多発性硬化症の人間が思うこと

多発性硬化症の人間が思うこと

章一覧を見る ブックを読む
  • 販売方式章別課金
  • ジャンルエッセイ・日記
  • 公開開始日2013/02/22
販売方式について
販売方式について
・全体課金
一冊分まるごと購入して読むことができます。
・章別課金
章を単体で購入して読むことができます。
オプション
外部サイト・ブログ等に埋め込む
 今まで、当たり前に出来ていたことが、出来なくなる恐怖は、どう言えば通じるだろうか。

 怖い。

 それが真実。当たり前のように歩けていたのが、当たり前でなくなるのだ。

 前動かしていたんだから、分かるでしょうと、言われたことがある。でも、分からないのだ。それが、分かれば誰も苦労しないと思う。動かし方を、動くとき果たして、考えるだろうか?

 たぶん、考えないに違いない。でも、それで、良いのだ。動かなくなったときに、泣くのではなく、笑って、前を向いて歩ければ、それで良い。泣くことも悲劇のヒロインになることも誰でもできる。ただ、その中で、笑って生きることはなかなか難しいが、それが、出来れば言うことなしである。

 私は多発性硬化症を発病してから、進行までが早く、歩くことはおろか、左半身が麻痺しています。だから、心の内を書いてみました。
章一覧を見る ブックを読む

章 一覧

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイライブラリに登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
レジまぐストア
ページの先頭へ