金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京介・菊池グリグリの「週末重賞展望トーク!~ アイビスサマーダッシュ ~」
2016/07/29 17:27:00
テーマ: 重賞展望トーク
JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。
※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!

※推奨穴馬にご注目を!
(※推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリが1頭ずつ推奨中)

ここ2週は不発に終わりましたが…

CBC賞 レッドファルクス 3番人気1着 単勝750円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

宝塚記念 マリアライト 8番人気1着 単勝2,510円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※2人とも上位評価!)

函館スプリントS ソルヴェイグ 12番人気1着 単勝3,940円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※大外でしたが…汗)

マーメイドS リラヴァティ 6番人気1着 単勝1,080円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※展開読みもバッチリ!)

安田記念 ロゴタイプ 8番人気1着 単勝3,690円!
?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※勝つまでは読みきれずとも狙いすました1頭でした!)

?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ
16
年夏競馬号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057467/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから

京介・菊池グリグリの「週末重賞展望トーク!~ アイビスサマーダッシュ ~」 

※木曜夜の展望トークです

 

<菊池> 夏の新潟開催が始まります!開幕週に行われる名物重賞のアイビスサマーダッシュを展望していきましょう。

 

アイビスサマーダッシュ展望

2015年アイビスサマーダッシュ回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50752564.html

2014年アイビスサマーダッシュ回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50732405.html

 

<天候について>

 

<菊池> 今週スタートの新潟開催!お天気ですが、予報どおりならピーカンで暑そうですね。

 

<京介> 週間予報だと晴れマークばっかり、常に最高気温が30℃超えか。でも今年の夏はかなりの猛暑になるとさんざん脅されてたからね。昨年の真夏日に比べれば、いくぶんか楽だと思おう。風が出てほしいなあ~。

 

<馬場について>

 

<菊池> 使用されるコースは直線1000m。開催前半は比較的、内の枠も好走できる状況にはありますが、このレースの傾向は基本的にブレないですね。

 

<京介> そうだね。野芝オンリーの開催だから、しっかり踏みこなれたかどうかを気にする必要がなく、脚抜きが非常に良い。それでいて、直線1000mの外ラチ沿いなんて、土曜日に1度同じ1000mが行われた時に使うぐらいで、馬場が荒れているわけがない。高いスピード性能を問われ、スタミナは不要。1列目を確保した馬はほぼ確実に連絡みする。この傾向はもう最近、全然変わらないね。

 

<レース傾向について>

 

○7~8枠かつ5歳以下 

→[74315]、勝ち馬の大半が該当する最重要項目。

6歳以上だと[00220]、高齢馬は不利。

 

▲前走が芝1200mで4角通過順が1番手

→[33210]、ダッシュ力重視で前走着順は度外視可能。

5~8枠、6歳以下なら複勝率アップ!

 

○1番人気以外の3歳牝馬(51キロ)

→[1211]、単複回収値はそれぞれ338%246%

好走例は3番人気以下。マークされると×

 

×7歳以上

→ [10044]14年1着馬はキャリア24戦目だった。

高速決着になりやすく若い馬に有利な条件。

 

×1~4枠

1・3・4枠合算が[01154]、2枠は[21312]

内の好走例は少頭数時と3歳牝馬が主。

 

×3歳牡馬

 →[0019]、牝馬とは対照的に苦戦傾向。斤量差が響く。

前走が芝1200mで逃げられた馬にだけ注意。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより一部)

 

<京介> このレースの外枠有利が強烈なのは、好走した馬のその後を見れば良くわかる。このレースで外枠の助けを借りて好走した馬が、その後全く活躍できずにいたり、準オープンすら勝ちあがれずにいることが多いものね。

 

<菊池> そうですね。枠順の有利不利は絶大です。

 

<京介> ちなみになぜか黒帽2番枠がしょっちゅう来る傾向もあるけど、この黒帽から連対するような馬は、その後も別のオープン・重賞で好走できるぐらいの、ちゃんとしたスピード馬だから。むしろこの条件で内めの枠から来れた馬は、近2走以内に重賞で激走するフラグと言えるほど。

 

<菊池> 内から好走できれば強さ(素質)の証。外枠で好走の人気薄は、次走以降は危険視。

 

<京介> 明らかに強い馬なら、白帽1枠を引かない限り、枠はあまり関係なし。格上挑戦馬だったり、前走大敗してる馬がビシッと巻き返すのを期待するなら、緑帽6枠から外が絶対に欲しい。でもこれがまた、狙い方が確立されてしまっていて、裏切るパターンがほとんどないから、穴馬も半端に人気しがちなんだよね。

 

<菊池> こればかりは仕方ないでしょう。傾向がハッキリしたレースだけに。

 

<京介> 外枠を引いた馬の単勝配当は、毎年おしなべて安い。ただ当てるだけなら枠連で外を押さえればいいだけ。だけど配当効率を上げるためには、これは来ない、と言える人気馬を前日予想の時点で決めておくべきだね。

 

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<京介> 今年はどうなの?意外と頭数も少ないし、韋駄天S組が多数やってきたとはいえ、スピードの高い先行馬があまりいないね。

 

<菊池> そうですね。フルゲートを大きく割って、結局13頭になってしまいました。

 

<京介> 今年もベルカントの逃げが見えるメンバーかな?アットウィルとネロが2番手で。これだとプリンセスムーンも、中団どころか5番手での追走が可能かも。もちろん枠との兼ね合い次第だけど。

 

<菊池> 前に行ける馬とそうでない馬にハッキリ分かれそうなメンバーです。

 

<京介> 人気上位にはみんなオープンクラス以上での直線競馬好走実績があって、ほとんど枠順の運勝負みたいな構図になっているのは、気に入らないね。でもその他で重賞を複数勝てそうな強い馬がいるかとなると…う~ん。今年は枠競馬なのかなあ。

 

<菊池> ひねりようがない印象ですね。

 

<京介> 馬場状態がいつもいいし強い先行馬は止まらないから、展開が発生しない。末脚がいくら鋭くても、ここに出走するレベルの馬は、先頭を捉えるほどの能力はないから。だから、差し馬だと思っていた馬が、外枠を引いて想定よりも高い位置で追走するパターンをケアするぐらいだね。

 

<菊池> では、人気が予想される上位5頭についてお願いします。

 

 

アースソニック

 

【 強み 】

<菊池> 2年連続で3着。一定レベルのレース適性を見せている点は強みですね。

 

【 弱み 】

 <菊池> 過去の3着は勝ち負けとは無関係と言える内容。3着の可能性以外、考えようがないとも言えてしまいます。

 

<京介> どんなシーズンでも連続大敗&連続好走がハッキリしているタイプ。ちょっとどんくさい体つきをしているから、体のキレが戻らないと反応できないでしょう。ここ数戦、やや着差をつけられて負け続けてる現状、評価はしにくいね。

 

★総合評価:+0  (京介 +0 菊池 +0)

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

アットウィル

 

【 強み 】

<菊池> 勝ちきれないものの、相手なりに走る、場所なりに走るという適応能力は評価できます。こういうタイプだけにこの条件を使うのが初めてという点はプラス評価できるかと。

 

<京介> 全くバネがないタイプだから、この条件はむしろプラスになってもいいね。これまで準オープンクラスでも、ありとあらゆるコースの短距離で好走し続けた馬。大敗を続けるタイプよりも、基礎体力はだいぶ高い方だよね。

 

【 弱み 】

<菊池> 勝ちきるかというと疑問が残る割にしっかりと人気するので、妙味があまりないという印象で。

 

<京介> 少なくとも、今回のメンバーで5番人気以内になる実績ではないけど…。若い頃の履歴を見ると、重賞に出走した時だけきれいに凡退が続いているんだね。函館2S1番人気だったわそういえば。あの時は内で詰まってしまったんだっけか。相手強化で怯んでしまうタイプなのかな?

 

★総合評価:+2 (京介 +1 菊池 +1)

 

 

プリンセスムーン

 

【 強み 】

<菊池> 韋駄天S勝ちを含めこのコースで3勝。驀進特別(1000万下)勝ちの時は15頭立ての2枠3番でした。スペシャリストでありここが大目標なのも明白。54kgの斤量で出走できる今年はチャンスが大きいのではないでしょうか。

 

<京介> 牝馬なのが大きいよね。この夏で6歳になってしまうから、レース数は20戦を超えているけれど、体質が固まってやっとこのクラスでも戦える体になってきた。韋駄天SはアイビスSDの前哨戦としてちゃんと働いている。今年こそは、という勝負になりそうだね。ホント枠の運だけ。

  

【 弱み 】

<菊池> 前走はネロとの斤量差が4.5kgあったのが今回は一気に2kg差まで詰まります。この点ですかね。

 

<京介> 準オープンに上がってから直線1000m3回出走してるけど、3戦全部で外枠を引いている。今回半端な内を引いて、同じパフォーマンスが出せるかと言うと…?そうなるとむしろ、危険な人気馬かもね。

 

★総合評価:+7 (京介 +3 菊池 +4)

 

 

ネロ

 

【 強み 】

<菊池> こちらもコース適性&経験ともに問題なし。シルクロードSは枠順不利が大きかったレースで、それ以外はオープンでも大崩れしていません。

 

<京介> 本当は昨年の時も登録をしていたんだよね。月曜日時点での印もだいぶ集まっていた。そこで無理をしなかったから、今年の充実ぶりがあると信じたい。

 

 

【 弱み 】 

<京介> 栗東坂路でバンバン飛ばす追い切りをする森厩舎は、いかにも直線競馬に合っているタイプを多く輩出していて、実際に結果も残している。新潟直線1000mは、過去10年で人気に関係なく複勝3割を超えている。本当ならいい条件のはず。だけど、森厩舎の馬は相手が強くなると淡泊なんだよね。その過去10年でオープン・重賞に延べ10頭出走して1度も勝ててない。重賞は全部ダメ。ネロ自身も芝1200mの重賞は全部負けていて、直線1000mのオープンでは2度も人気で負けている。相手が強化されてもうひと押しあるか、というと?

 

<京介> それに歴代のアイビスSD勝ち馬と比べると、意外や体型が小ぶり。前走の466kgだとやや小さいね。ここまでくると馬力上位じゃない、と言うのも注意。

 

★総合評価:+4 (京介 +1 菊池 +3)

 

 

ベルカント

 

【 強み 】

<京介> 成績が明らかに夏馬タイプ、ここに来て追い切りも物凄い時計を出している。前走49秒台で今回は1週前に508か。ホント動きが良くなるんだよね。

 

<菊池> 初コースの昨年もあっさり対応して完勝。サマーシリーズを制覇したようにこの季節の実績も十分。叩き2走目で前走からの上がり目にも期待が持てます。

 

<京介> ダメなシーズンはサクッと休むから、条件戦をうろついていた馬よりも、レース消化数が少ない。これだけ実績があるのに、まだ20戦行ってないとは知らなかった。体が柔らかいことが大事なレースだから、これはいい材料だね。

 

【 弱み 】

<菊池> 昨年は8枠に入れた上に、竸ってくる相手もいなくて楽な展開だったんですよね。単純に今年の方が相手が強い、ということは意識しておきたいところです。今年の方が斤量も1kg背負います。

 

<京介> 絶対にラチを頼って逃げたい、と言う履歴に見えるからね。5枠や4枠ぐらいでも危険度はグッと増すと思いたい。絶対に人気を集める馬だから、他の陣営もこの馬を負かす策をいくつか用意するはず。外枠に入る先行馬との兼ね合いがカギだね。

 

★総合評価:+5 (京介 +3 菊池 +2)

 

~~~~

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( マイネルエテルネル )

 

<京介> いやー、さすがに穴馬は枠順が出ないと考えにくいけど…。1000m得意なタイプがやたら集まって、枠の運勝負になるのは気に食わないな。1000m実績で見劣りする馬から、何とか穴馬を探したいという気持ちはある。というわけでマイネルエテルネルを。2歳で重賞を勝ち上がった履歴は、ベルカントと一緒。この馬は毎年、7月になると1度は激走して見せる典型的な夏馬。気が乗らないととことん負けてしまうし、半端に使われた履歴も多いけど、その分走れる時期には我慢が効くし、ベルカントもそういうタイプでしょ。栗東坂路で終い上がりをまとめられていれば、ちゃんと走れる。

 

<菊池> ほう。

 

<京介> 今年勝つのはおそらく人気上位馬でしょ。穴が勝ち切るような可能性はさすがに少ないと思うから切り替えるよ。いい枠を引いてサッと流れ込むだけなら、こういう馬でも狙いが立つメンバーじゃないかと。

 

( なし )

 

<菊池> 今年は地方交流競走みたいなメンバー構成になったと思っているので、5番人気以内で堅く収まると考えます。絞って3連単で当てたいと思います。

 

~~~~

※展望トーク時点での印

 

<京介>

◎ベルカント

○プリンセスムーン

△アットウィル

△マイネルエテルネル

△ネロ

△ローズミラクル

 

<菊池> 

◎プリンセスムーン

〇ベルカント

〇ネロ

△アットウィル

  

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ