このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね5 コメント1
プロフィール
田尻賢誉
田尻賢誉
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2018年3月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

中学、高校球児・指導者必読!! 
ブログ版『タジケンコラム』。
日々の練習や試合、アスリートの言葉などから気づいたこと、
弱者が勝つためのヒントを伝えていきます。

キーワードは
JK=準備・確認、時間と距離、実際に行動する、
   情報共有、自分で考える、実行と検証
   地道にコツコツ、人生が変わる
TY=とりあえずやる、徹底的にやる、続けてやる

読めば野球がうまくなる、野球偏差値の上がるブログ。

2010年から毎日発行していたメルマガスタンドのメルモさんが
サービスを停止してしまったため、
このブログでは過去に配信した記事を紹介していきます。

毎日発行の最新版コラムはこちらのメルマガでどうぞ。
http://www.mag2.com/m/0001675569.html


甲子園の走塁タイムやストライク率など甲子園基準データ、

試合記事などの有料メルマガ(月4~5回配信)はこちらです。

https://regimag.jp/pp/?magazine=1040


自分のために・・・
2018-03-08 23:57:00
テーマ: メンタル
いいねする
フジテレビ系「あいのり」。
先日の放送で吉岡秀人さんという医師が紹介されました。

吉岡さんについて詳しくはこちら
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E5%B2%A1%E7%A7%80%E4%BA%BA

ミャンマーやラオス、カンボジアで年間2,000人の子供たちを無料で手術。
その人たちの人生を明るく変えてあげている素晴らしい先生です。

この吉岡先生があいのりに参加しているメンバーたちに向けて話した言葉は
非常に大事なメッセージが込められていますので紹介したいと思います。

吉岡先生の活動費用は、全て寄付とボランティアでまかなわれています。
吉岡さんの給料はゼロ。日本での講演や執筆活動で生計を立てています。

年間に何度かミャンマーを訪れ手術しますが、テレビで紹介されていた時は、
6日間で120件から150件の手術やると言っていました。
この期間は神経を研ぎすませる意味で食事は1度もしません。
平均睡眠時間は3時間。これぐらい極限状態に自分を追い込むと、
自分の神経がむき出しになり、
最高のパフォーマンスが発揮できるということです。

なぜそこまでするのか?

吉岡先生は言っています。

「今の日本には生きるモデルがないんです。
がむしゃらに働いている人の姿を見るチャンスが、
今の日本にはあまりないんですよ。

だから若い人たちは、そういう姿を見て、
一生懸命やる事は恥ずかしいことではないし、
一生懸命やることがこんなに素晴らしいことなんだ、
そういうモデルとして若い人たちに現実として見せていくのが僕の役目」

その吉岡先生はあいのりのメンバーに「そんなにできるって凄い」と言われ、
こう答えました。

「僕は僕の人生を豊かにするために生きてる。だからやってる。
だって自分のためじゃないことなんて続かない。

親のためにとか子供のために苦労し続けることなんかできへん。
でも自分のためだけに生きるなら、人間は苦労をし続けることができる。

僕が最も幸せだと思う瞬間は、
君たちが多分思うのは、患者が治ったりして喜んでる所でしょう。
全然違うね。

例えば、一流のアスリートが絶対打てない球もあるわけ。
嫌でもそれでも打たなあかんわけ。バッターボックスに立った限りは。

でも、ヒットになる、ホームランになる、三振になるとかは結果の問題やね。
興味はそこにないねん。
僕はその中で最高のスイングができたかどうか。ここだけなんよ。
僕にとって幸せかどうかの基準は。

だからみんなそんな風に生きたらいいやん。
自分の人生がもっと豊かになるように。
やがて、みんなもそうなっていく。
一生懸命きてたらなるねん、みんな」

かっこいいと思いませんか?

給料ゼロでやっていると、「人のためにやっている」ように思われます。
でも、吉岡さんは「自分の人生を豊かにするためにやっている」と言うんです。
TOP