金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京介・菊池グリグリの「週末重賞を展望しよう!~ 関屋記念 ~」
2016/08/12 14:08:00
テーマ: 重賞展望トーク
JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。
※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!

※推奨穴馬にご注目を!
(※推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリが1頭ずつ推奨中)

クイーンS ダンツキャンサー 11番人気3着 複勝1,070円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

CBC賞 レッドファルクス 3番人気1着 単勝750円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

宝塚記念 マリアライト 8番人気1着 単勝2,510円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※2人とも上位評価!)

函館スプリントS ソルヴェイグ 12番人気1着 単勝3,940円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※大外でしたが…汗)

マーメイドS リラヴァティ 6番人気1着 単勝1,080円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※展開読みもバッチリ!)

安田記念 ロゴタイプ 8番人気1着 単勝3,690円!
?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※勝つまでは読みきれずとも狙いすました1頭でした!)

?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ
16
年夏競馬号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057467/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから

京介・菊池グリグリの「週末重賞を展望しよう!~ 関屋記念 ~」

※木曜夜の展望トークです

 

<菊池> 今週の新潟では関屋記念が行われます!こちらを展望していきましょう。

 

関屋記念展望

2015年関屋記念回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50753270.html

2014年関屋記念回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50733120.html

 

<天候について>

<菊池> 新潟は今週末も暑そうですが、先週よりは若干マシでしょうか。

 

<京介> いや~、でも先週末の木曜日に出ていた予報とそっくりなんだよね。気温は先週よりマシだの30℃前後だの出ているけど、どうせおそらく暑いでしょ。ずっと高気圧が近いままだし。

 

<菊池> 現地での体感温度は予報以上に暑いことが多いですね。今週もお願いします。

 

<京介> いつもそうだけど、風が吹いてくれるのを願うばかりだわ。

 

<馬場について>

 

<菊池> 改めて先週の馬場を振り返りましょう。

?content_type=blog&content_id=725&type=i

<京介> 芝は全面的に良いし、深くもないしね。逃げ馬も追い込み馬もハマるけど、あくまで展開次第。展開もスローになりやすいなどの傾向すらない。それと、推定上がり最速馬があまりハマってないようなんだよね。むしろIDM上位に届いてる馬の激走が結構目につく。前行く馬が差し馬に確実に捕まる、と言う馬場でもないわけだから。

 

<菊池> そうですね。上がり指数1位を狙うだけではまるで上手く行かず。この点は明らかに例年より難しいポイント。

 

<京介> そして新潟を2週間終えてみて、M.デムーロ騎手と戸崎騎手が結果出し過ぎなんだよね。どちらも連対率が5割前後とか異常だわ。いい馬が集まるのも確かだけど、決してその馬じゃ勝つの難しいでしょ、と言う馬でも何度も勝ち負けに持ち込めているし、ハマらない騎手のズレた騎乗も目立つ。そりゃこの2人に優先して乗せるムードになるでしょ。自分はこの2人が新馬で勝たせた馬は、能力を少し低く見積もろうと思ってるぐらいだしね。

 

<菊池> 今週も二人のいずれかが常に連軸…みたいになるかな。ある意味、単純な指標があるのは助かりますけど。

 

<京介> つまり今回、新潟外回り芝のピントが合ってる騎手と合ってない騎手とで分かれる。今週の土日でも成績を挽回した騎手がいないようなら、いっそ簡単に取捨するのもありなんじゃないか、とは思っているよ。

 

<菊池> いつもより前残りっぽい傾向があるように見えるんですが?

 

<京介> いや、芝は内ラチ沿いの芝も良いし、外も問題ないはず。ただ単に、この有力2人の脚質が後ろ過ぎる時に、展開が楽になった前の組が有利になりやすい、と言う流れになったせいじゃないかな。

 

<菊池> そうですか?

 

<京介> デムーロ騎手はちゃんと適性の高い馬に乗っている印象だけど、デムーロ騎手は逃げ馬のペースにあわせがち。デムーロ騎手が来た時は相手も先行馬、と言うことが多い。戸崎騎手は明らかに不当なほど過剰人気になっているし、戸崎騎手が馬群に包まれていると、他の騎手の仕掛けの問題で前が残りがちにはなる。

 

<菊池> 展開との足し算でそう映るだけで、実際に働いているのはトラックバイアスじゃない、という解釈なんですね。

 

<京介> この二人がそもそもスローに仕向けようという傾向があるし、抜群の新潟向き性能を持つ馬が流れを壊して自分が勝つ、という展開にもしにくいから、何だかんだで逃げ先行馬が案外残しやすい展開になることが多い、と言う運びじゃないかと。

 

<レース傾向について>

 

〇1番人気の関西馬

信頼できる[3301]、人気を裏切るのは関東馬。

前走がG1の1番人気も[2111]で◎。

 

▲前走が中京記念で4番人気以内

 →かつ4着以下なら[2113]、該当馬が連勝中。

  全く異なる2戦、前走人気馬が巻き返す。

 

×前走がヴィクトリアマイル

→[0005]、安田記念組とは対照的に直行馬は×

間に安田記念を挟んでいる馬は対象外。

 

×前走が中京記念で3着以内

→[0006]、同じマイル戦でも全く別のレース。

2戦の天候馬場状態の差に要注意。

 

?蛯名正義騎乗馬

→[0109]、新潟芝外回り重賞は全体的にイマイチ。

吉田豊[0007]、田中勝[0007]らも×

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより一部)

 

<京介> サマーマイルシリーズの2戦目となってから年数も経ったし、もう傾向はガッチリ決まってきた感じだよね。だいたい中京記念よりも時計の速い決着になる、中京記念で好走した馬は全消しでOK。必ず別路線を選ぶこと。そして最近はアイビスSD並みに信用できる7&8枠。

 

<菊池> 7・8枠がよく絡むのは分かりますが、アイビスSD並みというのは語弊がある気が

 

<京介> この傾向が案外裏切られず毎年強固で、パドックを見ていても「これで大丈夫なの?」と思える馬が不思議と好走するから、やっぱり中京記念好走の疲労は大きいものなんだなと実感しているわ。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> 今年はフルゲートがきっちり埋まりました。

 

<京介> だけど中京記念を勝ったガリバルディが、まさかのサマーマイルシリーズ全休とは恐れ入ったわ。富士SからマイルCSだってね。この馬の目標を上方修正したというよりも、2年前の夏に腸炎を発症したことがあって、夏場に疲労を溜めるのはNGだと言うことらしい。

 

<菊池> そういう経緯ですか。

 

<京介> 中京記念組は、2着から8着馬の7頭、加えて不利を受けて力を出してないマイネルアウラートの合計8頭が出走。そのどれもが、先行差し自在というキャラが多いね。

 

<菊池> ただし、昨年に続いて今年も逃げ馬不在でしょうか。

 

<京介> そう。中京記念からも別路線からも、逃げか番手で競馬していた馬がいない。こういう時は仮に行ったとしてもスローペースが濃厚。新潟は最初のコーナーまで遠いから、逃げ慣れしてない馬で行くとホントペースがつかみにくいからね。

 

<菊池> 騎手もそうですね。関東騎手でも新潟外回りでは逃げたくない、という人も多いでしょう。

 

<京介> おまけに中京記念から連戦で出る馬は、どれも流れを壊しに行くタイプでもない。うーん、まあ例年並みのスローかな。

 

<菊池> 馬場傾向も含めて先行馬に注意したいですね。

 

<京介> そうだね。上がり性能だけにとらわれて予想せず、ちゃんとレインボーペガサスやレッドスパーダのようなキャラをケアすること。特に最近勝てているのが先行馬だし、隊列読みは大事。

 

<菊池> まさに。そういうキャラが今年はハマりそうな年に思います。

 

<京介> 馬場状態も良好、おそらく時計も標準的な新潟ぐらいには速いはず。132秒台半ばを想定しつつ、そもそもスピードで足りない馬は除外すること。これを徹底しよう。

 

<菊池> では、人気が予想される上位5頭についてお願いします。

 

ケントオー

 

【 強み 】

 

<菊池> 単純に好調である、ということですかね。体調の保証はありそうですが。

 

【 弱み 】

 

<菊池> 前走は中京だったからこそ馬券圏内に届いたと思いますが、適性は真逆で馬場傾向的にも届くイメージが持ちにくいですね。

 

<京介> 不良馬場を勝った馬だし、内枠を好むタイプだから、新潟記念には合わない方でしょう。

 

★総合評価:0 (京介 0 菊池 0)

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

ロサギガンティア

 

【 強み 】

 

<菊池> M.デムーロ騎手はこの開催、新潟で乗り続けていて前付けの意識もあります。

 

<京介> そうそう。新馬戦はとにかく前に行くよね。そもそも折り合える自信もあり、前で展開させても馬が暴れない。技術が確かで毎回アドバンテージを押し付けているなと、レースを見ていて思う。それと安田記念騎乗時のデムーロ騎手って、開催通して調子が最悪だったね。新潟なら連続騎乗でも乗り上がりになる扱い。

 

【 弱み 】

 

<菊池> マイル重賞は[0004]

 

<京介> いや~、不思議なんだけどねえ。体型はそこまでマイル苦手か?と思うんだけど…。

 

<菊池> 1400m・1800mではG2勝ちがあるだけに。尚更感じるところです。

 

<京介> 藤沢厩舎よろしく、パワーは良いのに腰がカチッと決まっていて歩様の硬さがある馬だから、本質的には新潟マイルは向いてなさそう。G2勝ちの格を持っていて、総合的な持続力で押し通せるか、と言う競馬になる。安定して走るとは言いにくい。でも自分は、勝ち候補に入れるべき馬だと思うよ。

 

★総合評価:+3 (京介 +2 菊池 +1)

 

 

ピークトラム

 

【 強み 】

 

<菊池> 春に同舞台でオープン勝ち。今回のメンバーの中では前に行けるのも強みでしょうか。

 

<京介> そうか。新潟勝ちがあるんだよね。谷川岳Sは珍しくやや重発表(新潟以外の競馬場なら重になるぐらい?)で上がりも適度に掛かった馬場だったけれども。それでも好位で折り合えて新潟外回りに合う脚を使えるのは大きいか。

 

【 弱み 】

 

<菊池> 言わずもがなですが、中京記念の好走馬は苦戦傾向にあります。ただ、この馬はちょっと傾向と違う部分もあるので、そこまで割り引かない方がいいか?と思っています。

 

<京介> 中京記念の時と同じ指摘を再度するけど、やっぱり132秒台の高速決着で良いタイプには思えない。脾腹も薄く、あまり馬力もなし、チチカステナンゴ産駒だから。

 

<菊池> 一応、新潟2歳Sで3着歴もあるのですが、走破タイムが1分35秒0ではあまり強調できません。さすがに、中京マイルという最適条件の後だけに、評価は下げざるを得ないですね。

 

<京介> それと前走斜行して負けた事実も気になる。フラフラするほど体力の限界点に達していた証拠だと思うんだよね。馬にこのシーズンまだ走れる余力がちゃんとあるかどうか…。

 

★総合評価:+2 (京介 0 菊池 +2)

 

 

ヤングマンパワー

 

【 強み 】

 

<菊池> 昨年の3着馬ですし、前走1着というローテも良いですね。ここでは前に行ける方。

 

<京介> 今の新潟だったら、戸崎騎手が乗ることは単純にプラスしたい。体が大きくて脚元を結構痛めた履歴がある馬だから、好調キープのまま重賞に挑戦してくる過程は良いと思う。132秒台のマイルで好走したこと、斤量前走比2kg減も大きい。

 

【 弱み 】

 

<菊池> 頭が高い走法なので、こういう長い直線では勝ちきれないですね。

 

<京介> ハートレーの共同通信杯負けぐらいから、手塚厩舎の重賞成績が悪すぎ。期待よりも馬が走らなくなってる。勝負仕上げしてるっぽいんだけど、馬に力強さがないんだよね。オデュッセウスでこの夏古馬と混じって何もないとかどうなってんの…。

 

★総合評価:+4(京介 +2 菊池 +2)

 

 

マジックタイム

 

【 強み 】

 

<菊池> 今年は重賞勝ちで、この産駒らしい二度目の成長を見せています。

 

<京介> 昨年秋から一気に充実してきたハーツクライ牝馬。ダービー卿CT勝ちの内容もなかなかだし、結局負かした牡馬2頭が次走重賞(片方は安田記念!)を勝ったじゃない。やっぱりあのレースはレベルが高かったはず。

 

<菊池> そういうことになりますね。

 

<京介> ボウマン騎手は結構まともな騎手だったけど、東京の重賞になると全然引き出せていなかった。ボウマン騎手が重賞で負けた馬の次走、メートルダールやアーバンキッドが走っているのを見ると、マジックタイムのヴィクトリアマイルも力を引き出せてなかったんじゃないか?と言う疑念があるね。普通にリターンが起きそうだなあと思ってる。

 

【 弱み 】

 

<菊池> 1番人気の関東馬で前走ヴィクトリアマイル組。傾向的にはけっこう怪しいです。

 

<京介> 個人的にはそのジンクスだけだね。腰が甘いバネ型で新潟外回りは絶対に合っている。実績もあるし。あ、ルメール騎手が新潟にちゃんとハマるのかどうかがまだ不明なのか。それは当日確認しておこう。

 

★総合評価:+6  (京介 +4 菊池 +2)

 

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( レッドアリオン )

<京介> ホントは枠を見たいなあ~。枠さえ決まれば人気薄の馬でも思いつくんだけど。前回中京記念で穴と見てたタガノエトワールも、外枠を引いたのなら推したい。

 

<菊池> 外枠重視ですね。

 

<京介> レッドアリオンも、まだたまに出遅れるタイプだから、できれば挽回が効く外枠の方がベター。58kgを背負って出遅れて馬群の中で黙ったままとか目も当てられない。だけど新潟外回りはラップも合うし、久々にこの馬がちゃんと力を出し切れる条件。兄クラレントも走っているように、やはりこの血統は新潟に合うよ。

 

<菊池> 開催前半の芝で強いのも特徴。

 

<京介> 昨年とは違って安田記念から休み明けになるけど、ここに合わせてきたというのはもうピンポイントで狙っての仕上げでしょう。2週前、1週前に栗東坂路の追い切りでかなり良いタイムが出ていたね。

 

 

( カレンケカリーナ )

 

<菊池> 中京記念では前で流れに乗って流れ込みの7着でしたが、0.4秒差。ハンデ戦ではなくなって54kgになりますが、昨年1600万下勝ちの舞台で、当時乗っていた津村騎手に手が戻ります。他の牝馬よりは目がある、というところで。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

◎マジックタイム

○ヤングマンパワー

▲ロサギガンティア

△レッドアリオン

△タガノエトワール

△マイネルアウラート

 

<菊池> 

△ラングレー

△マジックタイム

△レッドアリオン

△ヤングマンパワー

△ピークトラム

△ダノンリバティ

△カレンケカリーナ

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ