敦子 第二話 ~夏休み、ふたりで~
成人向 完結 アフィリエイトOK

敦子 第二話 ~夏休み、ふたりで~

章一覧を見る ブックを読む
  • 販売方式章別課金
  • ジャンルその他
  • 公開開始日2011/01/11
  • シリーズ敦子シリーズ
販売方式について
販売方式について
・全体課金
一冊分まるごと購入して読むことができます。
・章別課金
章を単体で購入して読むことができます。
オプション
アフィリエイトする  外部サイト・ブログ等に埋め込む
夏休み、敦子が突然やって来た。
「今日、ヒマなんでしょ。ちょっと出かけない? あたし、いい所知ってるから」
連れて行かれた先は人気のないひっそりした河原。
こんなとこに連れてこられてもなあ。水着も何も持ってきてないぞ!

敦子のやつ……服を脱いで裸になっちまった!
「何やってんのよ。ほら、和矢も」
「え……? でも……」
「だいじょうぶ、だーれも見てないから。穴場だって言ったでしょ」

裸で水遊びしてるうちに、敦子が転んでヒザを擦りむいた。
立てない、おんぶして、果ては「傷口をなめて」と言う。
いや、本当になめてほしいのはヒザなんかじゃない。僕には分かってるんだ。

「和矢、見て……。あたし、こうやって毎日オナニーしてたんだよ。和矢のこと想って……」




まぶしい夏の午後。
幼く瑞々しい裸体が絡み合う、美しい田舎の夏休みの風景。
章一覧を見る ブックを読む

章 一覧

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイライブラリに登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
レジまぐストア
ページの先頭へ