金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京介・菊池グリグリの「函館記念回顧!」
お礼1
2016/07/19 16:09:00
テーマ: 重賞回顧

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞回顧。  

週末の重賞展望トークの振り返り、レース分析、次走注目馬を盛り込んだ濃密な回顧対談!
『競馬大予言』で連載中、「金子京介・菊池グリグリの重賞三行回顧」の完全版です。


?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ
16
年夏競馬号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057467/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから

京介・菊池グリグリの「函館記念回顧!」


<菊池> 先週は重賞がひとつだけ。函館記念が行われました。今回も回顧していきましょう。

 

函館記念回顧

 

展望トークはコチラ

https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/69890

 

<天候・馬場について>

 

<菊池> 函館は土曜日こそ芝は良・ダートは稍重でしたが、日曜日は朝から芝も稍重でスタートしました。

 

<京介> 土曜日の感じと天気予報から、よしよし晴れるかなと思っていたら…。ずっとぐずついた天気だったんだよね、函館近郊は。むしろ土曜日と比べて、ちょっと寒くなったぐらいだと。

 

<菊池> 天候も10Rの手前から“小雨”の発表に切り替わっていましたね。

 

<京介> 10Rのゴール前も、メインの函館記念パドックでも、傘をさしている人や長袖の人の方がより多かったんじゃないか。それが目についたね。福島や新潟のシャワーのような通り雨なら、傘をささずに見る人が多いものだけど、結構しっかり降ったと考えた方がいいのかな。おまけにこの時間帯は、風もちょっと出ていて気温が20℃を下回ったっぽいじゃない。

 

 

<パドックについて>

<菊池> 13番人気までが単勝オッズ30倍未満という大混戦でした。

 

<京介> まずパドックを見る前の話だけど、どんなハンデ戦であっても、1000万下からの格上挑戦の馬が1番人気になってしまうというのは、世間の目がだいぶオープン馬に辛くて、出走馬のレベルが結構低いものと判断されていた、と思うんだよね。

 

<菊池> 映像で振り返るパドックの比較ではいかがでしょうか。

 

<京介> そしてパドックを映像で見た感じだと…。うーん、馬体全体の、腹筋やトモ周りの筋肉にしっかり張りが出ている馬が少ないな、と思った。何だか中山金杯パドックのような「現状これで仕方ない感じ」がどの馬にも出てる。やっぱり巴賞からの大幅上昇なんてありえないよなー、と思いつつも、別路線の馬も復調に手間取っている印象だったね。

 

<菊池> 端的に言ってしまえば、全体的にデキの良い馬が少なかったってことですね。

 

<京介> その中で、休み明けの馬ならトーセンレーヴとネオリアリズム。重賞で好走していて元気いっぱいの状態で来られたのがマイネルミラノ。と言う感じに見えたね。バイガエシは背中のラインがビシッと決まっていて絶好調なんだけど、指摘したように飛節の角度が悪くて難点が大きいから…。

 

 

<レース展開について>

<菊池> 生ファンファーレもバッチリ決まりました。

 

<京介> 今年は自衛隊の演奏だったんだって?何だか大好評だったらしいね。自分はあのタイミングだと、まだ福島メインのパドックを見ている途中になっちゃうんだけど、それでも「音のキレがいいな」と感じたし、録音だとばかり思ってたよ。生であの音出しができるのは凄くない? 別の作業に集中していたのに、「あ、函館記念始まるんだな」と気づくぐらいだもの。

 

<菊池> ですね。そしてスタート。比較的、揃ったスタートではありましたが、ネオリアリズムあたりは斜めに出て行き脚もつかず後方から。マテンロウボスもあまり良いスタートではなかったですね。

 

<京介> マテンロウボスは四位騎手だから出遅れてるんじゃないの?と思うぐらい相性が悪いなあ。あと5枠黄色帽の2頭もイマイチだったかな。

 

<菊池> 五分に出たマイネルミラノが押して勢いを付け、ハナを奪うと前のグループの隊列は枠なりにすんなり決まりましたね。

 

<京介> 外の82頭や他の中枠の馬も、押してはいるんだけど必死のピッチではなく、他馬の出方を窺いながらの慎重な行き脚。だから先頭で競り合う馬がいないまま、前はすぐ決まったんだよね。

 

<菊池> オツウが競りかけることもなく、ペースはすぐに落ち着きました。

 

<京介> オツウの北村友一騎手は、スタートして10歩ぐらいは必死に押していたんだけど悲しいかな馬が動かず。しかも1コーナー手前で舌越ししてるでしょ。何とか1コーナー手前で並んだ時点で、もう馬が勝手に息を入れてしまった感じだね。

 

<菊池> 前走もそんな感じの行きっぷりの悪さがありました。

 

<京介> 丹内騎手が「北村君が抑えてくれた」との弁だけど、これはもう馬が一杯の感じだったから正確な表現ではないと思う。陣営は何が何でも行き切ると言ってたけど、こうなっちゃ仕方ない。北村騎手を責めないであげてほしい。

 

<菊池> 3番手の内にマデイラがいて、その外にフェイマスエンド。マデイラの後ろ、5番手内がケイティープライドですね。外にはマイネルフロストとファントムライトが並んでいました。

 

<京介> フェイマスエンドがこの位置に来るのは予想通りだったから期待は結構あった。そしてどの馬も手綱を抑えているし、2頭づつの縦列で連なっている。ペースが落ち着いたタイミングが早かったのにこの隊列は、しばらく前の馬有利になるよ。

 

<菊池> その後ろにはトーセンレーヴ。ダービーフィズが並んでいて、出遅れたネオリアリズムは2コーナーを曲がりきったあたりでここまで挽回しています。ただし、その過程で掛かってチグハグな競馬でしたね。

 

<京介> んまあ、ここからいいタイミングで捲ったりしない限り、相当なロスになってしまうよねこれは。

 

<菊池> この後ろのグループにツクバアズマオー。そして、レッドレイヴンとバイガエシという人気の2枠2頭が、この後方の位置取りでした。マテンロウボスも気がなく最後方を追走。

 

<京介> 少なからず、人気を集めた差し馬が固まって後方に回り、おそらくは牽制し合っていたムードっぽいよねこれは。

 

<菊池> 1000m通過は60.0秒。多少の馬場悪化があったとは言え、楽なペースでしたね。

 

<京介> バイガエシ辺りは、61秒で通過してる感じかな。1コーナーの進入する前からペースが遅かったのが大きいね。プレッシャーなく縦列でコーナーを回っていた時に、かなり楽に行ってたということだ。

 

<菊池> そのペースながら、オツウとフェイマスエンドは3コーナーでズルズル後退。内からマデイラが浮上し、その後ろのケイティープライドも空いた内をついて浮上してきます。

 

<京介> 好位に付けて外から進出するか、と言う位置の馬がコーナーで後退し、これが完全に後ろの邪魔になる。コーナーで進出するマデイラの真後ろになんて後方の差し馬は突っ込めないし、ここでバテた馬と手応えがあるのに外を回らざるを得ない馬とで交錯するわけだ。

 

<菊池> 一方、外を回った組は4コーナーを出る前に、既にノーチャンス感がプンプン漂っていました。

 

<京介> 外国人騎手2騎も、内に拘ったか判断を誤ったか、馬群の内目で完全に壁。

 

<菊池> 4コーナーの手応えどおりにマイネルミラノが突き放して、注目は2~3着争い。ここはマデイラ・ケイティープライド・ツクバアズマオーの3頭による争いでしたが、いずれも道中は内ラチ沿いを回ってきた馬でした。

 

<京介> 外を回った組では先頭だったレッドレイヴンよりも、内を回ったツクバアズマオーは仕掛け遅れっぽい格好だったのに、最後グンと盛り返されている。コーナーで脚を使ってロスした組は、明らかに流れに乗り遅れていたということだね。

 

<菊池> 悠々逃げ切りのマイネルミラノ。離れた2着はケイティープライドで、最後にようやく間に合ったツクバアズマオーが3着。マデイラが4着に粘りました。

 

<京介> 完璧に展開をコントロールしきったマイネルミラノのレースになって、あとは絶好の隊列だったマデイラを誰が交わすのか、という展開だったと思う。それで、外を回った馬では厳しかったと。

 

 

<結果を受けて…>

 

<菊池> 勝ち時計は1分59秒0。稍重としてはまずまずの時計ですが、マイネルミラノは昨年より楽な展開で運べたのが大きかったでしょうか。

 

<京介> もちろん、勝因の7割はそれだよね。あとは仮柵が変わって内が有利な馬場状態。そして、好位を固めた馬がマイネルミラノに競り掛ける力がなく、勝手にバテたこと。これが大きい。

 

<菊池> 内枠有利が顕著な函館記念ではありますが、今回もラチ沿いを通った馬のみで決着して、外を回すタイプは軒並み苦戦しましたね。

 

<京介> 土曜日だけだとチラチラ外差しも妙に間に合う競馬があったけど、やっぱりこの週は内が有利だね。2000m2分切りで走ってしまうオープン馬でハンデ戦をやらすと、内外の差がかなり顕著に出てしまうと。体が強いオープン馬になると、やっぱり内の有利は大きいってことを改めて認識するね。

 

<菊池> このあたりが、巴賞と結びつかない所以、という感じがします。

 

<京介> 今年は特に、巴賞とはペースも馬場傾向も違っていたから。なおさらだね。

 

<菊池> では、上位馬を振り返りましょう。

 

 

マイネルミラノ

 

<菊池> まずは、昨年の反省を踏まえてローテを変えたことが大きかったと思います。

 

<京介> 実際、巴賞に出ちゃうと能力で勝っちゃうから、より人気を集めたんじゃない?

 

<菊池> そして、丹内騎手もオーバーペースに気を付けていた印象を受けました。

 

<京介> これはちょっと長く説明したい所だけど、ざっくり言えば、前走のエプソムCで柴田大知騎手が「スロー逃げでも上手く行く馬なんだぞ」というのを示したのが大きかったと思う。福島民報杯、新潟大賞典の丹内騎手は、「飛ばして逃げて息を少ししか入れずに捕まる」と言う競馬だったから。だから自分は、柴田大知→丹内祐次はマイナスだと思っていたんだよなー。

 

<菊池> 同型がオツウしかいなくて、そのオツウが外枠でした。この点は大きかったですね。

 

<京介> レースをさせてみれば、かなり力差があるようにも映るけど、実際は内外の差の影響だからね。外枠から行く苦労がかなりキツイというのを、みなさんもっと実感してほしい。良く考えれば、昨年のマイネルミラノも大外枠から追っ付け逃げ。消耗度がやっぱり違うのかね。

 

<菊池> さて、この後ですが。毎度この馬については、マークされると脆いという話は散々してきましたね。

 

<京介> そう。だから木曜日に予想するとどうしてもこの馬中心の予想は難しいんだよね。まあ正直、こうして枠が出ても単候補には挙げるけど対抗単穴クラスに挙げるのはちょっと怯んだよ。エプソムカップの再現が上手く行くほど、周りが弱く自分の流れにできる、という所までは読めなかったわ。

 

<菊池> この夏は売り切れたかな。丹内騎手、地元での重賞制覇おめでとうございました。あのウイニングランは、「勝ったらやろうと思っていた」とのことでした()

 

 

ケイティープライド

 

<菊池> ハンデを活かし、上手く立ち回りましたね。

 

<京介> 巴賞を使ってきた≒函館記念に出走の予定がある、と言う考えでいいと思うんだけど、ケイティ―プライドは2000mが初なんだよね。ずっと重賞に挑戦させてきた馬だけど、遅ればせながら「この距離がアリなんだ」と気づいた陣営のファインプレイもあるんじゃないかな。

 

<菊池> このタイミングで新味が出る可能性をもっと考えないといけませんでしたか。

 

<京介> 週中は全然気づかなかった。枠順が出て、日曜版のJRDB新聞が出て総合的に考えて、やっと可能性に気づいたけど、キャラ判定でこの馬を早めに評価するのは難しいなあ~。フェイマスエンドを評価した流れで言うと、この馬は巴賞でフェイマスエンドよりももっとひどい不利を受けてるんだよね。

 

<菊池> こういっては失礼ですが、浜中騎手が巧みな騎乗で穴をあけたのって久々に感じました。(二桁人気で馬券になったのは京都金杯のテイエムタイホー以来。)

 

<京介> けど浜中騎手は、函館に参戦してからずっと好成績だね。やっぱり現地で乗っている騎手が穴をあけやすいよな、とは思った次第。

 

<菊池> 先週の七夕賞1・2着馬は小倉大賞典の1・2着馬でしたが、この馬は4着馬でした。

 

<京介> そう!ケイティ―プライドは近走いい競馬をしたのがそこだけなんだけど、直線の長い上がり勝負だとまるで適性がなくて、上がりが掛かる競馬の方が確かにいいタイプなんだよね。

 

<菊池> この後、馬券になるか?というと難しそうな。

 

<京介> いや、高齢でも走るディープ産駒でスタミナ戦寄りのタイプだから、ホントこの後も1年に1度ぐらいの頻度でふっと激走するような馬になるんじゃないかな。

 

 

ツクバアズマオー

 

<菊池> 道中は内で辛抱して、直線、遅ればせながらという登場でした。

 

<京介> なんにしても枠がちょっとキツかったよね。吉田豊騎手はこの馬に付いて遠征してきたわけだけど、このレースは馬場察知の方が大事なレースだし。

 

<菊池> ゴール寸前で3着に浮上。前走にしてもそうですけど、そもそも勝ち負けに加わろうとしていない?という騎乗が、この3着争いに勝つ秘訣という感じもしますが。

 

<京介> レース振りをつぶさに観察すると、確かに勿体ない印象を受けるけどもね。鞍上がいい脚を少ししか使えない馬と思っているとか…。

 

<菊池> もう少し距離を伸ばすというのはどうでしょう?

 

<京介> うーん、自分は新潟記念にもし路線を変えて出てきたら要注意のタイプだとは思う。重賞を勝つならそれこそハンデ戦のどさくさ紛れだと思うし、55kgは現状有利な方じゃないかな。もう定年引退・解散が近い尾形充弘厩舎の馬ってのも気になるんだよね。メンバーの弱いオープンを勝つためじゃなく、重賞を勝つための判断をしてくると思う。

 

 

その他

 

<菊池> 1番人気のバイガエシは5着。外を回したグループの中では、最上位でしたね。

 

<京介> それでも展開としては後出しだったし、強引さが全くなく、馬の追い上げるリズム重視の騎乗だったね。まあ最近の函館記念では、ああいうので勝つことはないわ。せめて池添騎手ぐらいの仕掛けじゃないとね。

 

<菊池> レッドレイヴンは“やっぱり”という結果。僕たちのよく知るレッドレイヴンでしたね。

 

<京介> パドックだとスマートになりすぎて、筋肉が増えてこないのが一番まずいところかな。1800mでも2000mでも一瞬脚。全身を柔らかく使えず、長くいい脚が続かない。池添騎手が乗ったことでオープン勝ちも成しえたけど、同時にこの馬の本質的な弱さはこうなんだよ、と見事に示してくれた意味でも大きな意義があった。

 

<菊池> フェイマスエンドは何であんなに負けたのでしょう。

 

<京介> これが一番不可解。直前の追い切りがかなり良くて、「巴賞は叩き、ここが本腰入れての勝負」とすぐ気づく過程だった。三浦皇成騎手も前付け4番手で、別に強く押してもいないし、いや何も騎乗ぶりに問題はないでしょう。これは陣営の方で真相を解明してほしいわ。

 

<菊池> マテンロウボスの気のなさにはがっかり。

 

<京介> 何だあれはって内容だったね。出遅れたのは仕方ないけど、せめて4コーナーで隣にいたホッコーブレーヴぐらい伸びて来いよって思うよね。もうないわ、と思いながら乗ってたとしか思えない。後ろに回ってしまう選択肢を用意してなかったにしても何かしろよと。

 

<菊池> いやホント。(自粛自粛自粛)…。

 

<京介> あと、外国人騎手は2人とも結構酷かったね。翻訳の手違いかも知れないけど、ティータン騎手はあれで「スムーズに折り合って運べた」らしいよ。トーセンレーヴはレース後にすぐ息が入っていたようで、力を出し切れずじまいだったのは明らか。

 

<菊池> トーセンレーヴに関しては、インにこだわってワンチャンスを狙っていった騎乗なので、結果として上手くいかなかったのは仕方ないですかね。消耗度も低かったようなので今一度、注目しておきたいところです。

 

<京介> かなり函館成績を重視してる重賞なんだから、性能や調子もわからない騎手に期待しすぎるのはダメだね。今年だって、他の騎手を見渡すと、昨年絶好調過ぎた岩田騎手を下げるぐらいシビアに評価してるんだから。

 

 

<教訓まとめ>

 

・どんな条件であれ、当週からやってくる外国人騎手にメイン重賞での期待を負わせるのは悪手。函館の速い判断が求められるリズムに上手くかみ合わない様子で、やはり現地で好調を示してる騎手の信頼度が抜群。

 

逃げ先行馬であっても、内枠と外枠の差が露骨に出てしまう。昨年外枠でダメだった馬を、今年内枠で評価する手が使える。あるいはダービーフィズのように、逆のパターンも。

 

2014年で2着に好走したダークシャドウは、58kgを背負っても勝ち負けになるぐらい強力な馬だっただけで、基本的には56枠でも外すぎて厳しい、立ち回りが難しくなってしまう傾向がある。

 

・巴賞とペースと馬場が一緒なら上位好走馬を、ペースと馬場が全然違うことを察知出来れば巴賞で大敗した馬を選ぶのがセオリー。

 

 

<次走巻き返し警戒馬>

 

<京介>

・トーセンレーヴ ネオリアリズム

…両方とも道中の折り合いが微妙で、4コーナー直線と馬群を捌ききれず詰まってグダグダに。外国人騎手だからと過剰に人気しすぎもあるが、厳しくマークされていたし鞍上が乗れてなさ過ぎた。トーセンレーヴは理想馬体重に戻っている。札幌記念で実質格上げになっても期待したい1頭。

  

<菊池>

・ホッコーブレーヴ

…この距離で追走が遅いのは仕方なし。直線の伸び脚は上々で、オーナーの地元である札幌2600mオープンで復活する下地は整った模様。

 

~~~

 

<菊池> では、今回はここまでです。今週は中京記念&函館2歳Sを展望していきましょう。

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ