山口式 宅建試験スピード合格法
アフィリエイトOK

山口式 宅建試験スピード合格法

山口 貴志
17,280円(税込)購入する ブックを読む
  • 販売方式全体課金 / 17,280円(税込)
  • ジャンル未設定
  • 公開開始日2010/03/19
販売方式について
販売方式について
・全体課金
一冊分まるごと購入して読むことができます。
・章別課金
章を単体で購入して読むことができます。
オプション
アフィリエイトする  外部サイト・ブログ等に埋め込む


突然ですが…
宅建試験までわずか75日しかない状態で

「お金がないので独学で宅建の勉強をして一発合格狙います!」

と私が言ったとき、会社の先輩や同僚の誰もが哀れみの目を私に向けて、こう言いました。

「俺だって資格講座を受けて3年かかったのに、今から独学で合格って、そんな甘くないって」

「宅建の合格率が毎年15%前後なの知ってるのか?」


しかしその75日後、私が自己採点の結果をみんなに発表し、12月に合格証書を手にしたのを見ると…

実は、どんなに忙しくて資格学校の講座へ行けなくても、無理して高い受講料を払わなくても、短期間で宅建に合格することは可能なのです。

「ある単純な方法」さえ知ってしまえば…。

あなたは今まで単にこの方法を知らなかったというだけなのです。

はじめまして。
山口貴志と申します。


もし、あなたがかつての私のように

お金がないので、できれば独学で合格したい

仕事があるので、資格学校に通う時間がない

試験まで時間がないが、それでも合格したい

そう思っているのでしたら、

今すぐこの宅建スピード合格法で勉強してください。


実は私は、宅建を受験するどころか勉強すら早々に挫折してあきらめた情けない過去があります。

私は宅建を取った当時にいた会社の前に、別の不動産会社に在籍していました。

そこでも一度宅建を取ろうとして、本屋さんでテキストを買ったのですが、

あまりの分厚さ、そして重さに圧倒されてしまい、それだけで勉強を挫折してしまったのです。



それは…

「ある単純な方法」に気付いてそれを実行しただけ。

たったそれだけのことなんです。

というか、当時はそれしか方法がなかったと言ってもいいでしょう。

なにしろ、新しい不動産会社に就職したばかりで仕事に慣れることで精一杯の状態。

その頃、すでに宅建の試験まで75日くらいしかありませんでした。

おまけに、毎日13時間30分を仕事で拘束されていましたから、資格学校の講座に行けるような時間もなかったですし、そもそも安月給で、高額な受講料など払える状況でもありませんでした。

それでも、この「ある単純な方法」に気づいたおかげであっさりと独学で一発合格してしまったのです。

こんな私でもできた方法なので、あなたがこの方法を知って使えば、それだけで宅建の合格はもう射程圏内と言ってもいいでしょう。



それは…

①あるテキストを適当に読む(私の場合、テレビを見ながらでした)

②過去問と予想模試をやる

③試験当日、実力が発揮しやすい過ごした方をする


たったこれだけです。

「たったこれだけって…それで本当に合格できるの?」

はい。

それに、これ以上いろいろやることが出てくるなら
そもそも「単純な方法」とは言えません。

「でも、具体的にいつ、何をどこまでやればいいの…?」

それをあなたに直接お教えできればいいのですが、私もいろんな仕事を抱えているためなかなか時間が取れる状況にありません。

そこで、短期間の独学で宅建合格したいというあなたのために、私の宅建スピード合格法を詰め込んだマニュアルを作成いたしました。

このマニュアルには、先ほどの「ある単純な方法」の全てが誰にでも理解しやすいような形でおさめられています。

購入する方はこちら


その内容の一部を紹介します。

根性のない私でも独学で一発合格できてしまった「ある事情」とは?

ネットで検索して出てくる数多くの「宅建情報サイト」に仕掛けられている「独学希望者を陥れようとしている“卑劣な罠”」とは?

分厚いテキストに萎えてしまったチキンハートな私でも、その圧倒的な“覚えるべき情報量”をあっさりクリアできた「ある秘策」とは?

その「ある秘策」がたった10日でできてしまう、あきれるほど簡単な学習のメカニズムとは?

テキストの重要な用語にただ何気なくマーカーを塗っていても意味がありません…学習効果を最大限に高める「マーキング“ベストスポット”の法則」とは?

私がマーカーを塗るついでにやった、学習効果最低2倍を保証する「ある単純な作業」とは?

私が初めて過去問をやって気付いた「宅建合格への最短距離を行く方法」とは?

最初の過去問をやった結果が「9点」だった私でもわずか50日で過去10年間の過去問全て、そして予想模試で「45点」以上を取ることを可能にした“地雷の除去作業”とは?

間違えて理解していたところや曖昧に理解していたところも一発解決してしまえる「ある単純なノート術」とは?

資格学校が言う「最近の出題傾向やトレンドを見極めるべき」というメッセージを無視してよい理由とは?

私があるプロスポーツの指導者と会って気付いた「試験勉強の本質」とは?

私が勉強の効率化のために唯一捨てた科目とは?

「用途地域と、その用途地域で建てられるものの制限」「開発許可が必要な場合・不要な場合」「防火地域と準防火地域」「建ぺい率と容積率」の具体的な攻略法とは?

私が「民法と宅建業法」重点科目と考えなかった理由とは?

iPodで聴く教材や講義DVDに一切頼る必要がない理由とは?

私、山口流「予想模試の活用テクニック」とは?

試験本番時に脳も体もベストな状態に持っていくことのできた、山口流「朝がっつり&ダブルヘッダーの術」とは?

資格学校では絶対に語られない、試験会場付近で待ち受けている「大いなる敵」とは?

私が得意科目からではなく「問1」から解くことをおすすめする理由とは?

不動産会社勤務者だから引っかかってしまう「罠」とは?

私が試験本番中に使っていた、集中力を最大限に高めてくれる「あるアイテム」とは?


このマニュアルの内容を知って実行すれば、あなたの今の状態からでも、独学で念願の宅建合格をスピーディーに勝ち取れることでしょう。

早めのスタートが肝心です!

「でも、そのマニュアルいくらするの…?」

はい、ここであまりお金がかかってしまってはあなたを応援することになりません。

もちろん、資格学校みたいなバカ高い値段をいただくつもりはありません。

しかし、「単純な方法」ではありますが、あまり軽く見てもらいたくないという気持ちがあります。

このマニュアルには、私が全くのゼロの状態から試行錯誤の末に宅建独学一発合格を勝ち取った、そのノウハウの結晶を全て詰め込んだという自負もあります。

そういったことを考えた結果、独学での宅建合格を本気で目指す方なら誰でも購入できる19,800円でお譲りすることにしました。

ただし、本日現在であれば受験応援キャンペーン価格として、定価から3,000円を差し引いた16,800円で手に入れることができます。

「宅建講座に通うお金がない…」
「残業続きで勉強時間がない…」


とお悩みの方には最適な方法であると確信しております。

なお、商品の性格上、サポートがありますので、先着100名様で販売を終了とさせていただく予定です。

もし、あなたが短期間の独学で宅建に合格したいとお考えであれば、今すぐ試してくださることをおすすめします。



購入する方はこちら


今回ご購入いただいた方には下記特典もお付けいたします。

厳選!宅建独学一発合格お役立ち本・サイト集

暗記モノの攻略を助ける記憶術のご紹介

全く同じ方法で合格できる、もうひとつの資格のご紹介

2009年度宅建試験問題の“山口式”解答と解説

合格した方にお祝金5,000円プレゼント!

購入者限定メルマガ配信

メールサポート(本年度宅建試験日まで)
※試験日まで回数無制限

※希望者が多く、サポートの質が保てないと判断した場合、予定人数に達した場合は、予告なく新規の受付は終了しますのでご了承ください

さらにスペシャル特典!
本年度宅建試験不合格の場合の返金保証

本商品の内容に沿って学習され、次の10月第3日曜日に実施される宅建試験を受験された結果、不合格であった場合には、

●受験票のキャプチャ画像、試験問題表紙のキャプチャ画像

●あなたの50問全ての解答結果(選んだ選択肢)


を示してご連絡をいただいた後、本商品の購入時の価格で全額返金させていただきます。

<返金可能な期日について>
ご購入いただいた年の12月31日までにご連絡ください。
ただし、上記の条件を満たす方に限ります。

<返金方法について>
メールにて返金要請してください。
金融機関の10営業日以内にご指定の講座にお振り込みいたします。
(振込手数料は弊社が負担いたします)

不合格および返金のご連絡先
sapo@75takken-pass.net



いかがでしょう。
これで迷いがなくなったら幸いです。

ぜひ、このマニュアルで今年の宅建に合格してください。

購入する方はこちら


Q.本当にこの方法で合格できますか?
A.もちろん、この方法を知っただけで何もしなければ合格しませし、誰でも100%合格できるというようなウソも言いません。
ですが、事実として根性なしの私でもできて、実際に合格しましたので、その点を参考にしていただければと思います。

Q.短期間と言いますが、標準の勉強期間は何日ぐらいですか?
A.私の場合は75日でしたが、私は金なし、暇なし、根性な師だったのでこのくらいかかってしまったのです。
そうでない人であれば試験まで60日ほどあれば、十分合格できる方法だと思います。

Q.一日どのくらい勉強するのでしょうか?
A.これは段階的に違うのですが、いちばん短い段階で1時間、
長い段階で2時間30分くらいです。

Q.出題分野をまんべんなく勉強する方法ですか?
それとも試験に頻出する分野のみの勉強ですか?

A.結論としては、出題分野を全てまんべんなく勉強する方法になります。
ただ、あえて1つの分野だけは捨てています。
これは、勉強の労力の割に配転が少ないと考えるからです。

Q.独学では市販のテキストを使うと思いますが、何冊くらい買うのでしょうか?
A.最低3冊(テキスト、過去問、予想模試)があれば問題ないです。
おそらく合計でも7千円しないと思います。
資格学校の講座費用と比較すれば安さは一目瞭然です。

購入する方はこちら

章 一覧

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイライブラリに登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
レジまぐストア
ページの先頭へ