2×5 ワイド馬券術
アフィリエイトOK

2×5 ワイド馬券術

記事一覧を見る 予想記事を読む
いいね1
  • 販売方式記事別課金
  • ジャンル競馬
  • 公開開始日2018/03/24
販売方式について
販売方式について
・全体課金
一冊分まるごと購入して読むことができます。
・記事別課金
記事を単体で購入して読むことができます。
オプション
アフィリエイトする  外部サイト・ブログ等に埋め込む
shuです。

馬券術の説明は長文になりますので下記へ移動しております。
以下は配信内容になります。

■配信日時
 前日の夜~レースの20分前位
■券種
 ワイド
■買い目点数
 ワイド最大10点(頭数によって減らします)
■予算感
 1R最高10点ですので1000円から参加できます。無理のないよう予算配分お願いします。
■回顧の有無
 指数を使用した機械的な馬券ですので、買い目のみの配信となります。




【2×5 ワイド馬券術】の説明

はじめましてshuです。
「卍裁判事件」を知ったのがきっかけで3年ほど前から、自分もデータ競馬で勝てるロジックの研究を始めました。

走破タイムをベースに、ファクターを組みあわせてオリジナル指数を作りました。

ただ指数馬上位のべた買いでは、なかなか回収率があげる事ができませんでした。的中はしますが儲からない。

頭打ちになっていたところで、ある事に気がつきました。

指数順位と人気順位を比較した時、上位馬はあまり成績変わりませんでしたが、下位順位は指数順位の方が人気順位よりも成績が良かったのです。
 
つまり、自分の作った指数は、下位人気のところが強みになっていました。

あとは、他の馬券を買う方達との優位性のある部分を馬券に反映させるだけです。

下位人気が馬券になりやすい条件を調べていくと、ある一定の確率で、8番人気以下の馬も安定して馬券になることがわかりました。


そして検証を重ねた結果、2×5の馬券術にたどりついたのです。

指数上位2頭×指数8位~12位までの10点ワイド馬券です。

つまり

人気馬2頭×穴馬5頭

のワイド馬券です。

人気馬同士の馬券は買わない
当てにいかない

上記は回収率を上げるための鉄則として耳にした事があると思いますが、この馬券の組み方はそれに直結しています。

人気馬→人気薄の馬券のみ。

実に理にかなった馬券だと思っています。


実をいうと

2×4
2×3
1×4
1×3
1×2

と買い目を少なくするほど回収率はあがっていきます。

究極は1×1(指数1位と指数9位)

1点買いが1番回収率が高いのです。ただなぜ指数9位が1番成績が良くなるのかという理論が存在せず、これではただの後付けの都合にいいデータとなり、再現性はありません。

買い目点数を少なくすると回収率は高くなりますが、再現性と的中率は落ちていきます。人間ですからやはり適度な的中がないとメンタルがもちません。資金も回しにくくなります。

的中率と回収率のバランスの1番良い組み合わせが今のところ、2×5なのです。

2×5は基本パターンですが、状況によって買い目は減らします。増えることはありません

状況とは、頭数(平均配当)、オッズ形態、抜けた指数の馬がいる

などなどです。

これは今後も、ロジックの見直しをしていく過程で変化(進化)していく可能性が高いです。

回収率が悪ければ、的中率をさらに下げて、2×4の8点買いが次の候補です。

回収率は年間通して110%を目標としています。

低いと感じるかもしれませんが、それほどパターン買いで回収率100%を超えるロジックを見つけるのは難しい事なのです。

回収金額は、参加回数が多い事で、回収率の低さをカバーします。絞りにしぼった1日1鞍の予想があったとしても、1レースに大きな金額を勝負するのはとても勇気がいることです。

それと収束に時間がかかるのは、怖いロジックです。収束しきれない場合もあります。

それよりも、回収率は低くても(100%を切っていては話になりませんが・・)参加回数が多い馬券術の方が、精神的にも資金的にも楽だと自分は考えます。

レジマグさんは成績を改ざんする事もできず、回収率がしっかり公平に公表されます。

なかなか、有料予想を買うのも勇気がいりますが、このレジマグさんのシステムはすごいと思います。未来の収支がどうなるかは誰にもわかりませんが、過去の成績は誰がみても、一目瞭然。

予想を購入する側も、納得の上で購入できるので安心ですよね。



最後に・・

この馬券術には、回収率をあげていく+アルファが存在します。

競馬の楽しみは予想です。ただ指示通りの馬券を買うだけだと楽しみも半減ですよね。(予想はめんどうだ!という方は指示どおり購入して頂ければ・・)

そこで、2×5のどちらかの馬を自分の予想した馬と入れ替えてもらっても良いと思います。

人気馬の方でもいいし、人気薄の方の馬でもかまいません。機械的に抽出した馬よりも、皆さん独自の予想法で抽出した馬の方が成績が良い可能性もあります。

ただ、指示した買い目点数もよりも、買い目を増やすのはやめた方がいいです。10点以上購入するとどうやっても回収率が100を超えませんでした。むしろ指定した馬の中から、「これはこないだろう」と判断した馬をきってもらって、買い目を減らすのは回収率をあげやすくなるのでお勧めです。



オリジナル指数に組み込まれていないファクター

パドック
馬体重
馬場傾向
展開

競馬において、かなり重要だと思われるファクターが、予想段階では考慮されておりませんので、回収率をさらにあげる事が可能になるのでは?と思っております。

馬体重に大きな増減があった場合はその馬を回避

パドックであきらかに、出来が良いと判断すれば買い目にいれる。

あきらかに前残り馬場と判断し、指示された馬に追い込み馬がいたら、変更する

などなど、購入される方の、馬券力を少し足していただいたら、回収率があがる可能性をひめています。

ただ、先ほども明記しましたが、買い目を増やすのはお勧めしません。


以上が「2×5 ワイド馬券術」の説明でした。



成績をみて面白そうだなと感じてもらったら、お試しください。

的中を約束するものではございませんので、購入か見送るかななどの判断は自己責任で、よろしくお願いします。


ツイッターをやっていますので、時々呟いたりしています。@widebakenjutu

最後までお読み頂きありがとうございました。







記事一覧を見る 予想記事を読む

記事一覧 的中無料公開中の記事一覧 予想記事を読む

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイライブラリに登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
レジまぐストア
ページの先頭へ