金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京介・菊池グリグリの「週末重賞・展望トーク!~ 新潟記念 ~」
2016/09/02 16:33:00
テーマ: 重賞展望トーク
JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。
※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!

※推奨穴馬にご注目を!
(※推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリが1頭ずつ推奨中)

札幌記念 ネオリアリズム 5番人気1着 単勝1,730円
?content_type=blog&content_id=725&type=i


クイーンS ダンツキャンサー 11番人気3着 複勝1,070円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

GⅠでも!!

宝塚記念 マリアライト 8番人気1着 単勝2,510円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※2人とも上位評価!)

函館スプリントS ソルヴェイグ 12番人気1着 単勝3,940円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※大外でしたが…汗)

安田記念 ロゴタイプ 8番人気1着 単勝3,690円!
?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※勝つまでは読みきれずとも狙いすました1頭でした!)

?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ
16
年夏競馬号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057467/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから

京介・菊池グリグリの「週末重賞・展望トーク!~ 新潟記念 ~」

※木曜夜の展望トークです

<菊池> 今週は新潟記念が行われます!こちらを展望していきましょう。

 

新潟記念展望

2015年新潟記念回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50754380.html

2014年新潟記念回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50734281.html

 

<天候について>

 

<菊池> 新潟市の週間予報では、天気が良さそうですね。

 

<京介> 今週末はモロに快晴っぽいな…。結局新潟は徹頭徹尾、パンパンの良馬場ばかりで終えることになりそうだね。せめて30℃ぐらいで留まって欲しいなあ。いい加減暑すぎるんだよ新潟は。

 

<菊池> だいぶ秋っぽい風が吹くようになってきましたし、落ち着くといいですね。

 

<馬場について>

 

<菊池> 改めて先週の馬場を振り返りましょう。

?content_type=blog&content_id=725&type=i

<京介> 雨も降っていないし、多少見た目に荒れても内側が問題ないことが多い新潟競馬場だけど、それでも45週続いてそろそろ内が耐えられなくなってきた…というのが今の状況だろうね。でも2歳馬ならともかく、夏場の連戦に耐える古馬、それもオープン級なら馬場に脚を取られるほど弱くはない。そこは気を付けたいところ。

 

<菊池> 昨年のマイネルミラノは道中で内め。直線で徐々に外へというルートで2着。内枠全消し!みたいなことはやめておきましょう。

 

<京介> 下級条件の外枠有利状況を読んで、この新潟記念でも馬場の大外、外ラチ沿いにまで張り出す騎手が多いし、たまに遠征で来る関西騎手はしょっちゅう馬場の外8分ほどまで出すルートを通るけど、デムーロ騎手や戸崎騎手は考え方が全然違うんだよね。オープン馬ならコーナーでも内でいいし、真っすぐ真ん中ぐらいで馬が耐えるのを良く分かっている。そこまで外に出す必要がないわけで。ハンデ戦の一発勝負で急に条件戦と別のルートを通って、それでうまくハマるパターンが何度もあるから。それに注意したい。

 

<菊池> 相変わらず時計は速い水準と見ていいでしょうか。

 

<京介> 芝の1200m18秒台がまだ出るなら、時計が掛かると言うほどではない。

 

<菊池> 先週の開催を経て内の傷みが進んできた感じですかね。

 

<京介> 芝の色が、荒れている部分と良い部分とでハッキリ区分けされてはないけどね。その境目はわからないけど、内ラチ近くだけ進んでいると絶対に伸びないのは確か。

 

<レース傾向について>

 

▲前走が七夕賞・小倉記念で1~3番人気

→[44210]、夏シリーズは人気とハンデのバランスが重要。

さらに前走3着以下[3425]、複勝率↑

 

▲前走7着以内で今回3~5枠の馬

→[55523]、特に3枠はやけに好調で[3225]

  前走7着以内が[97780]、前走大敗は×。

 

▲ハンデ56キロの7歳馬

→[2203]、昨年の勝ち馬(6番人気)も該当!痛恨!

  他の好走例も10・9・7番人気、複穴量産。

 

?トップハンデ

上位人気多数ながら[10111]、1着は11頭立ての年。

多頭数でのトップハンデは買っても3着まで。

 

?1番人気

→[1009]、唯一の1着も4.6倍。買っても押さえまで。

勝ち馬の平均人気は6.3番人気。18.5倍。

 

?前走が小倉記念・七夕賞の1着馬

→[0003]、ハンデを背負わされて人気、連勝は難しい。

前走1着馬が[23027]、不振傾向にある。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより一部)

 

<京介> 今のサマー2000シリーズのトップはネオリアリズムの13点だったね。現在10点から5点、逆転のチャンスある馬が8頭いて、その大半が新潟記念に出走してくる。こういう場合ってほぼ新潟記念出走馬からチャンピオンが出るものなんだよね。そして有力馬がざっと集まるから、こうしてフルゲートになる。

 

<菊池> 函館記念・七夕賞・小倉記念の優勝馬が集合しました。ここまで集まったのは初でしょうか。

 

<京介> なので、新潟記念の手前でサマー2000優勝馬が決まってしまった年の、レベルが落ちた年の新潟記念の履歴は除外して考えるべき。というわけで、2011年、2013年の結果は度外視で。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<京介> モーリスが札幌記念に登場するから、もう事前に新潟記念行くわと表明する有力馬が多かったよね。中でも展開のキーになるのは、昨年2着馬のマイネルミラノ。柴田大知騎手が昨年のちょうどいいペースを知っているだろうし、ちゃんと脚が残るように逃げると思う。

 

<菊池> 新潟らしい後傾ラップになることは確実でしょう。

 

<京介> ただ今年のマイネルミラノはシリーズ優勝候補。絶対に人気を集めるはずで、メイショウナルトやエーシンマックスも出走する。さすがに昨年よりも圧がキツイかな。

 

<菊池> もちろん単騎で逃げたほうが楽ですが、今のマイネルミラノならば、是が非でもハナ!というわけではありません。斤量が楽じゃないですけども。

 

<京介> ポイントは展開かスタミナか、というところだけど、新潟記念に出走するまでいい準備ができたかどうかじゃないの?放牧帰りで、十分勝負になる態勢にあるか、が一番重要だと思う。前走七夕賞、前走函館記念組がちょっとは有利になるんじゃないのかな?

 

<菊池> その逆で、しんどいのは七夕賞→小倉記念と使った後に、ここへ出てくる組でしょう。

 

<京介> 結構高齢の馬が多いから、ここを狙っていたのに計画通りに良くならない可能性も高いと思う。この夏だし、休ませてシャキッとする、休ませて前走反動で緩んでしまうの差は大きく出るんじゃないかと考えているんだよね。

 

<菊池> では、人気が予想される上位5頭についてお願いします。

 

ベルーフ

 

【 強み 】

 

<京介> 前走は不利がなければ勝っていたと言っていい内容だと思う。新潟外回りは一息でも、ペースが速まるのはいいはずだよね。

 

<菊池> 勝てば優勝なのでモチベーションの高い一頭ではあります。

 

 

【 弱み 】

 

<菊池> 新潟2歳Sもハービンジャー産駒は人気を裏切りました。

 

<京介> そうなんだよね。ハービンジャー産駒は、どうしても複数条件で跨いで活躍するほどじゃあない。池江泰寿厩舎も、サマーシリーズはそんなに本腰入れてない厩舎だし、そんなに本腰入れて仕上げるかなあ?

 

★総合評価:±0  (京介 0 菊池 0)

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

マイネルミラノ

 

【 強み 】

 

<京介> オープンに上がってからしばらくは、速い流れで後続に脚を使わせる逃げしか打てなかったけど、スローペースで脚を溜めて逃げるのを覚えてからの重賞初制覇だった。

 

<菊池> 若い頃から深いブリンカーを付けていた気難しい馬でしたが、徐々に落ち着いてレースをできるようになったことが成績安定につながっていますね。暖かい(暑い)時期の方が走る馬でもあります。

 

<京介> 新潟外回りの成績が常に良いタイプではないけれども、158秒前半走破の記録が複数ある。ただ放置してしまうと押し切られる実力が付いたのは間違いないから。アッサリ軽視はできなくなってきたね。

 

【 弱み 】

 

<京介> 強い逃げ馬と分かっていても捕まえられない、というレベルではないから、また斤量が少し増えるのはね。中間の調整と同型の出方次第だけれども。

 

<菊池> 大知騎手って小技に長けている反面、大味なコースは得意じゃないですよね。芝1000mが本当にダメで、過去5年未勝利なんですけども、それに次いで下手なのが芝2000m(外)で[11421]。昨年は人気薄&うまく立ち回って2着でしたけど、的にかけられる立場だとあまり評価したくない、というのが本当のところですね。

 

★総合評価:+2 (京介 +1 菊池 +1)

 

 

アデイインザライフ

 

【 強み 】

 

<菊池> ほとんどのレースで当たり前のように上がり最速をマークするキャラ。新潟外回りはベストな舞台と言える大トビでキャラではあります。

 

<京介> とにかく素質を無条件で買われていて、常に過剰人気。この場面でサマー2000優勝に絡む馬を押し退けて人気を集めるほどなら、大したものでしょ。

 

<菊池> 巨漢で脚元に気を遣いながらなので連戦が利かないタイプなので、ここが叩き台ということではなく、この馬なりに狙ってきているでしょう。

 

【 弱み 】

 

<菊池> 連勝後ですが3月以来。このローテがさすがにどうでしょう。

 

<京介> キンキンに仕上げた馬が片手じゃ足りないぐらい集まる場面だからね。単純に休み明けで先を見越しつつ…の馬では、よっぽどじゃないと出番が回らないでしょ。

 

<菊池> 素質で圧倒していれば、ですね。

 

<京介> それとこの馬は全然ディープじゃないしね。前走で560kgを超すぐらいある、かなりの筋肉質巨体骨太タイプだから、速力が足りる感じではないと思うけどなあ。

 

★総合評価:+2 (京介 +0 菊池 +2)

 

 

ダコール

 

【 強み 】

 

<京介> 新潟開催であれだけ芝で冴えているM.デムーロ騎手に乗り替わり。これは単純にプラスと見てもいいのでは。まあ、優勝のためには1着必須だから、イチかバチかを要求される場面だってことだね。陣営一丸になっている証拠だともいえる。

 

<菊池> G1どころか、別定G2でも足りないキャラなので、先を見越していません。完全にこのシリーズに全力投球のローテ。

 

<京介> それとこの新潟記念は、関西騎手が勝手に変な挙動をするから追い込み馬でも別に揉まれない。

 

【 弱み 】

 

<菊池> 七夕賞→小倉記念を経ての3戦目。結構な強行軍になります。

 

<京介> やっぱりトップハンデの呪いは強烈だと思うんだよね。この条件は。何かしら上手く運べた馬にやられる流れがどうしても見えてしまう。直線一度でも先頭に立てたら褒めていい、ぐらいの馬だと思うんだよね。

 

★総合評価:+4 (京介 +2 菊池 +2)

 

 

アルバートドック

 

【 強み 】

 

<京介> 若いというのがまず大きい。七夕賞から新潟記念だから、十分に準備できる猶予もあるし、夏の一番暑い時期を避けて調整できたのもあるはず。須貝厩舎でも全然問題ないのを証明した。

 

<菊池> G1レーシングにとっても稼ぎ頭級。ソルヴェイグでスプリントシリーズ優勝を逃した分もこちらに力が入るところでしょう。

 

【 弱み 】

 

<菊池> 1番人気&トップハンデ(タイ)という二重苦。傾向的には危険視したいところです。前走より追い切りも地味ですかね。

 

<京介> 追い切りはしっかり確認しておきたい。ただ、福島で神騎乗連発だった戸崎騎手のパフォーマンスだからね。あそこから今回58kgだからなあ。決して背負い慣れてはいない。

 

★総合評価:+3 (京介 +1 菊池 +2)

 

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( バーディーイーグル )

 

<京介> 勝つほどとは思っていないんだけど、七夕賞・小倉記念・函館記念辺りのルートで、デキが確実に良かったはずなのに全然走っていない馬と言えばこれ。七夕賞の回顧でも拾いました。

 

<菊池> そうでしたね。

 

<京介> あまりにも反応が悪かったからいろいろ考えたけど、やっぱり右回りがあまりに下手だったんじゃないかと。左回りの今回替わって見直したい。芝を走るようになって、もうデブ馬じゃないし、体がキレるようになったしね。

 

( クランモンタナ )

 

<菊池> 56kgの7歳馬に唯一該当しているのがこの馬。さすがに前走は事故レベルと片付けられているのでしょうか、斤量が2kg重くなることもあってか、そこまで人気にならないようです。が、一昨年の2着馬で昨年の新潟記念・新潟大賞典も0.5秒、0.9秒負けでコース実績もそこまで悪くないですし、ここに全力投球する理由も十分です。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

▲バーディーイーグル

▲ルミナスウォリアー

△ダコール

△アルバートドック

 

<菊池> 

 

▲クランモンタナ

△ダコール

△アルバートドック

△アデイインザライフ

△ルミナスウォリアー

△マジェスティハーツ

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ