全馬の期待回収率、お見せします!(メインレース)
アフィリエイトOK

全馬の期待回収率、お見せします!(メインレース)

たいのすけ
競馬  中央競馬  予想 
記事一覧を見る 予想記事を読む
いいね18
  • 販売方式記事別課金
  • ジャンル競馬
  • 公開開始日2019/12/24
販売方式について
販売方式について
・全体課金
一冊分まるごと購入して読むことができます。
・記事別課金
記事を単体で購入して読むことができます。
オプション
アフィリエイトする  外部サイト・ブログ等に埋め込む
その馬の期待回収率、見てみたくありませんか?

馬券を買う上で、各馬に投資することでどれらいの儲けが期待できるのか、数字で見てみたいと考えたことはありませんか?

私は世の中の予想配信を見ていてよく思うのですが、◎○△などの印を見ても果たしてそれぞれの馬にどれくらい期待してよいのかよくわかりません。

同じ◎でもレースによって自信度は異なるだろうし、○の評価も◎に近い場合もあれば▲とほぼ変わらない場合もあると思います。

それが予想の説明文を読んでも伝わってこないことが実に多いのです。



そのような曖昧な予想形態に疑問をもっていた私は、各馬の期待回収率(=購入金額に対してどれくらいの払い戻しが見込めるか)を数字で表すことにしました

例えば長期的に投資を続ければ資金が1.2倍(120%)になるような馬は120という数字で表し、反対に長期的に投資を続ければ資金が半分になってしまうような馬は50という数字で表すようにしています。

この数字は個人的な経験や勘を元に決めているわけではもちろんなく、膨大な量のデータを元に数式を用いて算出しています。


競馬には、展開、血統、実力、調教、馬場、騎手などいくつものファクターがありますが、馬券術の多くはそのうちの1~数個のみに焦点を当てるものがほとんどです。

しかしそられのファクターを可能な限り数式化し、利用できるものはすべて利用してしまおうというのが私のスタイルです。

そのために回収率に影響があると判断したデータは可能な限りすべて計算に使うようにしています。


そしてこれからも良いデータや馬券術を知るたびに計算式は修正されていきます。

つまり他の馬券術を吸収しながら成長を続けることのできる究極のスタイルだと思っています。



ただ、あなたの興味は「実際にその期待回収率が使えるものなのか?」ということだと思います。

そこで算出した期待回収率について過去データでシミュレーションを行ったところ以下のような成績となりました。

(対象データ:2017年1月~2020年5月までの障害を除くJRA全レース)
?content_type=forecast&content_id=22200&

一番左の列が算出した期待回収率で10ずつにまとめています。


これを見ると期待回収率が上がるごとに実際の単勝複勝の回収率も上がっていることがわかると思います。

もちろんこれは過去のシミュレーション結果ですので将来もこの通りになるとは限りませんが、ここまではっきりと傾向が出てれば今後も同じような傾向が続くと考えることはできないでしょうか。



過去の実績とこの予想記事での配信内容

上記はあくまでもシミュレーション上の話ですが、「シミュレーションではうまくいっても実際に運用を始めると結果が全く異なる」というのはよくある話です。

その点については私が2017年9月~2019年12月まで配信していた旧メルマガを参照していただければと思います。

このメルマガではJRA全レース(障害を除く)を対象に全馬の期待回収率を提供していたのですが、広告等を一度も打っていないにも関わらずレジまぐの競馬部門でメルマガ購読者数1位を達成しました。

これは地道にただひたすら結果を出し続けたことで多くのリピーターを獲得できたことが要因だと思っています。

ただ購読者数が多くなってしまったことによってオッズに与える影響を懸念する読者の声が強くなってきたため、止む無くメルマガを一度廃刊することにいたしました。


そしてオッズに与える影響への対策として考えたのが今回の「メインレースのみの予想配信」です。

さすがに私の予想もメインレースでオッズに影響を与えるほどの知名度はありません。
(むしろオッズに影響を与えるほどの知名度が出るならそれはそれで本望かもしれません)

よって前回のメルマガからはかなりレース数を絞る形とはなりますが、しばらくこのような形での配信をさせていただきます。



予想記事の配信内容は、各競馬場ごとのメインレースにおける出走全馬についての期待回収率です。

また買い目として期待回収率が105以上でかつ最も高い馬1頭の単複馬券を1,000円ずつ登録します。

ただしこの買い目はあくまでも期待回収率の利用例の1つです。

他の券種での利用方法はいくつも考えられますし、ヒモ馬の選定の際に期待回収率を利用していただいても構いません。

実際に期待回収率をどのように利用するかはあなた自身が決めて下さい。


配信時間は日によって前後しますが、当日の朝10時までには出すようにします。
ただし、個人的な都合で配信がない日があることもご了承ください。




料金は1レース220円とします。

他の個別記事を見渡す限り1レース220円は安い部類に入ると思われますが、この個別記事はなるべく多くの人に気軽に利用してもらいたいという思いがあるのでこの価格でいきます。

なお、期待回収率が105以上の馬がいないレースについては原則として無料公開するつもりですので、ぜひそちらもご参考にして下さい。
期待回収率が105に届かない馬(例えば90台)でも、平均が80であることを考えれば十分に可能性がある馬も見つけられるでしょうし、一方で期待回収率が低い人気馬なども馬券を購入する上でお役立ていただけると思います。



 
記事の紹介は以上です。

買い目に丸乗りしてもらうのもよし、軸馬や相手馬の選定に期待回収率を利用してもらうのもよし、あなたの競馬予想に貢献できれば幸いです。


なお、期待回収率の計算にどのようなデータを使っているのかなど、考え方の方に興味がある方は私のブログを参考にして下さい。

このブログでは期待値をプラスにするためのデータや考え方、あるいは馬券の投資方法について記載していますので、何かしらお役に立てることは間違いないと思います。

ブログ「ほくほく馬券生活~高回収率条件と運用理論を元に、自動投票で億の収入を目指す~」
https://bakenseikatu.com/


ではでは、あなたの馬券収支向上に貢献していきますので、よろしくお願いします。
記事一覧を見る 予想記事を読む

記事一覧 的中無料公開中の記事一覧 予想記事を読む

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイライブラリに登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
レジまぐストア
TOP