千銃会が贈る『人生を楽しくする競馬』
千銃会が贈る『人生を楽しくする競馬』
アフィリエイトOK

千銃会が贈る『人生を楽しくする競馬』

記事一覧を見る 予想記事を読む
いいね1
販売方式について
販売方式について
・全体課金
一冊分まるごと購入して読むことができます。
・記事別課金
記事を単体で購入して読むことができます。
オプション
アフィリエイトする  外部サイト・ブログ等に埋め込む

「競馬をしている」と誰かに話をしたら、「そうなんだ~」となど言いつつ、陰で嫌な顔をされたりしたことはありませんか?

これだけ競馬がメジャーになり、いきものがかりがテーマソングを唄い、瑛太や有村架純や、斎藤工や剛力彩芽がCMキャラクターとして露出していても、世の中のある一定層(それはかなりの比率の大衆)からは、「競馬=ギャンブル=悪いこと」という概念がいまだにはびこっているのは事実だろうと思います。

もし今の貴方にとって「競馬」が大きな声で言えない趣味であるならば、是非我ら千銃会の競馬を知っていただきたいと思います。

とにかく競馬を楽しみ一生の友とすること。これが千銃会メンバーの共通の想いであり、生涯変わらない理念です。

「仲間の内のもし誰かが倒れても、3人あの世に行くまではこの会は続けよう」と誓った7人の侍が毎週集う競馬場から、貴方の人生が最高に楽しくなる競馬をお届けします。

どうぞ今週も楽しんでいってください。

 

この番組では中央競馬の予想を中心に(時に地方競馬を少々)、注目レースの予想をレース単位で有料にて情報提供して参ります。

競馬歴豊富で個性豊かな7人のメンバーが、それぞれ独自の見解で予想を行い、特色のある狙い、買い目を展開してくれます。バラエティ豊かな予想をどうぞお楽しみください。

 

?content_type=forecast&content_id=5615&t

    

①7人の侍・第1の矢「大井のジゴロ」

~究極の大穴狙い。別名「まさかのジゴロ」。得意馬券・3連複~

『大井のジゴロ』はその名の通り、南関・大井競馬場にほど近い酒場を根城にしてる。酒にも女にも根っから強いが、競馬の方も毎年のように大幅プラスを出してくる。おっと、だが、だからと言っていつも当たることを期待されては困るのだ。この男は1年の内に数度輝く。去年は3度輝いた。その輝きだけで十分なのである。ジゴロが今年輝く日が、もしかしたら今日かも知れないことを、貴方にだけは伝えておこう。

 

②7人の侍・総元締め「中山の大馬主」

~リスクと収益のバランスに長ける。1番人気からは買わない。得意馬券・3連単&3連複~

中山の馬主席に現れるこの男が、馬主フロアでも一目置かれていることは想像に難くない。とにかく強い。とにかく負けない。締めの打ち上げは大抵この男の懐に収まった当日の勝ち金の一部が当てられのも当然の流れなのだが、今年は持ち馬が重賞を取りそうな「勢い」もある。大馬主の説く硬軟自在の「勝つ為の7ケ条」は、いずれ馬券を買う全ての者の「バイブル」になることだろう。

   

③7人の侍・即却下!「府中の暴君」

~パドックで見出す究極の穴馬が最大の魅力。得意馬券・単複&ワイド~

今やこの男の姿は府中のパドックに無くてはならない景色のひとつになったと言っても過言ではない。激走馬を見出す相馬眼はメンバー随一。レース直前に暴君の口から飛び出すそれまでの予想の全てをひっくり返しかねない好調馬の馬名にはいつもドキドキさせられる。府中開催のない時に、全国各地の競馬場を行脚する「旅打ち」での勝率もこの男のセールスポイント。いずれにしても現地にいる時の予想には大注目だ。但し、抜群の相馬眼がある者が必ずしも馬券上手ではないことだけは、長い付き合いの筆者の私見として付け加えておく。

   

④7人の侍・夢見る「さすらいの吟遊詩人」

~データの裏に見えてくる勝利のイメージをストーリーに紡ぐ。得意馬券・枠連~ 

血統、ラップ、スピード、スタミナ、馬場適性、調教、枠順、関係者コメントの分析まで、競馬にまつわるあらゆるデータに精通し、精通し過ぎたが故に「潮の満ち引き」や「月の満ち欠け」にまで思いを巡らせる。馬券には配当だけでなく、常に夢のあるストーリーを求めるが故に、一般受けするかどうかは疑問だが、なるほどと唸らせる予想が出来れば、当たり外れが決まる前に達成感を感じられるという、やや変人である。しかし確かに、ストーリーのある馬券というのは実によく当たるというのも事実である。読者諸氏には、その醍醐味を是非味わって欲しい。

 

⑤7人の侍・一発逆転「暁の場外ホームラン」

~諦めるのはまだ早い。この男の一発が根こそぎ明日を連れてくる!得意馬券・3連単~ 

ジゴロが年に3度なら、この男の爆発は年に1度なのかも知れない。しかしその途方もない一撃の味を知ってしまったなら、もう抜け出すことは出来ないだろう。千銃会7人の侍きっての肉体派。そっちの方も、一度この男の味を知ってしまったら逃れられないらしいが、確認したわけではないので、お好きな方はお試しあれ(募集中)。夜明けのコーヒーでも飲みながら「暁の場外ホームラン」が飛び出すのを気長に待つことにしよう。結局最後に笑うのは、こういう男であることを、我々くらいの歳になれば良く分かってるだろう?  

?content_type=forecast&content_id=5615&t

 

⑥7人の侍・若さこそが最大の武器「若き単勝王」

~思い切りの良さはメンバー随一。胸のすく大勝負。それこそ若さの特権だ。得意馬券・単勝~

メンバー最年少。ドカンと単勝に大枚を突っ込む度量が最大の魅力である。障害No.1ジョッキーの高田潤と同期というから果たしてどこまで若さを売りに出来るものかわからないが、若々しく力強い馬券選択に翳りはない。勝てば隣りの席のオヤジにまで酒を振る舞う気風の良さも、平均年齢がアラフィフの侍たちに混じっても存在感を打ち出せるこの男の「男っぷり」なのだろう。ただ最近、穴狙いの時に複勝を買うことがあるらしいのだが、個人的にはいつまでも「若き単勝王」であって欲しいと思う。

 

⑦7人の侍・いいかよく聞け!「教えて!出目金先生」

~「馬が走るんじゃない、数字が走るんだ」枠順決定前にすべてを見通す預言者。得意馬券・3連複&3連単~

火曜日に週末のレースの予想をアップ。日本一早い競馬予想紙を発行するのが夢だと語る出目金先生が追いかけるのは常に数字である。枠順そして人気。馬優先主義の千銃会にあっては異色中の異色。一体何の為に競馬場に来ているのかが理解出来ないとも言われるが、鉄火場の雰囲気は好きらしい。負けず嫌いもまた天下一品。成績が上がらない時には、徹夜で過去の出目データをまとめ上げる情熱と執念がある。努力の方向がどこか違うような気がするのだが、それで結果を出すのがこの男が預言者と呼ばれる所以である。

    ?content_type=forecast&content_id=5615&t

さあ、私たち一緒に、競馬場という『ワンダーランド』で、

今日も『いい夢』を見ましょう!

記事一覧を見る 予想記事を読む

記事一覧 的中無料公開中の記事一覧 予想記事を読む

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイライブラリに登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
レジまぐストア
ページの先頭へ