金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京介・菊池グリグリの「週末重賞・展望トーク!~ 京成杯オータムハンデ ~」
お礼1
2016/09/09 11:50:00
テーマ: 重賞展望トーク
JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。
※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!

※推奨穴馬にご注目を!
(※推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリが1頭ずつ推奨中)

札幌2歳S トラスト 5番人気1着 単勝970円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

札幌記念 ネオリアリズム 5番人気1着 単勝1,730円
?content_type=blog&content_id=725&type=i


クイーンS ダンツキャンサー 11番人気3着 複勝1,070円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

GⅠでも!!

宝塚記念 マリアライト 8番人気1着 単勝2,510円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※2人とも上位評価!)

函館スプリントS ソルヴェイグ 12番人気1着 単勝3,940円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※大外でしたが…汗)

安田記念 ロゴタイプ 8番人気1着 単勝3,690円!
?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※勝つまでは読みきれずとも狙いすました1頭でした!)

?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ

競馬大予言16年秋G1トライアル号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057696/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから

京介・菊池グリグリの「週末重賞・展望トーク!~ 京成杯オータムハンデ ~」

※木曜夜の展望トークです

 

<菊池> 今週から中山が開幕!日曜日はお馴染み京成杯AHが行われます!こちらを展望していきましょう。

 

京成杯オータムハンデ展望

2015年京成杯AH回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50754735.html

 

<天候について>

 

<菊池> 木曜日に台風が上陸予定でしたが、熱帯低気圧に変わり、雨量もそこまでにはならなかったですかね。

 

<京介> 今日の感じだとパラパラとした程度で、しかも金曜日は晴れるんでしょ?おそらく土曜日は問題なく良馬場でやれそうな様子だけどもね。

 

<菊池> 日曜日は少し雨が降るかも?という予報ですが。

 

<京介> そう。前線が列島と被るんでしょ。大雨の可能性も…と言う感じらしい。これは読めないなあ。

 

<菊池> 天候の変化はつぶさにチェックしましょう。最近は頻繁に予想も外れます。

 

<京介> でもまあ、こっちとしてはあまりにも暑い日が続いたんで、もうそろそろこういう天気になってくれてもいいんじゃないの?とは思っていたから。中山競馬場はすぐ建物の中に逃げられるし、そんなに雨で苦労することはないはず。

 

<菊池> それはさておき、中間の馬場情報ですが。

 

<京介> ちなみにこの4回中山は、野芝開催なんだけれども、いつものエアレーション&シャッタリング作業を行っているとのこと。当日雨が降ったら…という馬場なのかもしれないね。相当重い馬場を覚悟で。

 

<菊池> 開催前半ほど差しが利くことも多々。注意深く見守りましょう。

 

<馬場について>

 

<菊池> 開幕週の中山です。昨年は時計が速い水準でしたが、差しが届く傾向でしたね。

 

<京介> 確か強風だかの影響があったんじゃないかな。もちろん今年と同じように、エアレーション作業の効果がうんぬん言われていた開催でもあった。

 

<菊池> それもありましたね。

 

<京介> ただ、昨年はフラアンジェリコの追い込みが取りざたされているけど、下級条件に目を配れば、何のことはない内枠&断然前有利の傾向だったんだよ。この京成杯AHで突然、あんな外差しタイプの追い込みが届いたんだよね。土曜日は逃げ馬が不慣れだったためか差しが届き、日曜日の条件戦では圧倒的な前残り、そしてメインレースで再度追い込みが届いたという流れだった。

 

<レース傾向について>

 

〇2番人気 

→[5122]、1番人気とは対照的に非常に高い安定感。

馬券圏外はいずれも6歳。5歳以下なら◎。

 

▲前走が1600万下かOP特別で1着

かつ1~5枠なら[5005]。単複回収値は275%107%

  サマーシリーズで疲れた馬より別路線組が◎

 

〇田辺裕信騎乗馬

→[2111]、元来得意な中山マイル戦だけに大活躍!

  平均7.2番人気で4年連続馬券圏内に好走。

 

×1番人気

2~3番人気とは対照的に[0019]、どうしても負ける。

新潟記念同様、シリーズ最終戦は荒れる。

 

×関西騎手騎乗の関西馬

→[00112]、関西騎手は中山芝1600m重賞で低調。

例外候補は、隠れ中山巧者の福永騎手だけ。

 

?前走がNHKマイルC

→[0035]、消せないが人気を考えると妙味がない。

3着馬はいずれも関東騎手騎乗の関東馬。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより一部)

 

<京介> サマーマイルシリーズを連戦している馬は、疲労がたまって上がり目がないというのが、いつもの回顧だよね。だからこそ別路線から来た馬の突然の激走がハマりがちだと。

 

<菊池> そうなんです。先週の新潟記念的なことがもっと分かりやすく起こるのが、この京成杯AH

 

<京介> NHKマイルC組が例年ダメなのは、中距離クラシック路線とはレベルの格差がある路線だし、古馬と合流して大抵は力の差を見せつけられる結果になるからだよね。ただこれは、3歳世代のレベル次第では、いつか克服されてしまうものだと思う。

 

<菊池> そうなんですよね。その点が今年は…感。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<京介> 今年は、サマーマイルシリーズにある中京記念・関屋記念を勝った馬が、それぞれ秋を目指すと言ってすぐ夏休みに入ってしまった。それだけ今年の夏は厳しいものだ、あるいは反動がやたら大きく休まないとまずい、という実感が現場ではあったのかな。

 

<菊池> 特にヤングマンパワーがあっさり休養したのは意外でした。

 

<京介> だもんで、ここを勝てば棚ぼたでサマーマイルシリーズ制覇できるチャンスがある馬が5頭以上いるわけだけれども、それでもざっと見渡して、1着が近走にほとんどない馬柱と言うのは寂しいなあ。この夏にしっかり走れている馬も、ほとんどいないということでしょ。

 

<菊池> そうですね。いずれも今回1着が条件。

 

<京介> だけど同時に、誰でもここで勝てばシリーズ優勝が確定する(シリーズ3戦中に2着までのポイントのみでは優勝の資格なし、どれか1勝してないとダメ)わけだから、非常にわかりやすいのはいい。みんな勝つために色めき立つし、展開も激しくなりそうだね。

 

<菊池> あんまりヌルヌルな競馬にならないと事前に考えられるのはありがたいです。

 

<京介> 夏場絶好調で来れている馬がいない、連戦の影響も心配…ということなら、前走着順度外視で、中山マイルの適性に寄せるというのがポイントじゃないかな。あるいは新潟記念での回顧にあったように、休み明けの馬が勝つチャンスが広がると考えたり。

 

<菊池> そう。あとはハンデ戦でもあるので着順固定の馬券は避けましょう。

 

<京介> 朱鷺S2頭は間違いなく穴人気するし、前走着順がいいからとダノンリバティは能力・適性以上に人気を集めてしまうからね。だからこそ、準備期間をしっかり取って、この条件を狙ってきた陣営の意向を素直に評価すると。シリーズ優勝を狙う馬同士で展開は厳しくするけれども、また休み明けの馬が漁夫の利をさらう…と言う結果になるんじゃないか。

 

<菊池> では、人気が予想される上位5頭についてお願いします。

 

ピークトラム

 

【 強み 】

 

<菊池> シリーズ優勝の可能性が残っており、コース勝ち経験もあります。

 

<京介> 脚を溜めてもあまり味がない馬だし、積極策の方針に戻して重賞で通用するようになった。新潟の関屋記念は脚質適性で相性が悪くても仕方ない。中山外回りへのコース替わりはプラスになる方。直前の雨を願いたいタイプだね。中京記念と同じ56kgなのは有利。

 

【 弱み 】

 

<菊池> 関西馬に関西騎手。特に小牧騎手を中山で買うのは勇気がいります。勝ったことがあるのはスマイルジャックで逃げ切ったスプリングSと、ローズキングダムの朝日杯FSの2勝のみ。

 

<京介> まあ常々言ってるけど、この馬はスピード勝負にてんで弱く、時計の壁があるから。それとシリーズ上位ポイント獲得馬だから、展開の的にされる可能性は高い。

 

★総合評価:+1 (京介 +1 菊池 0)

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

ラングレー

 

【 強み 】

 

<菊池> 矢作厩舎の柴田善臣騎手起用ってあまり件数はないのですが、意外と悪くなくて[43117]で単回89%・複回65%。芝は[3208]で単回143%、複回72%。まずまずです。

 

<京介> 距離が違うとはいえ、中山芝でいい勝ち方をしたことがあって、直線の坂が堪える方ではない。

 

【 弱み 】

 

<菊池> いつも過剰人気キャラでハンデ56kgもダノンリバティと同斤量ですか。イマイチ妙味を感じられず。

 

<京介> 前走の蛯名騎手のコメントで、「夏が堪えているかも…」と触れていたね。やっぱり本質冬馬なんだろうなあ。馬体はかなり良いと思うんだけど、まず絶好調では出て来れないんだろうね。

 

★総合評価:+1 (京介 0 菊池 +1)

 

 

ダノンリバティ

 

【 強み 】

 

<菊池> 勝てばシリーズ優勝とモチベーションのある1頭です。坂路の時計を見てもメイチ感。

 

<京介> この連戦過程を歩みながら、最後のレースでこれだけ追い切りで動けるというのは凄いな。本当に疲れがないのかも…と思わせるぐらいだね。2着だとダメだと分かって出走しているなら、信じてみてもいいか。ちなみに重馬場はむしろ歓迎。

 

【 弱み 】

 

<菊池> ピークトラムと同様にシリーズ皆勤組ですが、この手のタイプは毎度息切れがち。追い切りは動いていますが、全幅の信頼とは?

 

<京介> この馬があの大トビなのに出世できているのは、外枠を引く運がかなり強いからだというのを忘れちゃいけないんだよね。ここ1年はほぼ6枠より外でしょ。中山のマイルで内枠を引いたら、どちらかと言うと出脚も負ける方だし、グダグダになってもおかしくない。そうなると、松若騎手の中山経験の乏しさが大いに仇になりそう。

 

★総合評価:+2 (京介 0 菊池 +2)

 

 

ダノンプラチナ

 

【 強み 】

 

<菊池> 春の安田記念は蹄の不安で回避しました。無理をしない国枝厩舎だけに、ここに向けて態勢は整って来ているんでしょう。昨年のように差しが届く傾向ならチャンス。

 

<京介> 能力は抜けていると分かっているし、ディープインパクト産駒なら放牧帰りで復活して来るから。

 

【 弱み 】

 

<菊池> 何といってもハンデ58kgが気になります。

 

<京介> これまで55kg以下でしか勝ったことがない馬だし、背負い慣れてもいない。このレースも、斤量重たい馬がそこそこ勝つ…わけでもないんだよね。地力は十分に見せるけど、勝ちきるまでには至らないという結果が多い。

 

<京介> それとどうせこの先に、富士SやらマイルCSやらを見越しているんだし、サマーシリーズなんて目もくれていないんだから、叩き前提の甘い仕上げで出る可能性も十分ある。東京新聞杯の時がそうだったからね。

 

★総合評価:+1 (京介 0 菊池 +1)

 

ロードクエスト

 

【 強み 】

 

<菊池> 皐月賞・ダービー以外は大崩れせずに走っており、マイルでは[2100]。ハイレベルなクラシックを経験しているあたりは例年のNHKマイルC組と違う点です。斤量差も有利。

 

<京介> そこが大きいね。皐月賞、ダービーに出走しているマイラー。これは通用するしない、だけの話じゃなく、出ているだけでも違うはず。

 

<菊池> この馬も昨年のような馬場なら…でしょうか。

 

【 弱み 】

 

<菊池> とにかく1番人気が勝たないレース。関東騎手が有利な中で池添騎手。しっかり外差しが利く馬場にならなかったら取りこぼしもありそうで。

 

<京介> いや、3歳夏の時点で55kgは本当に重たいよな…。昨年のヤングマンパワーが、古馬相手に通用するのを示していて54kg。重賞1勝のみだからトウショウドラフタと一緒で良いのかと思いきや、1kg重いとは。

 

<京介> それにどうしても積極先行する脚がないタイプ、後方から直線に向いてやっと競馬が始まるタイプだから、戦法が限られるのもキツイ。このクラスで二枚ほど力が違わないと、外から大捲りで勝てたりしないからね。

 

★総合評価:+3 (京介 +1 菊池 +2)

 

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( ダイワリベラル )

<京介> ダービー卿CTはレベル高かったでしょう、ということを再証明してほしい。あの時ですらメリハリに乏しい馬体だった馬だから、まだ上昇余地はあると思っているんだ。中山は大得意な馬だし、前走から比べれば条件は好転。多少間隔が空いても問題なく走れるタイプ。北村宏司騎手なら、無茶な外回しはしないだろうし。56kgのハンデは高いけれども…。

 

( ペイシャフェリス )

 

<菊池> 中1週ですが、南Wで凄い時計を出していますよね。よっぽど具合がいいんじゃないでしょうか?

 

<京介> ああ、取られてしまった…けどやっぱり注目するよね、この動きを見たら。

 

<菊池> 前走、朱鷺S組も悪くないローテですし、一発に警戒しておきたいと思います。

 

<京介> 前走1着馬が単純に有利なレースでもあるし、中山マイルも大得意だし、今まで条件戦を歩んでいたからまだ53kg。これも大きいなあ。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

▲ロードクエスト

▲ダイワリベラル

▲スマートオリオン

▲ペイシャフェリス

 

<菊池> 

 

▲ペイシャフェリス

▲クラリティスカイ

△ロードクエスト

△ダノンリバティ

△ダノンプラチナ

☆リーサルウェポン

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ