金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京介・菊池グリグリの「函館2歳ステークス回顧!」
2016/07/26 11:50:00
テーマ: 重賞回顧

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞回顧。  

週末の重賞展望トークの振り返り、レース分析、次走注目馬を盛り込んだ濃密な回顧対談!
『競馬大予言』で連載中、「金子京介・菊池グリグリの重賞三行回顧」の完全版です。


?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ
16
年夏競馬号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057467/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから

京介・菊池グリグリの「函館2歳ステークス回顧!」

 

<菊池> 日曜日の函館では函館2歳Sが行われました。こちらも回顧していきましょう。

 

函館2歳ステークス回顧

函館2歳Sの展望トークはコチラ

https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/70594

 

<天候・馬場について>

 

<菊池> 今週末も函館は雨の影響を受けず。良好な馬場状態のまま、開催最終週を迎えることができましたね。

 

<京介> 土日ともに日差しが覆われる曇り空だったけどもね。だけど途中で見ていて、雨が降りそうな気配は全くなかった。ダートも最後まで乾いていたようだし、先週の直前雨のようなことは、ひとまずなかったと。

 

<菊池> 最後まで馬券の買いやすい状況が続いたのは何よりでした。

 

<京介> 馬場状態も、先週に続いて前が残る決着が多かったようだね。逃げか4角先頭がかなり有利で、馬場の3分所5頭分外ぐらいなら大丈夫だけど、大外がなかなか届かない。例年の函館水準と比較すると、1秒以上馬場も速かったようだし。同じ良馬場開催が続く日程だったのに、福島よりも馬場は速かったんじゃないの?それぐらい良い状態だったね。

 

 

<パドックについて>

 

<菊池> キャリアの浅い2歳馬同士の対戦ですが、今年はいいメンバーが揃っていると、某コンシェルジュ先輩がおっしゃっていました。京介さんは、後からパドック映像を見た見解としてはいかがでしたか?

 

<京介> 一昨年や昨年と比べてマシな評価を付けた馬が多く、「もうここで売り切れて終わった」と言うような馬は少なかった。確かにここ2年よりは平均点が上になったとは感じる。

 

<菊池> ここ数年で見ても、なかなか良いパドックでしたね。

 

<京介> どの馬も落ち着きが良くて、パドックを前向きに集中しながら歩いていたのは印象的だったね。もう後もなさそうな馬がやたらパドックで暴れまわって…のような馬がいなかったのは幸い。まあ確かに、メンバーとしては例年よりちょっとは良かった方だと思う。

 

 

<レース展開について>

<菊池> バラついたスタートになりましたね。中でもバリンジャーは、行き脚がつかず、そのまま置かれてしまいました。

 

<京介> バリンジャーが一番大きく出遅れたけど、その他半分以上のスタートが良くなかった。だけどこれは気性も落ち着かず、レースで興奮してしまう2歳夏の時期ならいつものこと。むしろこういうスタートになるものだというのを、事前に予想に組み込んでおくべき。

 

<菊池> モンドキャンノは五分のスタートでしたが、レヴァンテライオンはかなり良いスタートを決めていました。

 

<京介> そう。このスタートはかなり集中していた様子がうかがえる。

 

<菊池> 内から主張したのは3番ザベストエアー。そして7番ラッシュアウトもこれを追うように2番手へ。レヴァンテライオンは控えて3番手の態勢になりました。

 

<京介> ラッシュアウトもスタートの反応は良かった馬。レヴァンテライオンは、ここから先行してくる相手を見つつ、構えて対応できるからこれは有利だよ。急がさず脚を溜めているのに好位だものね。

 

<菊池> その直後に赤い帽子が2つ。内が5番タイムトリップ、6番モンドキャンノはその外、4~5番手という位置に付けました。3番人気だった14番ドゥモワゼルは、その後ろのグループ。中団外、という位置でしたね。

 

<京介> ザベストエバーが押しながら前に行く際に左にヨレて、タイムトリップとモンドキャンノが挟まれているね。モンドキャンノはリズムを崩されたかここから行きたがるんだけど、何とか3コーナー進入までに落ち着いた。

 

<菊池> 見るからに、ハミを噛みましたね。戸崎騎手の対応は冷静なものでしたが。

 

<京介> ドゥモワゼルはスタートで微妙に態勢負けていたし、そこから向正面はしばらく追っ付け通し。これで通るのは馬群の外なんだから、さすがに余裕がない感じだね。

 

<菊池> 先週のような良好な馬場状態だと、外枠はよほど良いスタートを決めていないと無理がありました。

 

<京介> ちなみに地方馬2頭は横目ではスタートこそ出ていたけれども、横にヨレていたようで。ピンクドッグウッドとバンドオンザランとで、ロイヤルメジャーを挟んでしまったために、ロイヤルメジャーは行き脚が付かなかったようだね。

 

<菊池> 前半600mの通過は33.5秒。しっかり流れていましたね。

?content_type=blog&content_id=725&type=i 

<京介> ザベストエバーの石川騎手は絶対に逃げたい、と言う気持ちで主張したのかな。前走よりもだいぶ速い流れで行ったね。だけどこの流れを、後続は早くから押し上げる。隊列も縦に伸びる様子が全然なくて、これだと2列目3列目も速いラップを刻んでいるはず。

 

<菊池> 3コーナー過ぎではスタートから遅れていたバリンジャーも馬群の後ろに追いついてきて、道営のピンクドッグウッド以外は、ひとかたまりになりました。

 

<京介> 手綱こそ抑えているけど、これはどの馬も脚を使って追い上げている様子だよ。

 

<菊池> 4コーナーではレヴァンテライオンが、手応えの売り切れた前の2頭に変わって先頭に立つ勢い。モンドキャンノはその後ろで、進路の目星を付けている動きでした。

 

<京介> 戸崎騎手は前の2頭がバテるということをおそらく既に察知していると思うし、この流れで内に切れ込んだりはしないだろうね。だけど左手の方でポッドジーニー、その後ろにロイヤルメジャーが窮屈な形で接近してて、サッと外には行けない。ちょっと躊躇してるね。

 

<菊池> 直線、先に勢いに乗せたレヴァンテライオンが抜け出します。先にこれに迫ったのは、内を突いたタイムトリップ。

 

<京介> ザベストエバーとラッシュアウトが同時に失速したわけじゃなく、この2頭の後退にタイムラグがあったから、隙間を余裕持って捌けた格好。少しの運があったけれども、例年函館2歳Sはこういう形で先行勢のバテが早いから、内を突いた馬でも捌きやすい。

 

<菊池> モンドキャンノは、レヴァンテライオンが外にヨレたのを見て内に切り返す、若干のロスがありました。とは言え、決定打はここではなかったですかね。

 

<京介> だけどこれがもうラスト1Fを切っている場面でのものだから、モンドキャンノが追いにくくしてた一つの要因ではあると思う。

 

<菊池> 最後はモンドキャンノが半馬身差まで詰め寄りましたが、レヴァンテライオンが凌いでゴール。手応えから勝利を確信していた三浦皇成騎手は派手なガッツポーズを見せました。

 

<京介> 追い出して鞭を入れた後もちゃんと四肢が伸びているし、バテる寸前の脚色ではない。これは乗っていて手応え十分だったろうね。

 

<菊池> 3着争いは、タイムトリップが制しています。最後に脚を伸ばしたメローブリーズは4着まで。

 

<京介> タイムトリップは、この速い流れで内枠を見事に活かす騎乗だった。十分に脚も溜まっていた、良い内容だったと思う。枠には恵まれたけど、バテた馬のバテ方を比較するに、レベルの高い方の馬だよ。


?content_type=blog&content_id=725&type=i

 

<結果を受けて…>

 

<菊池> 勝ち時計は1分9秒2のレコードタイムとなりました。馬場が良かったこともありますが、有力馬が逃げ馬にプレッシャーをかけて締まったレースになりましたね。

 

<京介> そうそう。この日は先行した馬がなかなか止まらない馬場傾向もあったし、ここに来て前掛かりのレース展開になったよね。レースやメンバーの質を考えれば、函館2歳Sは条件戦と同等レベルなんだけども、騎手の意識が働いてタフな流れになり、総合的にレベルも引き上げられたレース、と言う解釈はしていいと思う。

 

<菊池> 後続との着差こそつきませんでしたが、終始、人気2頭のマーク戦とも言えるマッチレースに近い内容だったのではないかと思いましたが。

 

<京介> けどモンドキャンノには、他馬の執拗なマークもあったように思うよ。例年の函館2歳Sよりも馬群が凝縮しているように思うなあ。この速い流れでだよ。

 

<菊池> モンドキャンノより後ろの馬は、戸崎騎手をがっちりマークしての追走だったと。

 

<京介> やっぱり戸崎騎手が函館に重役出勤でやってきて、簡単に重賞をかっさらわれるムードにはみんな抵抗したかったのかな。道中は有力馬がモンドキャンノをぐるっと取り囲んでいた隊列だったよね。それで道中も接触が数回あったし。


<菊池> では、上位馬を中心に1頭ずつ振り返りましょう。

 

 

レヴァンテライオン

 

<菊池> 今回の仕上がりは前走以上だったと言えそうですか?

 

<京介> 間違いなく前走より良かった。腰は甘いところあるんだけど、小柄なのにかなりの大歩きができて、脚を素早く回せるのがこの馬のポイントだろうね。腹筋もしっかりしていた。個人的には480kg弱の中型馬には見えないけど、隠れた所にしっかり筋肉があるのかな。

 

<菊池> まず、今回は抜群のスタートを決めたのが大きかったですね。

 

<京介> でも前走も、逃げるのかな?と言うぐらいのスタートセンスは見せていた。途中から他の馬がやってきただけでね。テン3F335の流れだったけど、急がせてテンに行かせた馬よりも手応え楽に運べたわけだから、あのスタートは非常に大きかった。

 

<菊池> この後は、距離を延ばしていかなければならなくなりますが、その点ではいかがでしょう。

 

<京介> 馬の形としては、対応できて1400mまでかな。だけどまだまだ27月の若駒だし、背が伸びる可能性だってある。フィフスペトルぐらいの距離対応力を見せるには、もうちょっと幅が増えてほしいと思うけどね。

 

 

モンドキャンノ

 

<菊池> 中間は一度、牧場に戻したようですが、こちらも仕上がりとしては良かったと思います。いかがでしょう。

 

<京介> うん。仕上がりは十分良かったよ。特に、抜けて背が高いように感じたね。手先にまでちゃんと力が篭って、四肢を伸ばせるいい形だったと思う。

 

<菊池> レヴァンテライオンをマークする競馬でしたが、4角前後で噴かしにくくなったのが痛かったですね。

 

<京介> そこは馬群が密集する流れだった、というのがあるだろうね。つまり、この速い流れでも隊列が縦にならず、結構付いて行ける馬が多くいた。追走スピードで負けてない、基礎能力がまあまあ足りる馬が多かったということ。実際、地方馬2頭は付いて行けず馬群の後方に回っているしね。いつものしょうもないレベルの馬ばかりになる函館2歳なら、こんな難しい競馬になっていないはず、というところ。

 

<菊池> 父キンシャサノキセキ・母父サクラバクシンオーという血統ですが、距離延長はどうでしょう。

 

<京介> この馬は頭が高過ぎるのがネックなんだよなあ…。マイルでも走破できる体力があっても、マイルで決め手をビシッと使える上手な走りができない、そんなタイプに見えるね。その意味で、人気で勝つのは1400mまでかなあ。おいおい修正していければ。

 

 

タイムトリップ

 

<菊池> ロスなく立ち回って上手に3着を拾いましたね。

 

<京介> 一昨年の2着馬、タケデンタイガーと一緒だね。前走の新馬戦で、前半3F33秒台に突入する速い流れを経験出来てて、それで勝てたという「消耗戦ラップ適性」があった。その前半のスピードがある分、メンバーが揃った相手でも比較的追走に苦労が掛からなかったと。その分、他の馬よりも余裕が出て、終いに脚を使えたわけだね。

 

<菊池> 福島組でしたが、状態も良かったのでしょうか。

 

<京介> 馬の動きは前走とどっこいどっこいだったかな。でも新馬初戦で示した性能が、今回のメンバーに入れても通用するほどだったんだろうと思ってるよ。実際、離されて流れ込んだ3着ではないし、函館組の有象無象とは「速いラップの消耗戦慣れ」している強みがあったんじゃないかと思う。

 

<菊池> 輸送の不利を経験値と枠順でカバーできたというのが大きいようで。

 

<京介> ちなみにこのタイムトリップは、3週前のワイドなショー(仮)の制裁コーナーで取り上げた馬だよね。あの記事のネタ元を構成するためにレースを何度も見返したんだけど、それが結構役に立った感じ。

 

<菊池> なるほど。結果的に繋がりましたね。

 

<京介> 最近のレース分析では、やたらと上がり性能の確かな馬が評価されやすい風潮になっているけど、こと履歴の若い2歳の短距離重賞においては、こうして速いペースを経験した馬の方が、価値が出た、ということだね。

 

 

その他

 

<菊池> 大きく出遅れたバリンジャーですが、3コーナー過ぎでは一応、馬群に追いついて直線も脚を伸ばしていましたね。

 

<京介> これはもう、流れに乗れずじまいの内容だった。最後ももっと状態が良ければ、弾ける脚も使えたんだろうけど…。タイムトリップと同じ週のデビューだったのに、明暗が分かれてしまったね。

 

<菊池> 初戦が凡戦だったことも響きましたね。

 

<京介> それと後からパドック映像を見返しても、「函館で勝ったのはこの馬の新馬勝ちだけ」になる関東厩舎はホント良くないわ。馬がガレたり、緩んだり、少なくとも上積みがないまま出てくる例が多い。逆にレヴァンテライオンは、矢作厩舎が一丸となってこの馬に勝たせたいとする意欲が表に出ていたね。仕上がり&上積みもそうだし、あのレース運びも作戦でしょう。

 

<菊池> ほうほう。今後に向けても注意したいですね。“函館で新馬(未勝利)を勝つことが目標”という馬もソコソコいますし。全ての馬が高みを目指しているわけではありませんからね。購買価格で全てが決まるわけじゃないけど、価格は大まかな未来を示しているというのも嘘ではないし。

 

<京介> それとこのレースは、4コーナーであれだけ団子っぽく密集していたのに、タイムトリップが内からスルッと抜けてきて、モンドキャンノも別に詰まらず伸びて来れた。他の条件戦だと、密集した馬群に詰まって内から出られないから、内枠が仇になることがあるけど、この函館2Sは「内枠でも詰まらない」「距離得が即結果に繋がる」んだよね。これを函館2Sの大きなポイントにしたい。

 

<菊池> 開催日程が6週に短縮されたことも大きいですが、今開催のように最後まで内がきれいな馬場状態のまま維持されると、色濃くなりそうですね。

 

<京介> そう。2012年から日程が調整されて、12回函館開催は16日間開催から12日間開催に短縮されたわけだ。おまけに、仮柵Bコースに移動してから函館記念・函館2Sと続くわけだけど、開催後半の割に馬場状態は程よく維持されていて、どちらのレースも外が伸びにくい。これがまず一つ。

 

<菊池> 芝も踏み固められて内が良くなりますからね。

 

<京介> 続いて、この函館2Sは、その後500万を勝つのも難しい馬と、準オープンクラスまで上がってくる馬とが混在している。大半の馬は速い流れのレースに乗っかることすら難しく、結構早いタイミングでバテて下がってしまうと。今回のラッシュアウトのような馬が多数いるわけだね。地方馬は19秒台の決着になると到底付いて行けない。となれば、4コーナーでチャンスある位置にいる馬は半分ぐらいになる。

 

<菊池> 仕上がり早だけが武器、初速だけが武器、新馬(未勝利)を勝ったことで目標を達成している、などの馬たちが混じっているからこそ起こる現象だと。

 

<京介> 直線が短く、ゴールまで残り少ないとはいえ、条件戦とは違って邪魔になる馬が早々に脱落してる函館2Sは、バテた馬が壁になることが少ないってことだね。今回のタイムトリップのように、上手く好位で運べた馬が、余裕をもって捌いて抜けて来れる。内枠で距離得する馬は、能力の差をかなり詰めることができるんだ。

 

<菊池> 力のある馬 + 内枠を引いた穴馬 ということだ。

 

<京介> 2012年から36番枠よりも内側にいた馬が、今年で4年続けて穴をあけている理由がこれだよ。外枠上位独占になりにくい馬場状態、毎年地方馬が枠を埋めたりレベルの低いメンバーが多いのに決着時計は速め。馬群の外を回しても末脚を伸ばせる馬は、現地函館で大変評判の高い上位人気馬だけと決め打てば、だいぶ絞れるようになるね。

 

 

<教訓まとめ>

 

・雨に祟られる開催でなければ、馬場状態は先週の函館記念に引き続いて良い状態が維持される。内枠有利・内ラチ沿い有利はこのレースでも通用。おまけに良馬場なら時計の速い決着必至。メンバーの中で、芝1200mの勝ち時計1~3位の馬は必ずチェックしておくこと。

 

・先行馬が内に殺到しても、その大半がコーナー途中でバテてしまうため、スピードが足りて体力的に我慢の効く馬なら、内を捌くのは容易。内で詰まる心配をする必要はない。このレースの穴馬は毎年、36番から内の馬ばかり。

 

12回函館開催での厩舎成績が(100X)になる厩舎は、そもそも函館遠征には消極的で、今回駒を進めた馬も新馬戦をたまたま勝てただけのついでの出走。パドックもめったに上積みある状態で出てきたことがない。その馬の現時点での性能頼みになる。函館開催に全力投球の厩舎よりも、期待値は著しく低くなる。

 

 

<次走巻き返し警戒馬>

 

<京介>

・フクノクオリア

…大型馬で少々緩い部分はあるものの、当日の馬体は間違いなく良かったはず。しかし出遅れから追い通しでグダグダ、コーナーも満足に回れない。鞍上が下手なようにしか見えなかった。距離が延び、広いコースに替わった時に注意。

 

<菊池> 

・バリンジャー

…やはり1200mは短い様子ながら、最後に見せ場を作った。昨年のマコトルーメンのパターンで、距離延長時に注目したい。

 

~~~

 

<菊池> では、今回の回顧はここまでです。今週末はアイビスサマーダッシュとクイーンSを展望していきます。

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ