金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京介・菊池グリグリの「週末重賞・展望トーク!~ 札幌記念 ~」
2016/08/18 23:33:00
テーマ: 重賞展望トーク
JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。
※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!

※推奨穴馬にご注目を!
(※推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリが1頭ずつ推奨中)

クイーンS ダンツキャンサー 11番人気3着 複勝1,070円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

CBC賞 レッドファルクス 3番人気1着 単勝750円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

宝塚記念 マリアライト 8番人気1着 単勝2,510円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※2人とも上位評価!)

函館スプリントS ソルヴェイグ 12番人気1着 単勝3,940円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※大外でしたが…汗)

マーメイドS リラヴァティ 6番人気1着 単勝1,080円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※展開読みもバッチリ!)

安田記念 ロゴタイプ 8番人気1着 単勝3,690円!
?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※勝つまでは読みきれずとも狙いすました1頭でした!)

?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ
16
年夏競馬号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057467/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから

京介・菊池グリグリの「週末重賞・展望トーク!~ 札幌記念 ~」 

※木曜夜の展望トークです

 

<菊池> 今週は札幌記念が行われます!こちらを展望していきましょう。

 

札幌記念展望

2015年札幌記念回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50753669.html

 

<天候について>

 

<菊池> 札幌は週中から週末にかけて傘マークが並んでいます。

 

<京介> 久々に北海道は雨開催になりそうだね。ただ、天気図はそんな大雨になる感じはないと思うんだけど。3年前函館代替開催の酷い馬場の時以外は、ほぼ良馬場でやれているレース。雨予報をどれだけ信じられるか、という所だね。

 

<菊池> 土曜日の競馬の結果や直前の予報からしっかり経過を見守っていきましょう。晴れていれば水はけが良い点にも注意です。

 

<馬場について>

 

<菊池> 改めて先週の馬場を振り返りましょう。

?content_type=blog&content_id=725&type=i


<菊池> 札幌芝は脚質や好走枠に大きな偏りがない、フラットな馬場状態が続いていますね。

 

<京介> ハイペースの逃げ粘りもあるし、スローの外差しも届く。逃げ馬+追い込み馬の決着もある。札幌で上手く脚を使える使えない、の差が出るかどうかでしょう。馬場の6~7分所を通っても連対できるからね。普通それ以上外に張り出すと、調教で使っているコースになってしまうから、あまり外を回す競馬はしないものだけど。

 

<菊池> 頭数や展開にもよりますが、そこそこ外からでも届いている。同時に、中距離はあまり内に優位がないような。

 

<京介> それと1回札幌芝は、1番人気の勝率が5割超えたって。複勝率も8割近い数値。1番人気の単複買い続けて両方プラスってよっぽどな偏りだな。2番人気の2着数が15回でダントツに多いのも凄く、これまた複勝率が6割近く。3番人気になると一気に率が落ちて、3番人気から7番人気までがほぼ同率。

 

<菊池> 非常に人気が正しいということですね。

 

<京介> ありていに言えば、一番チャンスがあると思わせた馬がちゃんと結果を残していると同時に、ダメ押しされた馬がとことんダメ、と言う状況があるんだろうね。三つ巴や四竦みの状況になっている時に、1番人気に押し上げられた馬と、3番人気以下に落ちた馬とは運命が違うという感じか。クイーンSでシャルールが好走し、ウインプリメーラがコケたのを見て、凄い人たちがいるなと思ったもの。

 

<レース傾向について>

 

〇1番人気 

→[3403]、5歳馬なら[2300]で信頼度アップ。

基本は人気馬強いが、4歳[0002]

 

〇武豊騎乗馬 

→G昇格後は[6101]、驚異の連対率87.5%

  唯一の着外は9番人気。人気馬は勝ち負け。

 

〇1~5番人気のノーザンF生産馬 

→[4212]、安定感抜群で単複回収値218%161%

かつ牝馬は[2101]、3歳は[2100]

 

×前走より負担重量が増える馬

→[01350]、高額賞金の別定Gらしい傾向アリ。

2・3着例は函館記念好走馬のみ。

 

?前走の4角通過順位が1番手

→[10010]、唯一の逃げ切りは差せない道悪馬場。

差し馬有利コースで逃げ馬は苦戦傾向。

 

×角居勝彦厩舎の所属馬

→[0005]、人気馬も人気薄も見せ場なく敗れており。

国枝栄厩舎も人気馬含め[0105]と苦戦。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより一部)

 

<京介> 函館記念で好走した馬が、札幌記念に来ると「パフォーマンスが必ず落ちる」と思わせるぐらい走らない。これは大事だよね。いつもそう。充実していそうな勝ちっぷりを見せた馬でも、ちょっとした斤量増、ちょっとした相手強化でコロンと負けてしまう。競馬って簡単な数字の足し算じゃないんだな、と思わせる履歴だわ。

 

<菊池> 加えて昨年の回顧では、盲点になっている格を重視しよう、と振り返っていました。

 

<京介> G3連戦のどさ回りをしている馬と、G2G1を行ったり来たりしている馬とは、全然体の強さが違うんだと感じさせるのも、こういうローカル場のG2で改めて思ったりするね。パドックでもそうだし、実際のレースのコーナーで感じるスピード差などでも。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> 何といってもモーリスの参戦がポイントでしょう。鞍上が札幌で大暴れ中のJ.モレイラ騎手です。

 

<京介> 安田記念を余力十分の楽勝だったら、宝塚記念にも出したいという話もあったし、以前から中距離を試してみたいという考えはあったようだね。1800mなら既に後方から差す競馬で勝っている。モレイラ騎手もこの馬に今年の香港チャンピオンズマイルで騎乗しているのもポイント。

 

<菊池> 最近の重賞ではよくあることですが、今回も明確な逃げ馬が不在です。

 

<京介> これが本当にわからないね。モーリスが行くのでなければ、スタートの良いダンツキャンサーか、あるいは逃げて重賞連対があるマイネルフロストかな?ロジチャリスも行っていいタイプだと思うんだけど。

 

<菊池> 中距離以上の別定G2は特別出走手当があり、それ目当ての馬も多いのでメンバー間の格差が大きいですね。

 

<京介> あとは先週エルムSの結果が気になるなあ。ギリギリまで本土の厩舎にいた方が体調良かったかも、の疑い。北海道はここ3週間ほどが連日30℃に上る猛暑続きで、例年より平均6~7℃は高いわけでしょ。滞在だと暑さで肌艶がコケる、疲労が抜けない気候だったのかな?とちょっと思っているんだ。

 

<菊池> それも難しいですよね。北海道が暑いと言っても、本州の方が暑いですから。厩舎の設備が影響している可能性を考えるとか?かな。厩舎の方が外気の気温は高いけど、滞在馬房より設備が良い分、涼しい?とか。このあたりは実際に取材していないので、ウラを取れていませんが。

 

<京介> 例年、パドックを見返して「あ、そういうことだったのか」とわかる事情も多いから、不安材料が急に出てきた、突然解消されたための変わり身には注意しておきたい。

 

<菊池> では、人気が予想される上位5頭についてお願いします。

 

ヒットザターゲット

 

【 強み 】

 

<菊池> 昨年の2着馬。今年も目黒記念で0.1秒差3着、大きな衰えは見せていません。

 

<京介> G2であればまだまだ戦える馬。57kgで戦えるG2はいつでも変わり身に注意。

 

【 弱み 】

 

<京介> 小牧太騎手は、先週の落馬負傷の影響は大丈夫だったのかね。小牧騎手自身、48歳になるからそろそろ心配だわ。

 

<菊池> インタビューなんかでも、割と体にきているんじゃないか?というコメントが見られることもありますからね。

 

<京介> まずもって、重が残って滑る馬場になると、追い込み馬にとって札幌の洋芝はだいぶキツイ。コーナーで駆けあがれないと…。この馬自身、直線に向いてからの僅かな区間だけでやっと加速するようなキャラだから、ゴール前混戦になる必要がある。

 

<菊池> 昨年は目黒記念から、というローテでしたが今年は宝塚記念を挟んだのがどうか、というのも気になります。

 

★総合評価:+2  (京介 +0 菊池 +2)

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

レインボーライン

 

【 強み 】

 

<菊池> ノーザンF生産の3歳馬。傾向的には上位人気なら押さえておかないといけない1頭になります。

 

【 弱み 】

 

<京介> ダービーを経験しているとは言え、古馬相手のG2に休み明けで登場、おまけに2000mという守備範囲ではない距離。悪い材料の方が遥かに多いと思うけどね。

 

<菊池> そうですね。それでいて旨みはあまりなし。

 

<京介> それに430kg台の馬体で、ダービー当日はもう勝負鞍が終わって馬体が枯れていた。回復して持ち直すのがやっとのところでしょ。

 

★総合評価: (京介 +0 菊池 +0)

 

 

ヤマカツエース

 

【 強み 】

 

<菊池> 右回り・コーナー4つ・2000mがベストの舞台で洋芝OK。昨年も強敵相手に4着と健闘。

 

<京介> 宝塚記念のタフな状況から比べれば、遥かに条件は好転している。

 

【 弱み 】

 

<菊池> 京都記念出走馬がその後まったく走っていない。京都開催では滅多に見られない水準の道悪だったことが堪えているのでしょうか。

 

<京介> それと、3歳から4歳にかけての成長過程だからままあり得ることだけれど、500kg台になって明らかに動きがイマイチになったよね。中山記念の492kgでもモサッとしていたけど…。この馬の過去通用したレベルから比べて、結構骨っぽい相手だと思うし、体のキレが出るぐらいまで戻さないといけないのでは。

 

★総合評価:+3 (京介 +1 菊池 +2)

 

 

ヌーヴォレコルト

 

【 強み 】

 

<菊池> 距離も考慮すれば実質、実績は最上位です。

 

<京介> 昨年末の香港カップの激走は、全然話題に上らないけど、あれで世界の中距離牝馬の中でも相当高いレートをもらえた内容だからね。立ち直ってさえいれば。追い切りも抜群に動くタイプ、多少ぐらいなら馬場が渋っても問題ない。重馬場実績も豊富。

 

【 弱み 】

 

<菊池> 安定感が売りの馬が年明け未勝利&掲示板外。特に大阪杯の敗戦ではこの馬らしさが見られず。

 

<京介> ハーツクライ産駒の旬って、34歳なんだよね。5歳でもできれば夏場が最後。5歳夏、秋以降になると途端に期待値が落ちる。牡馬はカレンミロティックが唯一例外だったぐらいで、ほとんどそのあたりで充実期が止まってしまう。父ハーツクライ自身の成績と被るところがあるのかなあ。ヌーヴォレコルトはその意味で、ちょっと気がかりな成績の落ち込み方をしているよね。

 

<菊池> 追い切りもいつもよりは地味な感じが。

 

 

★総合評価:+3 (京介 +2 菊池 +1)

 

モーリス

 

【 強み 】

 

<菊池> 海外含めG1を4勝。そして何といってもモレイラ騎手です。

 

<京介> 未知の条件に向かう馬とは言え、これまでの実績は文句なし。

 

【 弱み 】

 

<菊池> 安田記念のペースですらあれだけ掛かった馬。いくらモレイラ騎手とは言え、2000mのペースで折り合えるのか?というところでしょうか。

 

<京介> いや全くその通り。初距離の2000mに向かうのなら、直前のレースでは文句なしの楽勝をして、勢いは疑う余地なしの無敵状態!そういうモードで臨んでほしかったよね。そもそも距離が延びることに積極的になれる血統ではないんだから。

 

<菊池> 大丈夫でしょう!と言えるか微妙ですが、相手が弱いから恐らく大丈夫なんですけどね。でも、そこそこ勝ち馬が紛れることはありますから。

 

<京介> ちょっとスクリーンヒーロー産駒の傾向を調べてみたんだけど、この産駒の特徴として「前走1着馬の連荘性能の高さ」が挙げられるよね。クラスの壁を越えて性能を伸ばせるという。だけど、単純に前走2着に敗れた馬は、むしろパフォーマンスを下げることが多いのか、上のクラスでは全然走っていないそうな。

 

★総合評価:+4 (京介 +2 菊池 +2)

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( トーセンレーヴ )

 

<京介> まあこれでしょ。前走は函館2000m内枠で最重量57.5kg、完全に内で潰された形だった。函館記念での体つきはかなりしっかりしていたし、歩様はスムーズだった。むしろこれがいいひと叩きになるんじゃないか、と言うローテーション。

 

<菊池> そうですね。隠れた格の持ち主という意味でも、上位人気以外ならこの馬。

 

<京介> そもそもこの週からやってきたホワイト騎手は、函館がスポット参戦で、函館芝の情報が全くなかったと言っていい。そりゃあんな諦めも早いわと。そして本来、先週までで切れるはずだった短期免許の期限を、1週間延長すると発表した。今週は土曜日が小倉4鞍、日曜日が札幌4鞍あるけど、免許延長の価値に見合う馬なんて、どう考えてもこの馬しかいないしね。ホワイト騎手が久々に渾身の騎乗をしてくれそうだから。

 

<菊池> なるほど!確かに。

 

( ネオリアリズム )

 

<菊池> 京都記念とは対照的に、上位馬がこのサマー2000シリーズで大活躍を見せている小倉記念組。この馬は3着馬ですね。中山金杯は超スローの流れで外を通らされる競馬。前走は全く乗れていなかったティータン騎手。ということで、見直せる要素はあります。かなりメンバーレベルが微妙な今年ならチャンスも。モーリスに稽古を付けてもらっている強みもあり。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

<京介>

◎トーセンレーヴ

○ヌーヴォレコルト

▲モーリス

 

<菊池> 

〇モーリス

△トーセンレーヴ

△ヤマカツエース

△ヒットザターゲット

△ヌーヴォレコルト

△ネオリアリズム

△ダービーフィズ

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ