馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
お礼3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2017/02/19 05:49


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
カレンダー
<  2017年2月  >
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
紹介文
創刊もうすぐ5年目、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・これまでの「馬体の見方」とは全く異なる相馬眼
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質まで
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな「馬体」ながら、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R



■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時
・章(1頭)単位で随時公開
・場合によっては公開しない週もあり



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.615フェブラリーS 馬体診断予想~素材別格…なのは当然か
2017/02/19 07:00:00
カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】東京
【距 離】1600m ダート・左
【適 性】C/T型-M(持続/根幹-マイル)



▼馬体レーティング  ※プレミア記事完全公開

▽分布
―――――――――――――――――
112|2頭
111|コパノリッキー、他2頭
110|8頭
109|1頭
―――――――――――――――――
000…今走馬体写真なしレート未算出
***…馬体不明



▼予想印  ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★1頭
☆ノンコノユメ、他2頭
▲1頭
見モーニン
―――――――――――――――――



▼馬体結論

今年は、なかなか馬体的に多彩なメン
バーが揃った感。

と言っても、正直、昨年の出走馬自体
ほぼ憶えていない。先ほどモーニンが
勝ち馬だったことを何となく思い出し
た程度だ。

ただし、今年は違う。

特に、本命◎を打つか迷った二頭につ
いては、来年も憶えていそうだ。



凡穴☆三頭
―――――――――――――――――
ノンコノユメ
仕上がり上々。芝&中距離仕様の馬体
で、ダートの短マイル戦では、出走馬
でも異端的な造り。

ただ、以前も解説したが、「ダート馬
らしい馬体」と、「ダートの一流馬の
馬体」は全く異なる。

ダートだろうと、G1勝ちなど一流馬
の馬体とは、芝向きが主流。最近では
、ホッコータルマエやワンダーアキュ
ート、グレープブランデーなど。かの
馬体逸材フリオーソなども同様。

G1の馬体定石の後押しもあり、芝馬
有利となれば。




他、様子見
―――――――――――――――――
モーニン
この馬体をして昨年の勝ち馬と、まさ
に、昨今のG1凡戦を象徴している。

確かに、全体的にアラはなく、先行向
きの堅実な良さがある造りだが、良く
も悪くもすべてにおいて、「振り切れ
ていない」馬体だ。

と、この言葉のニュアンスを、細かく
馬体解説せず、端的に伝えるのが難し
い。

ズバリ、「可動や連動の遊びをうまく
活かし切れるサスやギアを持ち合わせ
ていない」馬体。この説明でどうだ。
これでも小難しいか。

車やバイクでいう、各パーツの相性が
一息でセッティングが今一つと、結果
、凡庸な性能構造になっている。…と
益々バカな説明になっている気が。

とにかく、東京ではスロー&1400
ベター。根幹G1らしい「強い馬が勝
つ」レース向きではなく、「単調なS
P勝負で展開の手助けあり」なレース
向き。でも、SP的にも屈指の造りで
はないが。まぁ、仕上がりは良い。




▼予想印  ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★1頭
☆ノンコノユメ、他2頭
▲1頭
見モーニン
―――――――――――――――――



  • 02/19(日)
    東京11R
    フェブラリーステークス(G1)
この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.614小倉記念 簡易馬体予想~この馬体、あのG1でこそ狙うべき!
2017/02/19 07:10:00
カテゴリー: G3
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】小倉
【距 離】1800m 芝・右
【適 性】N/L型-MI(中立/非根幹-マイル中距離)



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

ざっと馬名を見渡し気になった馬体を
二頭挙げておく。


一撃★馬名プレミア記事公開
実は、もうずっと「あるG1に出れば
いいのに」と願っている本馬。

もうすでに●歳と、そろそろ引退など
、そのG1で狙うことなく終わる可能
性もあり、ここらでネタばらしを。

ズバリ、その馬体は、母父の良さを
引き継いでおり、第二の●●●●●●
ライトといった造り。

今回のようなフラット非根幹で、単調
なSP勝負となれば怖いSP絶対値の
高さもある。

同時に、そのSP絶対値の高さと基本
マイラー仕様の造りから、フラットの
根幹1200G1<高松宮記念>に出
てきてほしかった。と、まだ可能性が
ないわけではないだろうが。




▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★1頭
―――――――――――――――――




  • 02/19(日)
    小倉11R
    小倉大賞典(G3)
この記事はプレミアム記事です。

100pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.613京都記念 馬体診断予想~マカヒキの不安は唯一○○だ
2017/02/11 20:38:54
カテゴリー: G2
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】京都
【距 離】2200m 芝・右 外
【適 性】C/L型-I(持続/非根幹-中距離)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開

000…今走馬体写真なしレート未算出
***…馬体不明

▽分布
―――――――――――――――――
112|マカヒキ、他1頭
111|3頭
110|1頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★1頭
▲1頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

昨年のダービー馬マカヒキが復帰する
注目の一戦。



他、様子見
―――――――――――――――――

以下、距離ベストで適性高い二頭

アクションスター
馬体から先行ベストの造りながら、こ
れでもかと、頑なに差してくる本馬。
もし、人側に相馬眼があればと悔やま
れてならず、もうレースで走る姿が健
気で見ていられない。

逃げ期待でなら、今走適性最上位にあ
り、穴☆指名できるのだが、もう期待
する気もなく、印を打つこと自体悲し
くなるためやめておく。



ヤマカツライデン
本馬も造りは違うが、アクション同様
、前後連動甘い緩い造りの先行ベター
な馬体。こちらはしっかりと馬体に合
う騎乗をさせてもらえての現状。馬体
の持つポテンシャルは、十分発揮して
いると言える。

また、非根幹ベターの造りでもあり、
今回、前走比で条件好転する。が、仕
上りが甘く重めがあり、人気薄の穴☆
なら。



  • 02/12(日)
    京都11R
    京都記念(G2)
この記事はプレミアム記事です。

100pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.612共同通信杯 馬体診断予想~昨年同様、馬体逸材はいるのか?
2017/02/11 20:34:45
カテゴリー: G3
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】東京
【距 離】1800m 芝・左
【適 性】C/T型-M(持続/根幹-マイル)



▼馬体レーティング  ※プレミア記事完全公開

000…今走馬体写真なしレート未算出
***…馬体不明

▽分布
―――――――――――――――――
112|2頭
111|タイセイスターリー、他1頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★1頭
▲1頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

昨年は、数年に一頭といった馬体レベ
ルの逸材ハートレーに出会い、ぶった
まげた記憶にあるこの共同通信杯。

未だ、その馬体シルエットが、鮮明に
目に焼き付いている。つづきは、プレミア記事完全公開



他、様子見
―――――――――――――――――
タイセイスターリー
デビュー前と今回の馬体を見比べて思
うが、この血統は、かなり早熟で化骨
の成長が早い特徴があるのではないか
という点。

説明すると、デビュー前と現状とも、
本馬の馬体は、幼い若駒らしい全体バ
ランスの良さがある。が、これは、成
長途上に多い骨格バランスによるだけ
でなく、この血統特有の骨格でもある
のではということ。

兄ミッキーアイルがそうだったように
、サス軽さや尺など、<駆動>の造り
に対し、上体の<可動>バランス容量
が追い付いてこず、結果、いつまで経
っても、若駒に多いシルエットは変わ
らずという。いわゆる人間の女性でい
う、成人しても幼児体型とでも言えば
いいか。

と、ちょっとこのニュアンスをうまく
説明できないが、サス軽さや尺に目が
いくのは、その可動部の小ぶりさ故で
ある、とでも言えばいいか。

それを踏まえると、【持続C型】で適
性高さあり、現時点の仕上がりも良く
、かつ、骨格完成度も実は高いという
評価となり、押え▲あたりが妥当も、
少頭数で印の見栄えで削減する。


  • 02/12(日)
    東京11R
    共同通信杯(G3)
この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.611クイーンC 馬体診断予想~馬体の見極めが難しい最大の要因とは
2017/02/11 07:10:00
カテゴリー: 馬体の基本解説 G3
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】東京
【距 離】1600m 芝・左
【適 性】C/T型-M(持続/根幹-マイル)



▼馬体レーティング  ※一部、プレミア記事完全公開

000…今走馬体写真なしレート未算出
***…馬体不明

▽分布
―――――――――――――――――
112|2頭
110|1頭
109|レーヌミノル
―――――――――――――――――



▼予想印  ※一部、プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★1頭
☆2頭
レーヌミノル、ディヴァインハイツ
―――――――――――――――――



▼馬体結論  ※一部、プレミア記事完全公開

馬体二強。二頭のタイプは異なるが、
レーティングの数値からも、かなりの
好素材。

この二強は、甲乙つけ難く評価に迷う
が、目先の本レースだけでなく、今後
マイルだけにおさまらないクラシック
王道向きスケールを優先し、本命◎を
決定。

また、今回馬体写真がない馬も、素材
や今走適性でおもしろい馬体もチラホ
ラ。

ズバリ、、日曜の牡馬が集まる<共同
通信杯>よりも、この牝馬重賞<クイ
ーンC>のほうが、馬体的に注目だ。



他、様子見
―――――――――――――――――
レーヌミノル
父産駒に多い【加速A型】短マイル仕
様の造りで、コース適性一息、距離も
マイルぎりぎりで東京では1400が
ベター。
 
先天的な成長である骨格と後天人為的
な成長である筋肉量の仕上がり両面の
アドバンテージがあり、スローの単調
な凡戦となれば出番もあるだろう。



ディヴァインハイツ
デビュー前の馬体を確認。父ハーツク
ライ産駒は、牝馬にマイラータイプの
馬体が出ることが多い印象にあり、本
馬もマイラーベース。
 
ただ、マイラーはマイラーでも、本馬
の場合、父の牝馬産駒らしいマイラー
という骨格とは異なる。上体の可動や
前後シルエットなど、骨格の特徴が、
よく見かける父産駒の牝馬とは一致し
ない。曲飛の癖ぐらいなものか。
 
こうした特徴が、母父Dubawiの
馬体傾向なのかは不明だが、この短厚
な要素は、父産駒にはないもので、明
らかに母父の影響だろう。父産駒にし
ては、【持続C型】ベストという造り
ではない。




  • 02/11(土)
    東京11R
    デイリー杯クイーンC(G3)
この記事はプレミアム記事です。

100pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ