レジまぐ2017年回収率ランキング5位(通算回収率131%、計137戦32勝)馬之助の重賞予想/本命から穴馬まで!
レジまぐ2017年回収率ランキング5位(通算回収率131%、計137戦32勝)馬之助の重賞予想/本命から穴馬まで!

レジまぐ2017年回収率ランキング5位(通算回収率131%、計137戦32勝)馬之助の重賞予想/本命から穴馬まで!

記事一覧を見る 予想記事を読む
いいね49 コメント13
  • 販売方式記事別課金
  • ジャンル競馬
  • 公開開始日2016/08/21
  • シリーズ馬連5頭BOX
販売方式について
販売方式について
・全体課金
一冊分まるごと購入して読むことができます。
・記事別課金
記事を単体で購入して読むことができます。
オプション
オーナーサイトへ  外部サイト・ブログ等に埋め込む
2017年の総括について
2017年は、通算回収率131%(計137戦32勝 的中率23%)となりました。

※1レースあたり同額の購入計算となりますので、回収率計算に不正はありません。

当サイトは、追い上げ断固反対の立場です。

なぜならば、追い上げをすれば、誰でも回収率100%超えが可能となりますが、連敗すれば軍資金が続きませんので、破綻します。

追い上げ=一般人には非現実的な手法です。

しかしながら、レジまぐの予想システム上では、ノーリスクで無制限に追い上げ手法が活用できますので、容易に回収率100%超えができてしまいます。

くれぐれも、追い上げ手法を活用した見せかけだけの高回収率サイトには、騙されないようにご注意ください。

その点、当サイトは1レースあたり2000円と決められた範囲内で予想を配信しており、現実的な予想サイトであると自負しております。


2017年度の年間回収率は、131%となりましたが、月単位で見れば、好不調の波が激しかったため、直ぐに結果を求める方には、満足のいく結果ではなかったと思います。

しかしながら、当サイトの最終目標は一年間の馬券収支をプラスに持っていく事であります。

その意味では、最低限の目標はクリアできました。


競馬に対する考え方として、数ヶ月単位でピックアップして良し悪しを判断されることには、少し違和感を感じております。

なぜならば、当サイトは、2016/8/21から予想配信しているからです。

それに対して、レジまぐで発行されるほとんどのコンテンツは、半年程度で姿を消しております。

以前から申し上げておりますが、コンテンツの良し悪しを判断する基準として、創刊から半年以上経過したコンテンツのみ判断対象にされることを推奨いたします。

当サイトは、創刊から1年4ヶ月以上経過しておりますので、その資格があると自負しております。

あくまでも、年間単位で良し悪しを判断できる方のみ当サイトのご利用をご検討ください。

2018年も年間回収率100%以上を目指します。



レジまぐの予想コンテンツの中で、創刊から丸1年間の通算回収率が100%を超えているものは、非常に限られております。

ちなみにレジまぐのゴールドメンバー会員になれば、全コンテンツの回収率等を検索する事ができます。

是非、ゴールドメンバーになり、売上・購読者ランキング上位の回収率を検索してみて下さい。

当サイトより、優秀な通算回収率を叩き出しているサイトは、ごく僅かです。


また、良質なサイトであるかを見極めるためには、下記の2点にご注目下さい。

・1レース単位の購入金額が均一である事。

回収率を水増しする為に、購入金額を著しく変動させているサイトには、ご注意下さい!

例えば、1Rあたり1000円計算で50R購入、通算回収率50%の場合、25000円のマイナスになります。
これを取り戻すには、回収率2600%の的中が必要になります。

これは現実的に難しいですね。

しかし、1Rあたり1万円計算にすれば、僅か350%の回収率で25000円の負けをチャラにできるわけです。

これは、現実的な買い方ではありません。

表面上の回収率をよく見せる為のトリックに過ぎません。

ゴールドメンバー機能の詳細分析データにて、月別の購入金額と購入レース数を見れば、トリックを利用しているか判断できます。

気になる予想サイトでは、要チェックの項目です。

・少なくとも通算期間が半年以上経過している事。

最初だけ好成績を上げて、後は鳴かず飛ばずのサイトが後を絶たない為です。


馬券予想をする上において、回収率はとても重要です。

さらに、馬券購入する上においては、回収率が全てと言っても過言ではありません。


是非、当サイトを訪問された皆様にお伝えしたいことは、

競馬においての長期的な視点です。

すなわち、馬券を毎週・毎月・数か月・1年と継続して購入した際における
通算回収率(通算払戻金額/通算投資金額)を意識していただく事です。

 
さらに申しますと、同一金額で継続的に購入した際における通算回収率を意識していただく事です。

これは、何を意味するのかと申しますと、負けが込んだから取り戻すために購入金額を上げることは自爆行為に繋がると思います。

億万長者であれば、購入金額を無限に上げることが可能かもしれませんが、
一般人では到底不可能です。

購入金額を一律にした上で通算回収率を意識して馬券を購入することが重要であると考えます。

そのために必要なことは、通算回収率を意識した予想になります。

当サイトは、1レース毎の購入金額を同一計算して、創刊以来の通算回収率を意識した予想に努めております。


それでは、過去の成績一覧をご覧下さい。

?content_type=forecast&content_id=7294&t

※買い目登録金額の入力間違いや海外競馬予想の影響により、ゴールドメンバー機能の詳細分析データとは差異がありますので、予めご了承下さい。


予想対象レース:中央競馬 重賞レース(見送りレースもあり)となります。

2016/8/21創刊当初は、地方競馬重賞レースも予想対象にしておりましたが、
地方競馬の成績が安定しなかったため、現在は中央競馬の重賞のみにいたしました。


原則、馬連予想となりますが、臨機応変に馬券種別を決定いたします。
予想記事毎に買い目種別・点数を明記いたします。


予想する際の根拠について:
長年競馬を見続けてきた中で学んだことが糧となっております。
特に負けたレースから学ぶことが多く、不思議なもので競馬は似たようなレースが再現することが多々あります。
科学的には、一切因果関係は証明できないものであっても、不思議とあるレースにおいては、
1番人気が勝てなかったりすることがあります。

オカルトだと馬鹿にするのではなく、レースの傾向としてしっかり把握した上でレース予想を組み立てることが勝利への近道であると考えます。

また、馬の人気と実力が必ずしもイコールでないことも多々あり、
人気の盲点になっている馬をピックアップすることが競馬予想の醍醐味であると考えております。


例えば、2017/5/7 に行われたNHKマイルカップ(G1)においては、
単勝2番人気アエロリット号を軸に相手6頭をピックアップしました。

2着になった単勝13番人気リエノテソーロ号も相手としてピックアップしており、
馬連172倍の万馬券をゲットできました。

ちなみに3着の単勝6番人気ボンセルヴィーソ号もピックアップ済でした。

このレースは決して偶然ではないと考えております。

競馬新聞では、軒並み無印状態でした「リエノテソーロ号」を先入観なく相手馬6頭内へ含めることができたのは、培った経験等があったからだと思います。


それ以外にも、2強対決と言われた桜花賞において、単勝8番人気レーヌミノル号の単勝40倍馬券を的中させたり、反対に京都新聞杯では馬連1番人気8.8倍の組み合わせを2点買いで的中させたこともありました。


このように当サイトでは、レースに応じて、本命・穴馬の取捨選択を行い、回収率を意識した買い目を提供しております。


私は人生が続く限り、競馬を続けるつもりでおりますので、今週勝って満足するのではなく、
1ヵ月単位でプラス収支を達成し続けることが目標です。

最終目標としては、年間収支プラスを達成することです。

勿論、成績に波はありますので、マイナスになる月もあります。

例え、マイナスの月があったとしても、そこで競馬を止めたら意味がありません。

自分自身を信じて、予想スタイルを大きく変更することなく、馬券を購入し続けます。


最後に、当サイトのご利用に際してお伝えしなければならないことが3つあります。


1. 一発逆転を狙わないで下さい(継続的に馬券を購入することを想定しております)


2. 購入金額を著しく変動させないで下さい(1レース単位の購入金額は同一額で計算しております)


3. 当たっても、外れても冷静さを忘れないで下さい(過去の成績から的中率20%程度を想定しております)


競馬は末永く楽しむ大人の娯楽です。
節度を持って、競馬を一緒に楽しみませんか。



宜しければ、この機会にお試しください。


※馬券購入については、お客様の責任において行って頂きます。
当方では、一切責任を負いかねます。
また、メッセージやコメントには、個別回答致しませんので、予めご了承下さい。

記事一覧を見る 予想記事を読む

記事一覧 的中無料公開中の記事一覧 予想記事を読む

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイライブラリに登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
レジまぐストア
ページの先頭へ