馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
お礼3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2017/03/26 01:04


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
カレンダー
<  2017年3月  >
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
紹介文
創刊もうすぐ5年目、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・これまでの「馬体の見方」とは全く異なる相馬眼
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質まで
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな「馬体」ながら、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R



■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時
・章(1頭)単位で随時公開
・場合によっては公開しない週もあり



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.625高松宮記念 馬体診断予想~雨さえ降らなければSP最速の馬体がモノを言う
2017/03/26 07:10:00
カテゴリー: G1
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】中京
【距 離】1200m 芝・左
【適 性】C/T型-S(持続/根幹-スプリント)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開

000…今走馬体写真なしレート未算出
***…馬体不明

▽分布
―――――――――――――――――
111|4頭
110|ヒルノデイバロー、他5
109|2頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★2頭
ヒルノデイバロー、他1頭
見12頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

スプリントG1として、全体的な馬体
レベルは今一つと、馬体を見渡しても
テンションが上がってこない。流れや
能力次第でどうとでもなりそうなメン
バー構成だ。

そのため、馬体スケールやG1らしい
タフな一戦となることを想定せず、素
直に、適性の高さやSPの優位性があ
る馬体を高評価したい。

今回<馬体写真がない馬>に、その点
で、明らかに最右翼評価ができる馬体
がおり、その馬を単独で本命◎指名と
する。



本命◎…つづきプレミア記事完全公開



凡穴☆2頭
―――――――――――――――――
ヒルノデイバロー
初見。前走含め、これまで馬体未確認
ながら、ギャロップなどから想定した
馬体に可能性を感じ、常に一撃★など
本線評価をしてきたかと思う。

今回初の正姿勢での馬体確認となるが
、結論から言えば、少し期待ハズレ。
全体として、思った通りの骨格シルエ
ットだが、細部として一か所、明らか
に想定外の造りだった。

肩口可動、背線ライン、トモ含め四肢
サスなどは思った通り。やはり、典型
的大振りで淡泊さがある【持続CL型
】だが、これほど厚く短い首差しだと
は思わなかった。

父マンハッタンカフェ産駒の馬体上級
素材と言えば、古くアーバニティ、最
近ではゲシュタルト、グレープブラン
デーなど、やわらかみとサス尺軽さ、
筋肉量の薄さなどが共通するが、その
点でも物足りずタイプが異なる。どち
らかと言えば、父産駒でもエーシンモ
アオバーなどと同じ。

以上、大振りで小回りよりも競馬はし
易いだろうが、ローレベルとは言え、
平坦の芝G1で差し届くには、流れの
助けは必要。

また、期待していたまでの造りではな
く、これまで一撃★指名してきた時よ
りも、今回そこそこ人気が出ており、
一段印を下げてみる。



  • 03/26(日)
    中京11R
    高松宮記念(GI)
この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.624日経賞 馬体診断予想
2017/03/25 13:26:58
カテゴリー: G2
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】中山
【距 離】2500m 芝・右
【適 性】A/L型-L(加速/非根幹-長距離)



▼予想印
―――――――――――――――――
◎1頭
★1頭
―――――――――――――――――




  • 03/25(土)
    中山11R
    日経賞(GII)
この記事はプレミアム記事です。

100pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.623スプリングS 馬体診断予想~今年はかなりの馬体ハイレベルにある
2017/03/19 07:20:00
カテゴリー: G2
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】中山
【距 離】1800m 芝・右
【適 性】A/L型-MI(加速/非根幹-マイル中距離)



▼馬体レーティング  ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|2頭
111|モンドキャンノ、他2頭
110|1頭
―――――――――――――――――



▼予想印  ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
▲1頭
★モンドキャンノ
☆1頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

小回り中山の非根幹とアンフェア中途
半端な舞台でトライアルらしい一戦。

今年は、昨年比で明らかにレベルが高
い。かなり好素材が出揃っている。

なかでも、先週のフィリーズレビュー
勝馬カラクレナイ同様、今走適性など
評価は一息も、今後の伸びしろ含め、
大化けを秘めた馬体や、非常に好みの
馬体がいる。

とにかく、カラクレナイ同様、様子見
する以上、それらの馬体には、本番前
のトライアルで走って、巷に面割れし
てほしくなく、ここは程よく負けるの
が馬体&馬券的に理想なのだが。

まぁ、二頭とも適性ベストでなく、完
成度もまだまだ甘いので、さすがに、
ライバルが強力となる今週は、大丈夫
だろうと思いたいが。


以上、レベル高めの混戦と、馬体から
差を付けづらく予想難解。クラシック
本番前でもあり、さらっと解説で。



一撃★モンドキャンノ
―――――――――――――――――
ここでも素材の良さは目を引く本馬。
「首が○○、肩は○○、胴は○○、ト
モは○○、飛節が○○」など具体的な
「馬体解説」は、過去どこかでしたは
ず。わかり易い馬体でもあり省略。

そうした特徴から、馬体適性を見極め
ると、大枠でSP仕様、細部で距離融
通性とスタミナロスし易さが同居した
造りであり、ズバリ、【万能NL型】
、現状1400ベストとした短マイル
~中距離向きと言える。SP絶対値も
高く、ここでも破壊力は屈指。

ただ、大振りな馬体故、堅実に動ける
のかの不安は常にある。今回少し太め
もあり、前走同様、流れの外からの競
馬でないと、SPを活かせない可能性
が高くリスクもある。

小回りの中山で間に合うのか、ただ、
大振りだが、本馬の場合、フロント側
のハンドリング性能の高さがある構造
で、MAXSPに乗るまでの操作性は
意外と高いだろう。前駆がバイクでい
う倒立フォーク、と、細かなわかりづ
らい話になっていきそうなので、この
辺で自粛。

そういえば、この馬も今回のメンバー
で異色と言えば異色だな。



  • 03/19(日)
    中山11R
    スプリングステークス(GII)
この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.622阪神大賞典 馬体診断予想~今の時代、馬体マイラーだから長距離でつぶしがきくのかな
2017/03/19 07:10:00
カテゴリー: G2
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】阪神
【距 離】3000m 芝・右
【適 性】A/L型-E(加速/非根幹-ステイヤー)



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

代わり映えしないメンバー構成。一言
コメントと結論のみ。


111|サトノダイヤモンド
素晴らしきかな手脚の軽さ。他馬とは
素材の格が違うが、ベースはマイラー
だ。



110|タマモベストプレイ
ベースはマイラー、先行ベターと、現
状、馬体と脚質は一致しているものの
ローテが全く…というわけでも意外に
ないか。

SP絶対値が一線級の馬体マイラーや
スプリンター、または中距離馬と比較
しても甘く、意外と、骨格的な適距離
で戦ったら逆に厳しいかもしれない。



110|シュヴァルグラン
素晴らしきかなその可動。こちらもベ
ースはマイル中距離だが、SP凡庸で
長距離がいいのだろう。このあたり、
タマモと同じことが言える。




▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
111|1頭
110|シュヴァルグラン、他4頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★2頭
―――――――――――――――――




  • 03/19(日)
    阪神11R
    阪神大賞典(GII)
この記事はプレミアム記事です。

100pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.621フィリーズレビュー 馬体診断予想~内回りor外回り?
2017/03/11 18:10:00
カテゴリー: G2
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】阪神
【距 離】1400m 芝・右
【適 性】A/L型-SM(加速/非根幹-短マイル)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|レーヌミノル、他1頭
111|3頭
109|1頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○レーヌミノル
▲1頭
★2頭
☆2頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

これ毎年言っていると思うが、出走表
に阪神<1400m芝右>とだけ記載
があるJRA公式ホームページ。

つまり、今回内回り?外回り?不明。

<内回りと外回り>では、コース形状
が全く異なる。当然ながら、適した馬
体も真逆となり、評価予想も180度
逆転する。

これは、なにも馬体に限ったことでは
ないと思う。

が、こうしたレースにおける重要な基
本的情報の記載がない点など、ほんの
ちょっとしたことだが、だからこそ、
JRAの競馬ファン目線の欠落、いわ
ゆる「お役所仕事」が垣間見える。

それ以外にも、現在のJRAのCMや
毎年の重賞G1などレース名や体型の
改変にも、こうした「お役所仕事」、
「役所特有のセンスのなさや金遣い」
が現れているように思う。

競馬ファン目線、集客目線、ギャンブ
ル胴元目線、天下り先らしい役所目線
など、すべてがあるのが競馬だが、そ
れらすべての線引きに曖昧さがあるか
ら、どれ一つとっても、満足度が高い
サービスが構築できないのではないか
と、あくまで主観、偏見に満ちた目で
思っている。


以上、今回の<内回り外回り>など、
民間の競馬新聞や情報媒体で調べれば
わけないのかもしれない。

が、個人的に、それらを全く見ないス
タンスを貫いており、この程度の基本
情報など、ファンがわざわざ手間をか
け調べること自体、いかがなものかと
いう思いがあり、読者の方には、大変
申し訳ないが、何となくの記憶から、

<内回り>と仮定して評価予想する。


前置が長くなったため簡潔に。舞台は
、【加速A型】内回り1400という
今後桜花賞やオークスなどクラシック
と真逆と言えるアンフェアなコース。

レーティングの数値から、適性高い馬
多め、素材的に全体としてローレベル
な一戦。

極論すれば、ここで高レート&評価と
なる馬体とは、馬体スプリンター、S
P一辺倒の淡泊な造りである。故に、
クラシックでの活躍はほぼ不可。

言い換えれば、今回、高評価ではない
が、ここを勝ち切る、善戦した馬体は
本番以後要注意と言える。




対抗○レーヌミノル
―――――――――――――――――
この馬体をしてこの実績、本当によく
走っている。馬体のポテンシャルは、
120%発揮できていると言っていい
だろう

仕上がりと人気の面で本命◎は譲るが
、適性最右翼。負けられぬ一戦。




▼馬体解説プレミア記事公開有無 ※前日人気順
―――――――――――――――――
有|レーヌミノル
|カラクレナイ 
|ジューヌエコール
|タガノカトレア
|アズールムーン
|フラウティスタ
|ゴールドケープ
無|ベルカプリ
無|ステラルージュ
|クインズサリナ
|シグルーン
|アンジュデジール
無|ヤマカツグレース
無|アカカ
|ラーナアズーラ
|ビーカーリー
無|アルミューテン
|スリーミスヨハネス
―――――――――――――――――



  • 03/12(日)
    阪神11R
    フィリーズレビュー(GII)
この記事はプレミアム記事です。

100pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ