金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京介・菊池グリグリの「クイーンステークス回顧!」
2016/08/02 15:34:00
テーマ: 重賞回顧

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞回顧。  

週末の重賞展望トークの振り返り、レース分析、次走注目馬を盛り込んだ濃密な回顧対談!
『競馬大予言』で連載中、「金子京介・菊池グリグリの重賞三行回顧」の完全版です。


?content_type=blog&content_id=725&type=i
?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ
16
年夏競馬号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057467/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから

京介・菊池グリグリの「クイーンステークス回顧!」


<菊池> 日曜日の札幌ではクイーンSが行われました。こちらも回顧していきましょう。

 

クイーンステークス回顧 

クイーンSの展望トークはコチラ

https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/71264

?content_type=blog&content_id=725&type=i


<天候・馬場について>

 

<菊池> 先週の札幌は週中に大雨。ただし週末は徐々に回復していきました。

 

<京介> そうそう。何だか金曜日にも曇りで留まってくれて、ダートですら土曜日から回復していた。日曜日にはダートがパサパサで白い色に変わっていたし、雨が止んだだけでなく週末に全く降らなかったんだよね。

 

<菊池> 予報ハズレ過ぎだろと思いますよ。木曜日に印を打ち切らないといけないトラックマンの皆さんは怒っていいと思います(苦笑)

 

<京介> 結果的に札幌芝はずっと良馬場。渋った影響がある良ではなく、完全に乾いた状況。時計も標準程度でまとまり、日曜日は上がりの速い決着が続いた。

 

<菊池> 水はけの良さも手伝って。

 

<京介> これで8月札幌にクイーンSが移ってから、もうずっと(内実怪しい芝だった年もあったにせよ)良馬場で行われている。このレースも晴れで行われやすいと決めつけていい条件なのかも知れないね。

 

<菊池> そういうのはありますね。毎年晴れる重賞は晴れが続きやすいし、雨にあたりやすい重賞ってのもある。天気予報が微妙だったら、晴れの方向で考えるレースということで。

 

 

<パドックについて>

 

<菊池> この時期の古馬牝馬路線のレースだとひと休みして出走してくる馬が多数。パドック映像を見直しての印象としてはいかがでしょう。

 

<京介> G1とはいえ前走最下位大敗馬が、ここで1番人気になるようなメンバーだからね…。牝馬路線の中でもそこまで目立つ馬がいないパドックだったのは確か。

 

<菊池> チェッキーノの回避でレース全体のムードも大きく狂いましたね。

 

<京介> 3歳も事実上オークスを大敗したロッテンマイヤーだけ。この馬もこのメンバーに入れると物足りなく映ったぐらいだから、「新興勢力」といったものは探しても見当たらなかった、と言うのが正直なところ。

 

 

<レース展開について>

 

<京介> 今年のクイーンSは、ファンファーレが鳴っている最中から続々ゲートに入れたりはしなかった。ロッテンマイヤーが未だにゲートでゴネるようで最初に入れようとしたんだけど、これがだいぶ苦労していたね。だけど2番目にカトルラポールが入ってから測ったら、ものの25秒で続々入って最後の大外1頭に。リラヴァティは10秒ぐらいかけて入れてゲートが開いたから、実質40秒も掛かってない。

 

<菊池> ちょっとバラっとしたスタートになりましたね。ただ、出遅れた感があるのは7番ナムラアンあたり。あとは、発馬を決めた馬が複数いた分、五分くらいに出た馬が出遅れたように見えた?という感じでしょうか?

 

<京介> いや、ゲートの出がアンバランスだったのは事実でしょ。内が有利・外が不利で全体に斜めに見えた通りだと思う。あれ?ゲートの位置がおかしいのか?と思って見直したけど、やっぱり外枠の馬が全体に悪くて、スタート5歩ぐらいでみんな1馬身ぐらい遅れていたと思う。

 

<菊池> そうですか、内にスタートの良い馬が多かったせいかと思いました。外の先行馬がアラアラなスタートで。

 

<京介> マイネグレヴィルやリラヴァティまで出遅れるとは。何か緊張感が切れる材料が現場であったのかな。

 

<菊池> 内の2番マコトブリジャール、1番ダンツキャンサーはかなり良いスタートを切っています。逆に、展開面でも大きかったのが、10番マイネグレヴィル。二歩目が遅くて内の9番ノットフォーマルと外の11番シャルールにやんわり挟まれるようになって出鼻をくじかれた感じでしょうか。

 

<京介> 丹内騎手のやっちまった…と言う感じは見えたよね。札幌1800m1コーナーがメチャメチャ近いから、外目の枠でこんなスタート切ったら完全アウトだよ。これは回顧に付けておこう。

 

<菊池> 11番シャルールも積極的に先行する構えを見せましたが、大外から13番リラヴァティが主張して先手を奪いに行きました。内で好スタートを決めていたマコトブリジャールは譲って箱内の4番手に控えました。

 

<京介> シャルールが行くかどうか微妙な態勢だったけど、この馬がいたから出負け気味だったリラヴァティはかなり追っ付けて急がざるを得なかった。このスタートロスは間違いなく響いていると思うよ。

 

<菊池> 1コーナーでは13番リラヴァティが先頭、11番シャルールが2番手でこれに続いたのが6番ウインプリメーラ。人気馬が前の位置を形成していますね。ちなみに、ウインプリメーラが1コーナーでちょっと内に切れ込んだところで3番テルメディカラカラが窮屈になっています。

 

<京介> あ、確かに。これは福永騎手に意図して塞がれたかな。

 

<菊池> このあと、少し馬が怒ったような素振りを見せましたが、ルメール騎手は被害を最小限に食い止めるように宥めていました。ここはお見事。

 

<京介> とはいえ、2列目でもおかしくない押し上げだったのに、マコトプリジャールより1歩退く羽目になった。これは明らかにロス。

 

<菊池> スタートがあまりよくなかったロッテンマイヤーも挽回して好位に浮上。人気馬は全体的にやや前寄りに固まりました。

 

<京介> テルメディカラカラは、1コーナーで包まれリズム崩しただけじゃなく、向正面前半もロッテンマイヤーに被されてなかなか落ち着かずにいるんだよね。先頭が単騎、先団後ろが固まって9番手以降がまた1頭づつ、と言う重心が真ん中に寄った隊列だね。

 

<菊池> 前半800mの通過が49.1秒で1000m通貨が61.5秒。流れとしてはスローでした。

 

<京介> 見事2番手に取りついたシャルールは、折り合いに専念して前を遊ばせて、道中全く仕掛けずだったからね。それに出遅れた先行勢がどんどん捲るのかと思いきや、全然動かなかったのも大きい。

 

<菊池> その割にリラヴァティは4コーナーあたりで既に手応えが怪しくなってきていました。2番手のシャルールは楽。その外からウインプリメーラが接近してきて、人気の一角、ロッテンマイヤーが外4番手。箱内のマコトブリジャールは、前の人気馬が脚を使った3~4コーナーで丸々、脚を溜められましたね。

 

<京介> 向正面で捲りがグングンやってくるようなら、あのポジションはバテた逃げ馬の真後ろで危ないんだけどね。遅い展開の絶好位置で脚を溜められる、絶好のレース展開と隊列だ。

 

<菊池> 直線、2番手から11番シャルールが抜け出して完勝!かに見えました。これに1頭だけ迫ったのがマコトブリジャール。

 

<京介> 当日、馬体重が400kgしかなく一番背が低く見えた馬なのに、この直線では一番キレキレのフットワークを見せてくれたね。

 

<菊池> ラスト100mくらいで並び掛け、ゴール寸前で頭差交わしてマコトブリジャールが1着。四位騎手も、この無駄のない完璧な騎乗には珍しくガッツポーズが出ていました。

 

<京介> いやこれはお見事でしょ。シャルールがマコトブリジャールの進路を被せるように動いてワンテンポ仕掛けを遅らせてはいるんだけど、その出し抜けについていく加速力がマコトブリジャール自身にもあったということだ。

 

<菊池> 離れた3着争いは、終始内を回ってきた1番ダンツキャンサーが、テルメディカラカラ、外から迫ったレッドリヴェールを抑えて先着。

 

<京介> 加速力で上位2頭に敗れてしまった格好だけど、この3着争いの集団も、みんな上がり3F34秒フラットぐらいの加速力は見せているんだよね。この札幌コースでピタリとハマる瞬発力を使えない馬同士の争いだったからこそ、インベタを使えたダンツキャンサーにわずかに分があった形か。

?content_type=blog&content_id=725&type=i 

 

<結果を受けて…>

<菊池> 勝ち時計は1分47秒7。かなりメンバーが手薄だった昨年よりも遅い決着でした。

 

<京介> とにかく前半1000m通過の遅さだよね。大半が出遅れ、好スタートを切った内の2頭も行かず、単騎逃げを誰も咎めに行かない。

 

<菊池> 内容としては、スローの上がり勝負で、3~4コーナーで脚を使った組が苦戦しましたね。先行して2番手で立ち回ったシャルール以外は、馬番1~4番が掲示板を占めました。

 

<京介> その通り。前半で高いポジションを取りに行く…ことよりも、序盤の争いで脚をほぼ使わず追走の流れに乗れた。これが後半になって徐々に生きてくる流れだったね。

 

<菊池> そして、スローの上がり勝負で凡戦評価だった福島牝馬Sと同じ2頭のワン・ツーでした。

 

<京介> そうそう。この札幌クイーンSも改めて振り返ると凡戦っぽく見えるけれど、小回りで捲って押し通すぐらい格上の体力のある馬が、ここでも登場しなかった。ということだね。

 

<菊池> これチェッキーノが出てたら出てたで取りこぼしていそうなレースだったかもしれませんね。

 

<京介> その可能性もあったかもしれない。出走馬みんながバシッと好スタートを切っただけでも、展開は大きく変わったはず。騎手の積極性をくじく、心を折る出遅れだったな…とゲートを振り返って思うね。

 

<菊池> では、上位馬を中心に1頭ずつ振り返りましょう。

 

 

マコトブリジャール

 

<菊池> 福島牝馬S以来となる実戦でした。ただ、400キロ前後の小柄な馬ですから仕上がりは問題なかったですかね。

 

<京介> 見えてはいけない骨組みや体の線が見えそうに思えるぐらいに痩せていて、トモも幅がなく細い馬。若い頃は気性も問題があったのか、馬体減りを気にしなければいけないのに使い込んだ方がいいという難しい馬だった。馬力がなさすぎるからなかなか条件も合わないしね。

 

<菊池> こういう小柄な馬の評価は難しいです。そして力の要る洋芝で?という先入観も含め。

 

<京介> だけど6歳牝馬で馬体が良い表現で枯れてくる時期になって、前走の福島牝馬Sのように、休み明けで輸送があっても「動ける体つきで維持」できるようになった。と言う解釈がいいのかな。腰だけはいつもカチッと決まっているからね。

 

<菊池> 今回は抜群のスタートを切って箱内の絶好位を確保。その後も終始ロスのない完璧な立ち回りでしたね。

 

<京介> 外を回して捲って上がるロングスパート力や体力なんてない馬だから、ホント理想の立回りでベストの枠を引いたね。立回りだけじゃなく、この馬のトップスピードピークを上手く発揮した、と言う騎乗だった。

 

<菊池> 福島牝馬Sが凡戦と評されただけに、今回は9番人気で単勝オッズ20.2倍もつきました。

 

<京介> パドック派があまり手を出しづらい枯れた体つきにくすんだ皮膚、おまけに厩舎も毎回コメントが弱気(環境の変化や輸送による急な大幅減が心配だから)。やっぱり当日現れるまでまともに出てくるか不安で、当日見ても真っ先に評価できないタイプ、と言うのも大きい。どうしてもこの馬は毎回不当評価になるよね。この2連勝をするまで、能力で評価してくれる人をこの1年間でだいぶふるい落としていたし。

 

<菊池> これで重賞2勝。こうなると秋は大きいところに向かわざるを得ないか!?

 

<京介> でもこの馬は、さすがに能力的な上積みを望みにくい体つきだし、馬体減りと言う最大の敵もある。やっぱりまず無事に、そして体の回復を待って出られるタイミングで何とか…と言う馬だから、そういうチャンスを窺いに出るものかどうか。

 

<菊池> しかし、鮫島一歩厩舎は夏競馬に強い、気がします。

 

<京介> ローカルのG3で、変な馬に出し抜かれた!と思ったら、鮫島一歩厩舎の馬だった…なんてことは結構ある印象だよね。

 

 

シャルール

 

<菊池> 最終的に1番人気の支持を得ました。休み明けで馬体重こそ+10kgでしたが、しっかり仕上がっていたのではないでしょうか。

 

<京介> ウインプリメーラと1番人気を最後まで争って、ギリギリ人気ではシャルールの方に軍配が上がったんだから、現地及び直前の材料からは、ウインプリメーラ下げ・シャルール上げの材料も多かったのかな、と推察するよ。

 

<菊池> 横山典騎手も、いかにもやる気にあふれた騎乗に見えました。

 

<京介> ヴィクトリアマイルであれだけ主張して最後大バテ。今回の出走メンバーを並べると、先行経験が大半を占める馬ばかりだったのに、それでもなお先を取りに行く積極的主張。いや自分は最近の横山典弘騎手の流れからほぼ下げると思ったわ。これで上手く運んで結果を出すんだから、かなり強気になれる材料があったんだろうね。お見それしました…。

 

<菊池> さて、今後はどこに向かうのか。札幌でもう一戦(札幌記念)か、府中牝馬Sあたりに昇順を合わせてエリザベス女王杯へ向かうか、ですね。

 

<京介> そうだね。エリザベス女王杯へというよりは、府中牝馬Sでの勝負が本線かな。札幌滞在の間に下手に消耗しなければいいけど。

 

 

ダンツキャンサー

 

<菊池> こちらは京介さんの穴馬推奨!お見事でした!

?content_type=blog&content_id=725&type=i 


<京介> でもやっぱり、レースを見直すと距離が長そうな内容で、勝浦騎手も乗ってて慎重だなあと思ったよ。最内枠を引いていなければ、上手くはいかなかっただろうし、直線で脚が溜まっていなかっただろうことは想像に難くない。勝ち負けを本当に狙っていたのなら、あのスタートから逃げてほしかったけど。

 

<菊池> 乗り方に現れていましたか。

 

<京介> だけど本当は、出走メンバーの中でかなり重馬場上手い方だろうという見立ての穴で拾ったんだよ。上がりの速い決着を3列目から進めたから、上位2頭に離されたけど、もっとタフで上がりが掛かる馬場でやって欲しかったなあ。

 

<菊池> やはり全力仕上げだったのでしょうか?

 

<京介> うーん、あくまで自分の見立てだけど、おそらくはこの春から夏にかけて中期的にいい状態をキープしていたんだと思う。過去にあれだけ大幅な馬体重変動があった馬が、ここ数戦はずっと増減ほぼなしでいて、前走はレースでも前向きになっていたから。

 

<菊池> マコトブリジャールと同様に、この馬もかなり上手く立ち回りましたね。

 

<京介> 同じ福島牝馬S好走馬から引用するなら、この馬はオツウと成績が似てくるタイプだと思うんだよね。ふっとスローペースで上手く流れに乗った時に、いきなり激走するタイプだと思う。牝馬同士であれば、意外と格は関係なく頑張れると思うから。

 

 

その他

 

<菊池> 個人的にはテルメディカラカラがあと一歩足りずに残念でした。さすがに力では劣りましたが、ダンツキャンサー&レッドリヴェールとの差は道中も直線ももう少しスムーズなら、というところでした。

 

<京介> レース展開の流れで触れたように1コーナーで包まれ、向正面でも気が急(せ)いている。直線の入り口も若干壁だったよね。まさかウインプリメーラが垂れるとは、とルメール騎手が思ってなかったかのような進め方だった。馬には余力があったはず。

 

<菊池> ロッテンマイヤーは展開もうまくいきませんでしたが、力不足の方が大きいでしょうね。

 

<京介> これは間違いないね。パドックで見てもトモが寂しかった。オークスに向かうために全力投球した反動が抜けきってない、という理由のあの体つきなのかな。今年の忘れな草賞は、歴代と比べてもレベルの低いメンバーと言うことになっちゃいそう。

 

<菊池> リラヴァティのマイナス評価は正解できたかな。やはりマーメイドS勝ち、それも人気薄だった場合は、ここでの期待値が低いです。これは引き続き使えそう。マルセリーナのようにハンデを背負って勝った実績馬の場合だけ警戒すれば良いんでしょう。

 

<京介> そうだね。今年のレース展開は内ラチ沿い有利決着だったけど、マーメイドSにてキツイ斤量を克服して好走した馬なら、あの流れを外からワーッと捲って押し上げられるはずだし、リラヴァティよろしく単騎逃げで息を入れられてたなら余裕で残るはずだよ。やっぱり軽ハンデでの2000m激走は、体力面でいくらか有利をもらってるのは間違いない。

 

<菊池> 1番人気が確実だったチェッキーノが直前で回避。しかも屈腱炎という診断でした。これは本当に残念です。

 

<京介> 追い切りでは「2歳新馬に先着された」ことが話題となったけど、戸崎騎手が追っていないとはいえ、そもそも四肢の捌きの硬さも怪しかったもの。バッサリ切りたかったなあ。でも出走寸前でその不安を早期発見できた、陣営のファインプレイだと認めないといけないね。

 

 

<教訓まとめ>

 

・当日雨にぶち当たることが滅多にない時期で、ずっと良馬場で行われているレース。洋芝適性の確認は必要だが、スタミナ方向に振った予想は必要なし。逃げ馬に近い高いポジションを取れるスピードがあるか、上がり性能があるかを優先して考えるべき。

 

・3年前は函館代替開催、2年前から札幌が新装となり馬場を路盤から入れ替えて今年で3年目。その3年間、全て2番枠が連対している。良馬場で馬場状態が絶好、おまけに展開も前半からスローになりがち。なぜ2番枠だけ?はさておき、内枠を引いた馬が圧倒的に有利な状況になりやすいのは確か。外枠を引いた馬のスタートが、3年続けて妙に悪いのも気になる所。

 

毎年妙な穴馬が突っ込んでくるレースではあるが、1番人気の信頼度も高いレースで、今年も強かった。前日時点で1番人気だったが直前で2番人気に落ちたウインプリメーラは力を出せず、直前になって人気が逆転したシャルールはキッチリ実力を発揮した。現地で高い評判を集めた馬には素直に乗っかること。

 

 

<次走巻き返し警戒馬>

 

<京介>

・レッドリヴェール

…ブリンカー装着2走目でちゃんと競馬に集中できて、序盤から終盤までキチンと折り合えて最後まで足取りもしっかり。ヴィクトリアマイルCで暴走したのをちゃんと糧にした。府中牝馬Sに向かうのではなく、滞在調整を重視して洋芝適性を優先し、札幌開催中にもう一走して欲しい。もし札幌記念ならかなり期待。馬体に不安があり、気性も噛み合わなかった牝馬が、やっと噛み合ってきた時の破壊力には注意。

 

<菊池>  

・ナムラアン

…コーナー2つのワンターン専用馬。夏場は静観して然るべき舞台に出てきたら全力買いで。

 

~~~

 

<菊池> では、今回の回顧はここまでです。今週末はレパードSと小倉記念を展望していきます。

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ