金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京介・菊池グリグリの「ショート展望トーク!~ 北九州記念 ~」
2016/08/19 09:41:00
テーマ: 重賞展望トーク
JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。
※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!

※推奨穴馬にご注目を!
(※推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリが1頭ずつ推奨中)

クイーンS ダンツキャンサー 11番人気3着 複勝1,070円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

CBC賞 レッドファルクス 3番人気1着 単勝750円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

宝塚記念 マリアライト 8番人気1着 単勝2,510円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※2人とも上位評価!)

函館スプリントS ソルヴェイグ 12番人気1着 単勝3,940円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※大外でしたが…汗)

マーメイドS リラヴァティ 6番人気1着 単勝1,080円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※展開読みもバッチリ!)

安田記念 ロゴタイプ 8番人気1着 単勝3,690円!
?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※勝つまでは読みきれずとも狙いすました1頭でした!)

?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ
16
年夏競馬号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057467/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから

京介・菊池グリグリの「ショート展望トーク!~ 北九州記念 ~」

※木曜夜の展望トークです

 

<菊池> 今週の『ショート展望トーク』は北九州記念です。

 

北九州記念展望

 

<天候・馬場について>

 

<菊池> 小倉は相変わらず雨が降らないようで。九州地方は、猛暑日の連続記録だとか怖い話ばかりですね。

 

<京介> うわ。過去の天気を遡っても、1か月のうち9割が晴れマークじゃない。しかもほぼ35℃を記録し続けているし。これは道路がひび割れるレベルなんじゃ?

 

<菊池> 恐ろしい世界です。

 

<京介> 関東はやっとこさ雨が降ったと思ったら、滝(のような雨)と怒号(のような轟き)と稲光が凄すぎて別世界に迷い込んだような感じなのにね(笑)。そんな地域もあるなんて、日本は広いなあ。

 

<菊池> 改めて先週の馬場傾向を見ておきましょう。

?content_type=blog&content_id=725&type=i


<菊池> 前週に比べて逃げ馬の連対が減りました。

 

<京介> 芝の未勝利だと、重馬場なの?と思うぐらいに上がりが掛かっている。序盤のペースがやたら速くなりがちで、バテバテになった末にまだ直線がある、と言う展開になっているからだね。

 

<菊池> これまた不思議な現象ですよね。

 

<京介> 小倉の芝としては、超高速の部類では決してなく、標準から若干掛かるぐらいの決着が続いているのに、道中のペースは超高速馬場の時のようなラップを刻むレースが多い。こりゃ確かに逃げ馬はキツイわな。先週、先行して捲りを受けて立って押し切った馬は、かなり強いんじゃないかと思えるぐらい、スタミナ型差し馬が有利だったと思う。

 

 

<レース傾向について>

 

☆ハンデ52キロ

→[44115]、過去10年で8連対!単回536%

ほぼ人気薄でヒモには全押さえもアリ

 

〇前走が1000万下1着の4歳馬

→[2122]、軽ハンデ恩恵&人気薄なので妙味

  同条件で1600万下だと[0214]

 

〇サクラバクシンオー産駒の4歳馬

→[2211]、現4歳が最終世代なのでラストチャンス

  5歳以上[10212]、大幅に下落。

 

×ハンデ56.5キロ以上

→[01016]56キロも[10316]で微妙なライン。

連対圏は55キロ以下から選ぶべき。

 

?父がサンデーサイレンス系

過去10年でたった2勝の苦手重賞、人気馬ほど疑うべし。

母父SSも[0117]、合っていない。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」診断』掲載データより抜粋)

 

<菊池> ↑を出しておいてなんですが、今年は北九州記念が1200mになってから最少頭数のレースなので、過去とは分けて考えた方がいいかもしれませんね。

 

<京介> そうか、今年は13頭という、過去10年と比べても最少頭数なんだ。だけど先週の芝を見ていると、緩めようと思っても緩めにくい状況だと思うんだけどね。

 

<菊池> 例年、かなりの前傾ラップになる重賞ですね。

 

<京介> 昨年は前半327-後半3462秒も落差があるハイペース。今年も好位勢がベルカントに睨まれるから、ベルカントが来る来ないは別にして、適度にペースは上がるものと思うんだけどどうかな。

 

<菊池> “どうせ速くなる”という解釈ですね。2年前だけが、妙に落ち着いたペースでレアケースだという回顧になったはずですが。

 

<京介> ほとんど軽量馬が来るレースだというのに、昨年のベルカント+ビッグアーサーの決着には参ったよ。12番人気同士の決着なんて、永遠にあり得ない重賞だと思っていた。昨年のことがあるから、今年の分析はホント迷うんだよね。

 

<菊池> 後のサマーチャンピオン(連覇目前!?)と、G1馬ですから仕方ない面も。

 

<京介> それと今年は、小倉芝1200m1000万・準オープンをステップにして臨む馬がいない。これは何気に困る。CBC賞もアイビスSDも決して有利ローテーションではないし、バーデンバーデンC組に至ってはほぼ壊滅に近い。今年こそさすがに、前走の好走を素直に受け止められない・受け止めてはいけない年じゃないかと思っているよ。

 

<菊池> では、人気が予想される3頭について。

 

ラヴァーズポイント

 

【 強み 】

 

<京介> 意外に体格がいいから、一度スタートダッシュが安定すると重賞でも足りるんだよね。前走直線坂コースで粘れたのも、ちゃんとした馬力があってのもの。

 

<菊池> これまでCBC賞好走馬は苦戦傾向にありましたが、今年は中京が高速馬場だったので連続好走があっても驚けません。父が非サンデー系なのもプラス。

 

<京介> それと昨年高橋康之厩舎に移ってから、馬が一回り成長したものと捉えて良さそうだよねこの履歴は。馬体が枯れた6歳というより、今が勢いに乗れている牝馬だと考えるべきか。

 

【 弱み 】

 

<京介> テンに厳しく上がりが掛かる消耗戦だと粘り通せなくて、前後半イーブンの平均ペースがいいタイプじゃないかと。それに逃げ候補の馬として、ノーマークからやや人気になるのが一番キツイ。この馬がケアすべき相手だとベルカントに見られたら、アッサリ交わされそうにも思う。

 

<菊池> 小倉自体は良さそうですが、北九州記念らしいレースになってしまうと不安アリといったとっころでしょうか。

 

★総合評価: (京介 +1 菊池 +2)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

オウノミチ

 

【 強み 】

 

<菊池> 4戦2勝、2着1回の得意コースですね。この馬自身もそうですが、2年前に同じオレハマッテルゼ産駒のメイショウイザヨイが13番人気2着。その他、同産駒の着度数トップのコースです。

 

<京介> 前走パドックで本命を打ったんだけど、格上挑戦でも全然見劣りしなかったし、逃げずに前を壁にしてピタリ折合えるのを示したのも大きい。自在の立回りができると考えて臨めるのは、ハイペース戦に向かう上で気持ちとして楽だよね。17秒台の持ち時計もある。

 

【 弱み 】

 

<京介> バーデンバーデンC組はこのレースとやけに相性が悪いんだよね。ここから北九州記念で馬券対象になったのは、バーデンバーデンCで全く流れに乗れなかったツルマルレオンのみ。オープンクラスになってくると脚の使い方が全然違うんじゃないかな。

 

<菊池> これ意外ですけど繋がりませんね。連続好走がなかなかない。七夕賞→小倉記念が繋がりにくいのと近いかも。

 

<京介> それに佐々木晶三厩舎が福島の最終週ボロボロ芝のオープンに、格上挑戦でぶつけてくる理由は、「どう見ても相手が弱いから」と言う判断が大きいと思う。北九州記念をまじめに狙うなら、小倉の準オープンをひと叩きして来るだろうし…。

 

★総合評価: (京介 +0 菊池 +1)

 

 

ベルカント

 

【 強み 】

 

<菊池> シリーズ優勝が今年の大目標で、他馬が尻尾を巻いて逃げる(出走しない)ほどの本気度です。

 

<京介> 連覇が難しいレースだとは言え、昨年は事実上の圧勝だからね。絶好調キープなら、昨年の再現をされてもおかしくないと考える人は多いでしょう。

 

<菊池> 相手も揃いませんでした。

 

<京介> ちなみにM.デムーロ騎手は、小倉にはめったに乗りにいかないけれども、今回のような重賞スポット参戦でも結果を残している人です。

 

【 弱み 】

 

<菊池> 56kg(牡馬換算で58kg)くらいでしょうか。実績差を考えればやや軽い気もしますが。

 

<京介> いや、この馬の場合、長らく積極主張や先行策を続け過ぎているから、もうそれで脚質が固まっていることが不安だね。上がり最速なんて出したことがないし、ヤマっ気を出して2列目に控えて柔軟に対応できるとは思えない。3歳の夏に初めて挑戦した北九州記念は、控えて対応しようとして全然弾けなかった。

 

<菊池> 今の小倉の状況も併せて考えれば尚更。

 

<京介> だから、56kgを背負って厳しいラップを受ける競馬にならざるを得ないんだよね。昨年はそれで勝てた。1kg重い今年はどうかと。

 

<菊池> もしかしたら、どハマリした誰かにやられる?という可能性は考えておいたほうがいいかも。

 

★総合評価:+6 (京介 +2 菊池 +4)

 

~~~~

 

<菊池> では、上記3頭以外の推奨馬を挙げましょうか。

 

( ローズミラクル )

 

<京介> ローズミラクルは、55秒台を超えるならともかく、直線競馬に向いている馬ではなかったと思う。550kgを超す大型馬で関節も太く飛節も重ための馬力型だったからね。それに、いちいち触れなかったけど、実は吉田隼人騎手もメチャメチャ直線1000mを苦手としてる騎手なんだよね。減量騎手時代の成績を抜けば連対率が1割チョイしかないし、ここ3年間はずっと連対すらない。二重苦の条件だったと思うんだよ、ここ2戦は。

 

<菊池> そんな中で5着はよくやった方だったと思います。

 

<京介> 直線競馬に向いていた前走の上位馬よりも、適性面でのプラスは大きいんじゃないかと。

 

( ベルルミエール )

 

<菊池> 昨年の3着馬で前走が復調気配を感じさせる内容でした。ラヴァーズポイントとの斤量差も詰まります。太宰騎手がこの小倉開催で、「本当に何してんの?」ってくらい存在感が全くないことは不安要素ですが…。

 

~~~~

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論はコラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ