馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
いいね3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2017/10/15 01:49


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2017年10月  >
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
紹介文
創刊もうすぐ5年目、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・これまでの「馬体の見方」とは全く異なる相馬眼
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質まで
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな「馬体」ながら、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R



■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時
・章(1頭)単位で随時公開
・場合によっては公開しない週もあり



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.673 秋華賞 馬体診断予想~馬体コメントはごまかせない!書くなら相応の覚悟が必要だ
2017/10/15 07:10:00
カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
▼馬体レーティング

▽分布 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|2頭
111|アエロリット、他2頭
110|他全馬
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★2頭
☆1頭
▲アエロリット
―――――――――――――――――



▼馬体解説 ※プレミア記事完全公開

牝馬3冠で最後の位置づけとなるこの
秋華賞。

馬体的に、好馬体の馬が走りづらく、
馬体が凡庸な造りの馬のほうが走り易
いコース形状にある。

つまり、能力&馬体ともに、ハンパな
馬でもごまかしがきく舞台。

レース結果への馬体影響度がJRAの
G1でも最も高い次週の牡馬3冠目<
菊花賞>と比べ、真逆に近い位置づけ
と言えるレースだ。

つまり、馬体をみてもあまり有効では
なく自信はない。



今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
カワキタエンカ
初見。真っ先に「ある部分的な癖」が
目に付く馬体で、案の定、成績を見て
みて、やはり「先行しているんだな」
という馬体。

もし、本馬をぱっと見て「全体にバラ
ンス良い」などというようでは、まだ
まだ馬体を見ている絶対数が足りない
証拠だ。

ズバリ、その「部分的な癖が何か?」
これが見抜けないようでは、それは、
例えるなら、
----------------------------------
・イージーライダーばりのチョッパー
ハンドルのバイクをみて、そのカスタ
ムに気づかない
・リアタイヤがパンクしているバイク
をみてその異変に気づかない
・小柄ながらバスト100cm超の巨
乳ちゃんをみてスタイル標準と思う
----------------------------------
その感じだ。

もう「バイク、女性、馬体への見識が
あるのか?」を疑うどころではなく、
そもそも「本当に見た?」「目でもつ
ぶっているのか?」とでもつっこんで
しまうレベルだ。

と、まぁいつもの≪某サイト≫の馬体
解説の話なのだが。

ズバリ、こうした<明らかな相馬眼の
無さ>がありながらも、それに反し、
<馬体専門用語を交えた適性解説>な
どをコメントしている文面から、次の
ことが推測できる。
-----------------------------------
その著者は、「馬体を見極めて判断し
コメントを綴っている」のではない。

ただ、「馬体以外の個人的先入観(過
去レースぶりや血統他から抱く各馬の
印象)に合うように、馬体の専門用語
や適性文言を色づけしてコメントして
いる」に過ぎない。
-----------------------------------
いわゆる「カーブフィッティング、結
論ありきの後付け」というやつだ。

確かに、馬体コメント「たった一言」
で何がわかるのか?…と思う人もいる
かもしれない。

が、どんな分野でも、プロや基本がで
きている者ならば、「絶対に発しない
一言」というものがある。

昔から言っているが、相馬眼がない&
生半可なレベルで綴った馬体コメント
は、いかに巧妙に綴ろうとも、絶対に
ごまかせるものではない!

そのあたり、大手メディアは本当に肝
に命じてほしいところだ。



アエロリット
余計な愚痴が長くなったのでここから
簡単に。先に述べたが【持続C型】が
ベースにある筋肉量など安定した【万
能N型】。今回、少しゆとりある仕上
がりだが、動けるレベルにある。

以上、自らタフな流れに持ち込む競馬
が良い。積極策がよろし。一方、待ち
の競馬では、SP絶対値や軽さからも
、善戦の域を出づらいだろう。

ということで、最内枠では後手を踏ん
だときのリスクが高くなる馬体だ。



今回<馬体写真なし>
―――――――――――――――――
ハローユニコーン
個人的に好みの部類故に、その癖アラ
が残念だなというシルエットが浮かん
でいる。軽く尺長で可動深み小ぶりと
いうこの記憶で間違いないと思うので
再見はしない。




▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★2頭
☆1頭
▲アエロリット
―――――――――――――――――



この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.672 京都大賞典 馬体診断予想~世の中、政治家も馬体メディアもいい加減なものが多過ぎる
2017/10/09 07:10:00
カテゴリー: G2
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】京都
【距 離】2400m 芝・右 外
【適 性】C/T型-L(持続/根幹-長距離)



▼馬体レーティング

▽分布 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|シュヴァルグラン、他2頭
111|2頭
110|1頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○シュヴァルグラン
★1頭
☆1頭
―――――――――――――――――



▼馬体解説 ※プレミア記事完全公開

変則開催のため、一気に総評にて書き
上げる。


毎日王冠と比較して、馬体的にもかな
りローレベルなメンバー構成。

まず、前日の馬体診断と重複するが、
「ダービー馬マカヒキは、なせ馬体的
にベストの弱メンバー相手のここでは
なく、強敵相手、しかも距離不足とな
る毎日王冠に使ったのか?」

近年というか、そもそも毎日王冠で、
馬体長距離砲が勝ち負けした記憶など
ほとんどない。

かろうじて、思い当たる馬と言えば、
昔も昔、あのイナリワンくらいだ。

馬体は本格派で高評価しているマカヒ
キだが、能力は一転、過去レースパフ
ォーマンスがG1馬として凡庸で物足
りず。

無論、能力がイナリワンにおよぶわけ
もなく、結果も予想通り。負けるべく
して負けた一戦と言える。

まぁ、馬体や能力以外の色々な事情が
陣営サイドにはあったのだろう。


と、話を出走メンバーに戻す。

ざっと見渡して、無難に馬体最右翼は
シュヴァルグランかな。

よく、その馬体「胴短だけど、長距離
向きだよ」と、その骨格構造のわかり
易さなど、再三例として解説している
馬だが、今回、適性屈指で相手関係か
らも、この馬中心でしかたがない。

しかしながら、<馬体写真>のみ参考
にしている某サイトの馬体コメントが
「微妙なニュアンス」になっている。
ズバリ、「胴長」が消えている。

確か、その某サイトで、本馬の馬体を
「胴長」と解説してあったのをみて、
さすがにそれはないなと、仰天驚いた
のが、当馬体診断で本馬の細かな馬体
解説をするに至ったきっかけだったは
ず。

まぁ、さすがに、本馬の馬体を何度も
見ていくうちに、「胴長」というには
、あまりにも無理があり過ぎるのに、
ようやく気づいたのだろう。

とにかく、公の大手メディアの馬体に
関するものは、なぜこうも素人レベル
ばかりなのか?、昔から変わらないが
不思議でしかたがない。


と、一気に書き綴るとまとまりがなく
馬体解説以外の愚痴も多くなってくる
のでこの辺で。

フォローしておくと、馬体解説として
競馬○ックよりは、馬体○ォー○スの
コメントのほうが、まだ、全然まとも
な時が多い。○ックはど素人問題外。


他、話を戻す。…つづきプレミア記事完全公開

予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○シュヴァルグラン
★1頭
☆1頭
―――――――――――――――――



この記事はプレミアム記事です。

100pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.671 毎日王冠 馬体診断予想~馬体の見極めには「1.印象、2.特徴、3.適性」までの三段階がある
2017/10/07 22:23:31
カテゴリー: 馬体の基本解説 G2
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】東京
【距 離】1800m 芝・左
【適 性】C/L型-MI(持続/非根幹-マイル中距離)



▼馬体レーティング

▽分布 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|サトノアラジン、他2頭
111|1頭
110|2頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★ヒストリカル、他1頭
☆1頭
▲サトノアラジン、他1頭
―――――――――――――――――



▼馬体解説 ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
サトノアラジン
牡馬らしい雄大なき甲までの前背線ア
ウトラインや皮膚質の良さなど、血統
がいかにも良血っぽいのもあり、いわ
ゆる「素人ウケしそう」な馬体。

つまり、馬体の知識なく「漠然と見る
」者にとっては、好印象を抱き易いこ
とが想像できる。この手はパドックな
どで見栄えがするタイプだ。

が、その馬体をしっかり「骨格(構造
)的に見ていく」と、非常に特徴的な
造りにある。結論から言えば、よく言
う「緩くはないが【持続CL型】構造
の典型」だ。

具体的に、首差しや四肢などサスペン
ションの長さや骨量に対し、その前後
連動の伸び一息(胴短)、かつ、前後
の懐も浅め(上腕&大腿骨小ぶり)。

簡単に言うと、長躯短背も重心高いい
わゆる「キリンさんタイプ」の構造。
同週の重賞<京都大賞典>に出走して
いるシュヴァルグランなどもはこの手
のタイプだ。

その構造は、生粋の長距離ステイヤー
の馬体ほどの【持続】構造にはない。
が、その分、瞬間的な加減速には優れ
ており、ズバリ、「長距離戦ならスロ
ーが良い」、これが馬体から推測でき
るわけだ。

また、本馬は、3歳時よりも前後駆動
部の筋肉量も増加に傾向あり、よりS
P短距離仕様にシフトしている。

以上、今回少し具体的に、<特徴から
適性までの見極め>を書いてみた。

とにかく、あくまで実績はマイルG1
勝馬だが、今回のような中距離の緩い
流れとなり易い非根幹2200や18
00こそ、馬体的には走り易い構造に
ある。



今回<馬体写真なし>
―――――――――――――――――
ヒストリカル
その馬体、ディヴァインライトやアド
マイヤマックスなどとかぶる馬。

一目見てわかる母父ノーザンテースト
の色が出たマイル中距離仕様。スケー
ルは凡庸も、SP絶対値の高さを誇る
造り。

つまり、その距離適性とSP強みがあ
れば、適距離レンジでは堅実に走れ、
同時に、少し短めの距離では、タフな
流れとなった際、ハマッたときの差込
は強烈と言えるのだ。

個人的に、もう何年も参戦を熱望して
いるのだが、ズバリ、中京1200<
高松宮記念>でこそ、激走臭ぷんぷん
の馬体なのである。

以上、今走適性屈指の一頭で、仕上が
り次第で堅実に走れるだろう。

そういえば、本馬を管理する音無調教
師と言えば、あの歴史的名馬体アドミ
ラブルを管理しているはず。他、アン
ビシャスといい、東京向きの薄く軽い
【持続C型】馬を見抜く相馬眼がある
模様。

もし、その相馬眼に、馬体の構造的な
適性判断ができていれば、G1<高松
宮記念>参戦は実現していたのではな
いか。

もうすでに8歳、何度も言うが、残念
無念のローテーションだ。



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★ヒストリカル、他1頭
☆1頭
▲サトノアラジン、他1頭
―――――――――――――――――



この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.670 2017 サウジアラビアロイヤルC 馬体診断予想
2017/10/07 09:44:49
カテゴリー: G3
  • 10/07(土)
    東京11R
    サウジアラビアロイヤルカップ(GIII)
    レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 1 2 ダノンプレミアム レコード
    2 8 16 ステルヴィオ 1 3/4
    3 7 13 カーボナード 1 1/4
    払戻金
    単勝 2 360円 2番人気
    複勝 2
    16
    13
    150円
    120円
    290円
    2番人気
    1番人気
    6番人気
    枠連 1-8 450円 1番人気
    馬連 2-16 500円 1番人気
    ワイド 2-16
    2-13
    13-16
    230円
    770円
    610円
    1番人気
    9番人気
    7番人気
    馬単 2-16 1,010円 2番人気
    3連複 2-13-16 2,000円 4番人気
    3連単 2-16-13 6,920円 9番人気
    WIN5
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】東京
【距 離】1600m 芝・左
【適 性】C/T型-M(持続/根幹-マイル)



▼馬体レーティング

▽分布
―――――――――――――――――
※現在の<馬体写真>なし算出省略
―――――――――――――――――



▼予想印 ※文末公開
―――――――――――――――――
―――――――――――――――――



[全部読む]
タグ: 未設定
No.669 スプリンターズSの馬体診断予想~馬体的にエイシンワシントンとフラワーパークの再現か!?
2017/09/30 19:07:28
カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】中山
【距 離】1200m 芝・右 外
【適 性】A/T型-S(加速/根幹-スプリント)



▼馬体レーティング

▽分布 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
113|1頭
112|3頭
111|3頭
110|ダイアナヘイロー、他5頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★シュウジ、他1頭
☆1頭
▲2頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

その昔、大好きだったエイシンワシン
トンがフラワーパークに僅か数センチ
差で敗れたこのスプリンターズS。

後楽園のウインズで、エイシンの単勝
を握り締め、写真判定の行く末を祈る
ように待っていた…その情景や感覚は
いまだ鮮明に蘇る。

それが今もって、人生最初で最後の大
博打かな。

毎年、このレースがくるたびに、当時
をふと思い出すのだが。


今回、出走メンバーを見渡し、馬体的
にも、そのエイシンとフラワーの構図
がかぶる二頭がいる。

SP絶対値&【加速A型】性能抜群で
バリバリの短マイル仕様のエイシン

スプリンターよりマイラー仕様で軽さ
も素晴らしい【持続C型】のフラワー

どの二頭がそうなのか…一目瞭然だ。



今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
ダイアナヘイロー
父系の<リファール~>というのは、
当馬体診断でよくその名が解説に出て
くるかと思う。

その血統は、ダンシングブレーヴ然り
、ホワイトマズル然り、非常にわかり
易い馬体の特徴がある。

仮に、その血が3代以内に入っている
馬なら、馬体を見ただけで大体わかる
もので、その傾向は、馬体上級素材に
なればなるほどより顕著な印象だ。い
わゆる「遺伝力の強さがある種牡馬」
と言えるかな。

以上をふまえて、本馬の場合は、その
リファールの血があるとは、馬体を見
ただけでは正直わからなかった。実際
、父系らしい良さより、母方ロベルト
系の影響のほうが強い馬体だ。

話が逸れたが、今走については、素材
(馬体の格)やSP絶対値において、
G1勝ち負けまでは疑問。適性の高さ
で善戦ならといったところ。



今回<馬体写真なし>
―――――――――――――――――
シュウジ
ネロ同様、典型的な【加速A型】短距
離馬という馬体。かつ、【加速A型】
馬特有の骨格癖が強過ぎず、バランス
の良さもある馬。

昨年も言ったかと思うが、初見の2歳
時の時点で、中山根幹1200がベス
トの馬体で、「このスプリンターズに
出たら狙いたいな」と思った馬。

今回、仕上がり不明。馬体の素材スケ
ールやSP絶対値もこのクラスでは標
準レベルのため、いかにここがベスト
な舞台とは言え、パンチに欠けるのは
否めない。

ただ、近走の大敗凡走は、馬体的にみ
ると、その「乗り方」にも問題あり。

本馬は、【加速A型】馬に多い先行(
ゼロスタート)向きに偏った骨格構造
ではない。そもそも、そうでない骨格
バランスの良さが強みでもある。

また、先行して押し切れるほどの持続
や心肺機能を兼ね備えている造りでも
ない。

つまり、同じスプリントのスペシャリ
スト相手なら、SP絶対値が抜群の造
りでもない以上、前半から負荷をかけ
る逃げ先行より、差しに徹するほうが
、レースパフォーマンスを上げられる
可能性が馬体から推測できる。

以上、まだ4歳馬と加齢の影響でSP
絶対値が低下して走れなくなったとは
考えにくい。

馬体的には、ぜひここで差しに徹して
の競馬をみたいところだ。




以上、エイシンワシントンとフラワー
パークの馬体&決着に思いを馳せて、
印を打ってみた。



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★シュウジ、他1頭
☆1頭
▲2頭
―――――――――――――――――



この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ