金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京介・菊池グリグリの「週末重賞を展望しよう~ 中京記念 ~」
2016/07/22 14:33:00
テーマ: 重賞展望トーク
JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。
※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!

※推奨穴馬が絶好調!
(※推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリが1頭ずつ推奨中)

ここ2週は不発に終わりましたが…

CBC賞 レッドファルクス 3番人気1着 単勝750円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

宝塚記念 マリアライト 8番人気1着 単勝2,510円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※2人とも上位評価!)

函館スプリントS ソルヴェイグ 12番人気1着 単勝3,940円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※大外でしたが…汗)

マーメイドS リラヴァティ 6番人気1着 単勝1,080円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※展開読みもバッチリ!)

安田記念 ロゴタイプ 8番人気1着 単勝3,690円!
?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※勝つまでは読みきれずとも狙いすました1頭でした!)

?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ
16
年夏競馬号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057467/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから

 京介・菊池グリグリの「ショート展望トーク!~ 中京記念 ~」

※木曜夜の展望トークです

 

<菊池> 夏の中京開催ラストは、クセの強い重賞中京記念です!今週はこちらを展望していきましょう。

 

中京記念展望

2015年中京記念回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50752147.html

2014年中京記念回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50732036.html

(昨年の中京記念は例年とちょっと違ったので一昨年の分も載せておきますね

 

<天候について>

 

<菊池> 先週も若干のグズつき加減でしたが、今週末は先週よりいくらかマシでしょうか。とは言え、余談を許さない状況という感じがしますが。

 

<京介> 週中にガッツリ降って週末に降らない、というのならともかく、この週末はいつ降るのか分からないという予報になってるね。このまま降らない可能性もあるそうで、なかなか判断できないわ。過去の回顧でも、天候が良くてパンパンの良馬場だと、傾向が変わってくる。…としているから、みなさんにはここはチェックしていただきたいです。

 

<菊池> 直近の天気予報を常に確認しましょう。

 

<馬場について>

 

<菊池> 改めて先週の馬場傾向を振り返りましょう。

?content_type=blog&content_id=725&type=i

<京介> 先週は福島とタイミングを同じくして、仮柵をAコースからBコースに移動。だけど、内から4頭分ぐらいはやはり悪いようで、中京3日・4日の悪化がかなり影響したようだね。コーナーで内を避けて外に膨れるように進むレースがチラホラ目についた。

 

<菊池> 仮柵を3m移動したくらいではカバーしきれない状況ということでしょうね。

 

<京介> 正直に言うと全面的に悪い、と言うのが正直なところだけども、馬場が乾けば真ん中から外の「掘れた部分が少ないルート」を回って伸びるシーンがある。しかも、ちゃんと乾いたなら時計が速いんだよね。クッションが効いてスピードに乗せやすい芝になっているのかな?

 

<菊池> 先週の日曜中京10Rでは、パドルウィールがレコードタイムで勝利するというシーンもありました。この点についてはどう解釈したら良いのでしょう?

 

<京介> パドルウィールは1000万下で力が足りる馬ではあったけど、これまで何度も勝ちそびれていたし、合計22戦して1000万勝ちはまだない5歳馬だった。降級馬でもないのよ。

 

<菊池> コース巧者とは言え、力が抜けていたわけではないということですか。

 

<京介> だからこそ、この柔らかい馬場だと速く走れるタイプなんじゃないか、とか変な考えをせず、どちらかというと馬場の回復に注目するべきでしょ。馬場が乾燥すると路盤が締まって、1週目のような馬場に急変する。また、パドルウィールが通ったルートを辿れば、かなりスピードが出るということも気を付けたい。

 

<菊池> 全体的には概ね3回中京らしい馬場状況が整ってきたのかと思ったのですが。先週は内を通る馬が軒並み苦戦して、外伸び馬場へと変貌してきましたね。

 

<京介> 仮に中京の馬場を内から外まで10等分したとすると、日曜9RのマカオJCTでは、武豊騎手が馬場の6分所を通って1着。これが1分8秒5。日曜12RのフィリピンTでは、勝ったメラグラーナが馬場の7分所を通って1分7秒9を出している。同じレースで3着だったキタサンラブコールなどは、8分所を通って1分8秒台前半。ロスがあるのにこれは、まあかなり速い馬場だわ。

 

<菊池> 外からの差し・追い込みで決まったレースでしたが、時計もかなり速かったというのは特徴的ですね。

 

<京介> だけどどちらのレースも、4分所から内を通った馬は0.5秒以上坂上で遅れてしまうんだよね。脚が止まっているから。内と外で極端な差がある状況で、内を進みつつ出し抜くのは難しいと思った方がいいかも。

 

<菊池> 昨年は3枠→1枠→5枠という決着で例年と異なる馬場状況だったことが明らかでしたが、今年は僕たちのよく知る中京記念が行われるかと思っていたのですが、そう単純ではないかもしれませんね。

 

<京介> う~ん、どうだろうなあ。「内から出し抜けるんじゃないの?」と騎手がチラッとでも思うから、全面的に馬群がバラけて外差しが決まると思うのよ。時計が速いのに外ばかりが良いとなれば、みんな外に殺到して「外で渋滞する」シーンが生まれるんじゃないかな。外差し外差しとみんな言いすぎるムードなのは、ちょっと気になるんだよね。

 

<菊池> なるほど。事前にそういう可能性を考えておくのは重要ですね。

 

 

<レース傾向について>

 

▲キングカメハメハ産駒

→リピーター含め[0305]、荒れ馬場はむしろ歓迎。

ディープインパクト産駒が苦戦の場に強い。

▲前走の4角通過順が10番手以下

→[33317]、後ろから運ぶべきで前走脚質を目安に。

  ↑かつ前走1着だと[1021]で安定。

○前年に3着以内だった馬

馬場や展開にクセがあるのでリピーターが生じやすい。

×前走から400m以上の距離短縮 

前走が2000m以上も1200m以下も結果が出ていない。

東京芝14001800mが最も繋がるローテ。

×ディープインパクト産駒

→[0003]、4・2・5番人気の3頭で全て着外。

特殊傾向で亜流種牡馬向けのレース。

×1~2番人気

→[0008] 、3番人気[0022]、4番人気[0004]

要するに人気を買っている場合ではないレース。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより一部)

 

<京介> 雨が降れば外枠というか8枠、良馬場ならその逆で内枠。雨に見舞われやすい時期だから外枠断然有利のレースっぽく見えていたけど、時計の速い決着だと流れが変わって外追い込みが効かなくなったというのが、昨年の回顧だったね。個人的には、今年のメンバーだと雨を願いたいけどなあ。

 

<菊池> そうなんですよね。雨が降ってくれた方が、絞込みが楽になりますから。問題はそうでなかった時。

 

<京介> 先行馬がコーナーに進入する際、あるいは直線入口のポジション争いで結構脚を使うのに、後方から進める馬は内に行ってもいいし大外に出してもいい、おまけにコーナーでも馬群がバラけやすく選択肢が多い。おまけに3~4コーナーで差を詰めやすい面もある。他のハンデ戦よりもさらに追い込み馬が有利な条件なんだよね。これもポイントだと思う。

 

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<京介> 外国人騎手が4人も集まるとは驚いた。昨年このレースで好走しているスマートオリオンとアルマディヴァン、ダローネガみんな登場しているね。

 

<菊池> 過去の傾向からリピーターが活躍するレースだけに、この点も重要です。

 

<京介> タガノエスプレッソは前走逃げて勝っているけど、先導はトップハンデ・休み明けのスマートオリオンに譲るかな?確実に先行しそうなのは、カオスモスとマイネルアウラート。今年のメンバーは距離が微妙と思える馬はいても、スローペース拒否の先行馬が少ないから、おそらく先団凝縮という流れになるかも。

 

<菊池> 前に行くタイプは1600mまで(やや短距離志向強め)というタイプが多いですかね。ただ、どうしてもハナに立ちたい、速いペースで先行したい馬が見当たらず。

 

<京介> 馬群が固まってスロー、あるいは上がりが速い決着になるなら、昨年の決着が参照になりそうだね。意外と位置取りの自由度がなく、内枠の馬が外に持ち出せず、外の馬が内に突っ込む動きもできない。直線も馬群が密集して、先行馬も脚があるから案外崩れず、ギリギリの着差で優位になるのはロスなく運んだ馬。

 

<菊池> 展開自体は昨年のイメージの方が近い。あとは馬場がどうなのか?ですかね。

 

<京介> 当日の馬場傾向を見てから判断したいけども、雨が降らず馬場が緩むことがないなら、「内を引いた差し馬有利」と思っているよ。

 

<菊池> “例年の極端な中京記念”になるか、“例年の傾向と昨年との折衷案的な結果”になるかは、雨次第となりそうですね。では、人気が予想される上位5頭についてお願いします。

 

 

ピークトラム

 

【 強み 】

<菊池> 残り僅かなチチカステナンゴ産駒は、このコースが大得意。この馬も季節・芝状態ともに合うと見ています。

 

<京介> オープンを2度使って負けも0.1秒差4着、そして前走は1着。それで56kgで済むなら、軽いと思えるぐらいかな?意外に積んでないなと言う印象だね。

 

【 弱み 】

<京介> この馬が勝っているのは、稍重だったり荒れ馬場で時計掛かる状況だったり、標準よりも遅い時計になる時ばかりなんだよね。速い記録がない。134秒台にまで掛かるのなら非常に良い狙い目のはずだけど、今の中京芝の良だと132秒台がありそうだし、そうなるとどうしても狙いが落ちてしまうね。今年の馬場はどうなるかな?本当の末期馬場ならもちろん良いと思うよ。

 

<菊池> そうですね。雨が降らずに良い馬場状態だと狙いとしては下がりそうです。あと、馬場状況と噛み合う枠を引けるかどうか。

 

★総合評価:+4 (京介 +1 菊池 +3)

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

タガノエスプレッソ

 

【 強み 】

<京介> 前走はデムーロ騎手も好調だったけど、馬も相当良くなってたと思う。じゃないと展開が落ち込みそうな時に、鞍上の指示に従ってあれだけ操舵がスムーズにいかないでしょう。

 

<菊池> この暑い時期ですから、体調にメドが立っている点は強みですね。

 

<京介> 他の馬の出方次第で控えてもいいし、機を見て先行してもいい。持ってるカードの種類が多い馬に、デムーロ騎手が乗っているのは強みじゃないかと。デイリー杯を勝った時も、格上挑戦に一発で答えを出した。厩舎もこのローテーションを考えていたのかな?

 

【 弱み 】

<菊池> 同開催の前半で逃げ切り勝ち。デイリー杯にしても馬場の綺麗な状況で好走しており、末期馬場らしい競馬になった時の適性は?という点でしょうか。

 

<京介> デイリー杯で負かした相手は決してレベル高くはないんだよね。前走も少頭数。多頭数フルゲートで揉まれる競馬が苦手かもしれない。

 

★総合評価:+3 (京介 +3 菊池 +0)

 

ダノンリバティ

 

【 強み 】

<菊池> ミッキードリームをいずれも人気薄で4着→2着→2着と激走させた音無厩舎。ダートのOPでも勝ち負けできた馬で馬力は折り紙付き。いかにも状況は向きそうですね。

 

<京介> そうだね、体格が良くて大トビ。時計の掛かる中京芝なら、この馬は結構向いているタイプでしょう。大外を回してこその状況ならかなり合うと思う。500kgを超えているのもいいね。

 

<菊池> 物凄く暑かった夏の新潟で連続好走がある点も心強いです。

 

【 弱み 】 

<京介> 前走のマイラーズCは、132秒台の決着で1秒近く遅れた。やっぱりタイプからして、時計速い決着は苦手と思う。馬場を見て極端な取捨ができるはずだから、当日はバッサリも十分あり得るかな。

 

<菊池> 同感です。この馬も雨の有無で評価を大きく変えないといけない1頭ですね。器用さが問われないレースになってほしいところ。

 

★総合評価:+5 (京介 +2 菊池 +3)

 

 

トウショウドラフタ

 

【 強み 】

<菊池> NHKマイルCでマイルの距離は問題なしと示したのはプラス査定でいいんじゃないでしょうか。

 

<京介> 荒れ馬場、外差し馬場大歓迎。田辺裕信騎手がちゃんと乗りに来るのね。

 

【 弱み 】

<菊池> ファルコンSは相対比較で強く映り過ぎ。その分で過剰人気するのがどうでしょう。鞍上も「道悪が良いわけではないが、上手く外に出せた」といった趣旨のコメントでした。

 

<京介> 飛節の形が悪くて、時計の速い馬場は絶対無理なタイプだと思っているし、道悪も正直、そんなに良くないでしょう。間隔が開いたことがプラスに出るかどうか。萱野厩舎って、まだたった3勝って…今年どこで勝ったの?この馬で2勝か。相手が強くなって抵抗できるぐらいの成長力を示せるかどうか。

 

★総合評価:+1 (京介 +0 菊池 +1)

 

ダッシングブレイズ

 

【 強み 】

<菊池> 素質は確か。重たいマル外血統で、軽い芝でもサンデーサイレンスの孫たちと互角以上にやれるのだから、「馬場が向けばさらに」と考えられるのは妥当だと思います。

 

<京介> そうそう。いつも軽い芝の舞台、ディープ産駒が活躍しそうな場面にぶつけてくるんだよね。だからどうしても中心にしづらかった。今回は外せないでしょう。この条件はノーザンダンサー系との相性が良い条件。サドラー系で重そうなタイプで腰も強いし、中京コースは絶対に合っているはず。

 

【 弱み 】

<菊池> 思い当たるのは、人気ほど抜けた存在ではないということくらいでしょうか。

 

<京介> ルメール騎手が初騎乗になっちゃうのか。この鞍だけ浜中騎手が北海道からこっちにやってくる、と言う判断はなかったのかな?能力は足りそうだけど、まだオープン1勝の馬に56kgか。有利な条件にはならなかったね。

 

★総合評価:+5 (京介 +2 菊池 +3)

 

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( タガノエトワール )

 

<京介> 昨年好走した馬がみんな登場しているけど、それもみなコケそうなムード。それなら新味を探さなければいけない。というわけでいろいろ探して気になるのはこの馬かな。

 

<菊池> 回顧での次走注目馬に挙げた1頭でもありますね。

 

<京介> これまで松田博資厩舎だったけども、転厩したのは前走から。厩舎解散ギリギリまで使い込まず切り上げたのは、消耗しない分良かったと思う。元々叩き良化型で、大きく負けがちなタイプ。ひと叩きしての良化を期待。前走も良い仕上がりだったと思うんだよね。

 

<菊池> そろそろ転厩馬が結果を出し始めるころ。七夕賞を勝ったアルバートドックも松田博厩舎からの転厩馬でした。

 

<京介> 父キングカメハメハ産駒だし血統図全体にノーザンダンサーの血も濃い馬で、血統傾向にも合うでしょう。自分は今年時計の速い決着だと思っているから、準オープンで1分320の記録がある強みが活きれば。

 

 

( ダローネガ )

 

<菊池> 昨年は、決して馬場状況や展開が向いた感じでもなかったですが、3着に好走のリピーター。この時期に体調を上げるタイプなので、外枠に利がある状況になってくれれば押さえたい1頭です。藤岡康太騎手は、この開催で勝ちきれないレースが多いですが、複勝率は騎乗馬の質を考えれば優秀です。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

◎ガリバルディ

○タガノエトワール

▲ダッシングブレイズ

注タガノエスプレッソ

△アルマディヴァン

 

<菊池> 

○ダッシングブレイズ

○ピークトラム

○ダノンリバティ

△ケントオー

△ダローネガ

△タガノエトワール

△マイネルアウラート

(※今週は土曜日の競馬を見て印を大きく変更する可能性があります。)

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ