金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京介・菊池グリグリの「週末重賞・展望トーク!~ セントライト記念 ~」
2016/09/16 13:21:00
テーマ: 重賞展望トーク
JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。
※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!

※推奨穴馬にご注目を!
(※推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリが1頭ずつ推奨中)

札幌2歳S トラスト 5番人気1着 単勝970円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

札幌記念 ネオリアリズム 5番人気1着 単勝1,730円
?content_type=blog&content_id=725&type=i


クイーンS ダンツキャンサー 11番人気3着 複勝1,070円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

GⅠでも!!

宝塚記念 マリアライト 8番人気1着 単勝2,510円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※2人とも上位評価!)

函館スプリントS ソルヴェイグ 12番人気1着 単勝3,940円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※大外でしたが…汗)

安田記念 ロゴタイプ 8番人気1着 単勝3,690円!
?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※勝つまでは読みきれずとも狙いすました1頭でした!)

?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ

競馬大予言16年秋G1トライアル号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057696/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから

京介・菊池グリグリの「週末重賞・展望トーク!~ セントライト記念 ~」

※木曜夜の展望トークです

 

<菊池> 今週からはいよいよ秋競馬らしい番組になります。日曜日は菊花賞トライアルのセントライト記念!こちらを展望していきましょう。

 

セントライト記念展望

2015年セントライト記念回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50755192.html

 

<菊池> 昨年は、◎キタサンブラック→注ミュゼエイリアンで馬券を外すという大失態。今見直してもゾッとします(苦笑)

 

<天候について>

 

<菊池> 今週はハッキリしない天気が続いていて、週末もどうなるかわかりませんね。

 

<京介> でも、気温が30℃を下回ってくるだけでも、ここ数か月から比べればホント楽に感じるよ。新潟の熱波を浴び続けていたから、さすがにだいぶ日焼けには慣れたけれどもね。むしろちょっと寒く感じるぐらいかな。長袖が要るかな?

 

<菊池> 水はけの良くなった中山ですから、断続的に降るようでなければ大丈夫かとは思うのですが。

 

<京介> うん、降ったとしても先週の日曜午前中ぐらいの影響じゃないかな。ただ、開催4日目の後半で芝レースを20鞍以上こなした場面だから、芝がある程度踏みこなれたことで何か偏りが出るか、これは注意したい。

 

<馬場について>

 

<菊池> 改めて先週の馬場を振り返りましょう。

?content_type=blog&content_id=725&type=i

<京介> 馬場はフラットだと思うんだけど、馬群の大外を回った馬がしっかり直線でも伸びたのは印象的だった。外を回るロスよりも、勢いに早くから乗せることが大事と言う状況。逃げ馬も溜めて逃げていると後の先を取られがち。特に好位で脚を溜めるレース運びが、あまり意味なかったよね。

 

<菊池> 日曜日はとにかく人気馬が強かった。

 

<京介> だけどこれは、開幕週独特の状況じゃないかと見てる。路盤が踏みこなれず柔らかい状態だと、新潟や福島でも逃げと差しが決まりやすい状況はたまに起きるし、今はそれが中山に発生した週だったと思う。これは10レースチョイほど消化したら、少し内有利に寄って行くんじゃないかな。なので2週目から生まれる前残り傾向になると思う。

 

<レース傾向について>

 

◎ダービー5着以内の関東馬 

→[3100]、今年の該当馬はディーマジェスティのみ。

  ダービー出走で6着以下の関東馬は直行だと軸×

 

▲前走がラジオNIKKEI賞1・2着馬 

→[2023]、直近3連敗も単複回収率120%超え。

  上記かつ、当日5番人気以内なら[2021]

 

▲3歳芝重賞で連対実績のある馬

6番人気以下でも[2127]、人気より穴で妙味有り!

  人気の盲点になること多々あり要注意。

 

×前走がダービー以外の夏全休馬

→中15週以上で[00222]、人気馬こそ軽視したい。

前走ダービー組は[54215]で中心。

 

?前走3着以下の1番人気

→ [0113]、1番人気全体の信頼度もイマイチ。

過去10年1番人気1着は関東馬のみ。

 

?横山典弘騎乗馬

 →[0108]、昨年9番人気2着もそれまで8連敗。

8連敗は2番人気2頭含め5番人気以内5頭。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより一部)

 

<京介> 最近はダービー帰りの方が、強い結果が続いているよね。それと逆に、10年ざっと遡って見ると、チラホラと500万勝ち馬や1000万入着馬がぽっと勝ったりする年もある。一言でこうだと言える大きな傾向は、本当はないレース。

 

<京介> だけども大雑把に言えば、夏の条件クラスと比べて春のダービー組がレベル高い年なのか怪しい年なのか、半分以上はそれが影響しているでしょ。トーセンシャナオー(前走500万下で2着)が勝った年は、確かダービー帰りじゃなくオークス帰りのキストゥヘヴンが最先着していたぐらい、弱い馬しか来なかった。このダービー帰り、ホントに大丈夫?と言う馬しか出てなければ、確かに条件馬やラジオNIKKEI賞組が有利になる、と大まかにまとめられるはず。

 

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> ディーマジェスティを筆頭に、関東の主力級が全部出てきたくらいのメンバーかと思います。

 

<京介> そうだわ、確かに関東馬これだけ春先も大健闘していたわ、と思い返せるぐらいには集まってくれたよね。500万勝ち直後の馬が複数いる少頭数だから、一見レベル低いのかなと思ったけれど。

 

<菊池> 強烈なトラックバイアスがなければ堅いんじゃないでしょうか。

 

<京介> とりあえず重賞で連対した馬が5頭いるから、穴が出たとしてもその範囲からじゃないかな。先導役はおそらくノーブルマーズかな。プロフェットやケンホファヴァルトがどう動くか、その上でディーマジェスティの仕掛け次第で前の組が楽に行けるかどうかが変わる、と言う流れだろうね。もちろん、ダービー好走馬の体力がダントツで上だったら、前がどう動こうが関係なくなるんだけど。

 

<菊池> では、人気が予想される上位5頭についてお願いします。

 

メートルダール

 

【 強み 】

 

<菊池> デビュー以来、重賞3戦を含めて掲示板を外したことのない堅実派。安定感に欠けるゼンノロブロイ産駒としては珍しいタイプですね。中山で差し脚を伸ばした経験も有り。

 

<京介> 前脚を叩き付ける走りだから、コーナーのカーブが緩いのは歓迎。春は惜しい所で重賞3着が続いて優先出走権を確定できなかったから、ちゃんとした充電期間がなく使い込まれすぎた。馬が大きく変わっている可能性があるんじゃないか、と思うよ。

 

 

【 弱み 】

 

<菊池> “ダービー不出走の夏全休馬”に該当してしまうので、あまり強気には推せません。掲示板内には来そうですが…。

 

<京介> こういう馬こそ、夏の1000万から出直してくるべきなんだよね本来は。休み明けと言うのは基本的に不利なんだから。力がハッキリ劣っていた、と言う馬はなおさら。

 

★総合評価:+2 (京介 +1 菊池 +1)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

プロディガルサン

 

【 強み 】

 

<菊池> 春先はもう一つコンディションが良くないながらもダービーにコマを進めた素質馬。

 

<京介> 確かダービーには十分間に合う賞金を稼いでいたけど、致命的と言えるタイミングで骨膜炎を発症したんだよね。成長を促したかったのに、間に合わすのがやっとの過程だったし、ダービーまでにもう一伸びとはいかなかった。これこそ充電期間で大きく変われれば、と言う馬だね。

 

<菊池> 国枝厩舎は先週の土日重賞で休み明けながらともに3着と堅実。ダービーと同様に田辺騎手とのコンビで挑めるのもプラス材料。

 

【 弱み 】

 

<菊池> ディープインパクト産駒のセントライト記念成績[01118]を見ると、中途半端な実績の馬は怖い印象も。

 

<京介> ちょっとスピードが勝ってるタイプに思えるから、セントライト記念は馬場有利の力を借りたい所。相手が順調でしかも強かったとはいえ、自分の本来のリズムでは走れなかった。それが影を落としていなければいいんだけど…。

 

★総合評価:+4 (京介 +2 菊池 +2)

 

 

マウントロブソン

 

【 強み 】

 

<菊池> 今年のダービーは皐月賞の上位5頭がそのまま掲示板を独占しましたが、この馬は春の二冠で6着・7着。次点級の力は証明しているんですよね。関西のA級が出てきていないここは、もちろん上位の格。

 

<京介> そうだね。いい所の関西馬が神戸新聞杯とで割れたのは良かった。堀厩舎は単勝1~6番人気ぐらいのゾーンなら、この中山2200mの信頼度が非常に高い。他の厩舎よりスタミナ調教がちゃんとできている証拠だともいえるね。プラス20kgぐらい増えているという馬体がどうなっているのかも楽しみ。痩せて枯れていた馬だったから。

 

【 弱み 】

 

<菊池> どうも中間にアクシデントがあったようで調整が今ひとつ順調ではないようです。今回のメンバーだと響きそう。他の上位馬が関東騎手騎乗で挑む中、川田騎手というのもマイナス材料とせざるを得ません。

 

<京介> 挫石というか、落鉄して釘を踏んだらしいね。予定よりも乗り込むのが遅れて、重目は明らかだと。マローブルー相手に遅れるのはどうかなと自分も思う。堀厩舎はこういうのをちゃんと表に出してくれるから偉いわ。能力は高いと思うけど、前日段階では下げておこう。

 

★総合評価:+1 (京介 0 菊池 +1)

 

 

ゼーヴィント

 

【 強み 】

 

<菊池> ラジオNIKKEI賞の勝ち馬はここも連チャンできるケースが多々。あとは何といっても絶好調の戸崎騎手ですね。もうここまで来ると“好調”って言葉が適当かどうか分かりませんが。

 

<京介> 春の流れからして、何で戸崎騎手がこの秋口になっても有力馬から騎乗予定が浮いているのかが謎だよね。ローズSには何も騎乗候補馬がいなかったのか。堀厩舎繋がりでマウントロブソンでも良かったはずだし、プロディガルサン騎乗の可能性も十分にあった。また今週も、この騎手を確保できた陣営の勝利、と言うオチになったりして。

 

 

【 弱み 】

 

<菊池> ラジオNIKKEI賞は記録面で平凡。今年はクラシック組が強いだけに、その点もどうか?

 

<京介> ラジオNIKKEI賞はどう見ても、戸崎騎手が福島開催絶好調だった影響でしょう。どんな馬でも馬群を割って来れたあの技術があってこその勝利。1番枠もそのことを前提に考えれば、有利な条件だったよね。それらを含めて、人気が割れていたメンバーでも1番人気に押し上げられた経緯がある。外回りでコーナーカーブが緩く、地力勝負となるコースで捲り合戦をされると、誤魔化しが効く余地がない。そういう競馬を上位馬にされるとさすがにどうかと。

 

★総合評価:+4 (京介 +2 菊池 +2)

 

ディーマジェスティ

 

【 強み 】

 

<菊池> かなりスタミナを問われた皐月賞であの強い競馬。ダービーもサトノダイヤモンドが外にヨレなければもっと際どかったでしょう。

 

<京介> 皐月賞好走馬でもこのレースは非常に有利な方なのに、いろんな有利があったとしても馬群を大回りする形で勝ちきれたのは大きいよね。このパフォーマンスを落とす要因がない限り、強い競馬で勝とうと動くと思う。


【 弱み 】

 

<菊池> ディープインパクト産駒不振のデータはありますが、このクラスになると負けていられないでしょう。母系が色濃く出ているキャラでもありますし。

 

<京介> 二ノ宮厩舎のランクが相当落ちてるよね。灰色(最下位グループ)の中でも結構下の方。皐月賞でディーマジェスティが勝った後は、7月半ばにボーシェルが未勝利を一つ勝ったっきり。

 

<菊池> そんなに勝てなかったんですね。今年8勝でまだ昨年の半分も勝ってない。

 

<京介> あの勝ち方をしたボーシェルはすぐ500万下も勝てると思ったけど、2着→疲れてバテて大敗と言う経緯。二ノ宮厩舎はこの秋をこの馬に賭けるつもりで仕上げると思うけど、正直ここまでランクが落ちるとこの秋は不安だわ。絶対、セントライト記念→菊花賞が確勝レベルってことはないわ。

 

★総合評価:+8 (京介 +3 菊池 +5)

 

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( プロフェット )

 

<京介> レース展開が向くかも?と言うのがあるね。今回は逃げ先行馬が大半条件上がりの馬だし、指数で目立った馬がいないから注目は低いはず。皐月賞・ダービーで2度も大敗しているし、まあかなり軽視されるのは間違いないでしょ。けど、揉まれ弱さがあるだけで、スピード性能はちゃんとあるんだよね。今回はいい条件だと思うので。

 

<京介> 京阪杯は外人騎手の好騎乗あっての押し切りだったけど、坂を苦も無くこなしているのがいい。使い詰めだとイマイチで、休み明けだと体つきが非常に良いタイプ。阪神の2400mで瞬発力勝負をするよりは、よっぽど良いでしょう。

 

 

( ステイパーシスト )

 

<菊池> 春先に比べて前走では20kgも馬体が増えてきて、背丈も伸びましたよね。出遅れ癖もあるのでゆったり運べるこのコースの少頭数は面白いかも。上位が何頭か脱落すれば。

 

(本当はカルヴァリオに出走して欲しかったなぁ。。レインボーSに出ますが、そっちだと人気ですよね。)

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

○ディーマジェスティ

▲プロディガルサン

▲プロフェット

△ゼーヴィント

△ステイパーシスト

 

<菊池> 

 

◎ディーマジェスティ

注プロディガルサン

注ゼーヴィント

△ステイパーシスト

△マウントロブソン

 

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!



コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ