年率8.2%の定期預金をする方法
年率8.2%の定期預金をする方法
アフィリエイトOK
発行者:久保田 剛史
価格:1,029円(税込)
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2010/03/18
最終更新日:2010/03/04 16:41

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
1,029円(税込)購入する
物価の高騰、
                              医療費負担増など
                              今後の生活に
                              漠然とした不安がありませんか?


                              はじめまして。
                              私は久保田剛史と申します。
                              長年、金融情報の研究をすすめ、
                              特に中、長期の資金については、
                              その運用の重要性を
                              説いてまいりました。
                              また、お子様のいらっしゃる家庭、
                              定年退職された方を中心に、
                              家計全般に渡る
                              ファイナンシャルアドバイスも
                              行っており、好評を得ています。


今回、その集大成の一つとして、

「年率8.2%の定期預金をする方法」

をまとめました。



中、長期の資金運用は                    どのようにお考えですか?
                              「元本割れしないように全額定期預金」
                              「リスクをとって投資信託」など
                              さまざまな選択肢を

考えていらっしゃるかと思いますが、
                              果たしてその運用で資金が本当に
                              活用できているでしょうか?
                              「低金利時代なんだから仕方がない」
                              「たいした額でないから、

どこで運用したって同じだ」

といった言葉で、

不満をごまかしていませんか?


そうした経済的な不満を

少しでも取り除く

手助けができればと思い、

「年率8.2%の定期預金をする方法」を

書きました。



資金運用を

真剣に研究されたことのない方でも、

真剣に頭を悩ませた経験がある方なら

なおさら、

「年率8.2%の定期預金をする方法」が

いかに魅力的か、

おわかりになるはずです。



ぜひ、

「年率8.2%の定期預金をする方法」を

ご購読いただき、

ご自身の資金を最大限に活用してください。



Q.資金は本当に安全か?

A.信用ある金融機関により、

 その安全性は可能な限り

 確保されています。

 ご安心ください。

                             
Q.この商材の著者(私)に、

 大切な老後資金を

 委ねる仕組みではないのか?

A.いいえ。

 お手続きは全て

 お客様自身で行っていただき、

 資金はお客様の名義のままです。

 当方では一切資金を預かりません。

 あくまで定期預金です。

 ご安心ください。


                             
Q.不明なことがあったら?

A.メールによる

 お問い合わせに応じるため、

 商材には

 メールアドレスを記載してございます。

 ご安心ください。
          
 

目次

第1章
・・・・・・1
第2章
・・・・・・2
第3章
・・・・・・3
第4章
・・・・・・4
第5章
・・・・・・5
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイライブラリに登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ