下や心肺負荷の増加
など、SP面の低下、長時間走行でのリスク
が上がる。

とにかく、SPを求められるスローや上がり
が速い高速決着では、ライバル比で厳しい。

かと言って、ハイペース過ぎると、心肺機能
が高くとも、容量過多故負荷も大きいなど。
燃費性能の面でリスクも同時に上がる。

リスクを抑え、強みのみ最大限活かすには、
消耗戦でも時計がかかる馬場など、もう一つ
激走には後押しがほしいかな。


※つづき、全馬の馬体解説はプレミア記事完全公開


▽<馬体データ>の見方

-【タイプ】-----------------------------
適 性|大きく「加速A~万能(中立)N~持続C」型の3タイプ、細かく「T(根幹)、N(中立)、L(非根幹)」3タイプで分類。プラス「ベスト距離、距離レンジ」
脚 質|馬体から適した乗り方
一 言|馬体を一言で言えば…

-【特 徴】-----------------------------
[全体]全体的なシルエット、上下の軸位置(上下バランス)
[上体]前駆、中駆、後駆(上半身)の特徴
[末端]振り子となる前末端、下末端(土台下半身)の特徴

-【今 走】-----------------------------
出走レースへの評価解説


ページの先頭へ